E.T.

いーてぃー|E.T. The Extra Terrestrial|E.T. The Extra Terrestrial

E.T.

amazon
レビューの数

120

平均評点

79.1(1099人)

観たひと

2151

観たいひと

68

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ファンタジー / SF
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1982/12/4
上映時間 115分
製作会社 ユニヴァーサル作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

宇宙人と地球の子供たちの交流を描くSFファンタジー。スティーブン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディが製作に当り、スティーブン・スピルバーグが監督。脚本は「マジック・ボーイ」のメリッサ・マシソン、撮影はアレン・ダヴュー、音楽はジョン・ウィリアムス、E・T創造はカルロ・ランバルディ、視覚効果はデニス・ミュレンの監修によりILMが担当。出演はディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ピーター・コヨーテ、ロバート・マクノートン、ドリュー・バリモアなど。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

アメリカ杉の森に、球形の宇宙船が着地し、なかから小さな宇宙人が数人出てきた。彼らは地球の植物を観察し、サンプルを採集する。1人だけ宇宙船から遠く離れた宇宙人が、崖の上から光の海を見て驚く。それは郊外の住宅地の灯だった。突然、物音がした。宇宙船の着陸を知った人間たちが、宇宙船に向かってきたのだ。宇宙船は危険を察知して離陸する。先ほどの宇宙人1人は、地上にとり残された。その頃、住宅地の1軒では、少年たちがカード遊びをしていた。10歳のエリオット(ヘンリー・卜ーマス)は、小さいという理由から、兄マイケル(ロバート・マクノートン)らの仲間にいれてもらえず、くさっていた。ピッツアの出前を受け取りに外へ出たエリオットは、物置小屋で音がしたことに気付いて、みんなを呼びよせた。しかし、中には誰もいなかった。深夜、エリオットはトウモロコシ畑で、宇宙人を目撃。翌日、夕食をたべながら、エリオットは宇宙人を見たことを話すが、誰も信じない。「パパなら…」というエリオットの言葉に、母のメリー(ディー・ウォーレス)は動揺する。パパは愛人とメキシコに行っているのだ。その夜もふけ、エリオットがポーチで見張っていると、宇宙人が彼の前に姿を現わす。エリオットは宇宙人を部屋に隠した。翌日、エリオットは仮病をつかって学校を休み、宇宙人とのコミニュケーションを試みた。そして帰宅した兄、妹ガーティ(ドリュー・バリモア)に紹介する。宇宙人は太陽系を遠く離れた星からやって来たことを、超能力でボールを宙に浮上させて説明した。次の朝、エリオットにマイケルの友達が、「怪物がいたか」と尋ね、宇宙人だと聞かされると、「ではエキストラ・テレストリアルだな」という。こうして宇宙人は以後、エキストラ・テレストリアルを略してE・Tを呼ぱれることになる。学校で授業をうけるエリオットと家にいるE・Tとの間に心が通いあい、E・Tが冷蔵庫からビールを取り出して飲むと、学校のエリオットも酔っぱらう。E・TがTVで「静かなる男」を見て、ジョン・ウェインとモーリン・オハラのキスシーンに見とれていると、学校でエリオットがかわいい女の子にキスをする。E・TはTVの「セサミストリート」を見ながら、英語を覚え、家に電話したいといい出す。E・Tはノコギリや傘を使って通信器を作る。ハロウィーンの夜、子供たちはE・Tに白い布をかぶせて森に連れ出し、E・Tは故郷の星に連絡をとる。翌朝、E・Tは瀕死の状態となり、エリオットが彼を家に運ぶ。E・Tを始めて見て、驚くメリー。突然、宇宙服を着た科学者たちが家にやって来た。NASAの科学者キース(ピーター・コヨーテ)がエリオットに「私も10歳の時からE・Tを待っていた」と話しかける。E・Tは死亡し、最後のお別れをエリオットがしていると、E・Tの胸が赤くなる。彼は死んでいなかったのだ。エリオットは兄妹、兄の友人グレッグ、スティーブ、タイラーの協力を得て、E・Tを森に運ぶ。後を必死に追う科学者の一団。森の空地に着地した宇宙船に乗り込むE・T。宇宙船が消えたあと、空に美しい虹がかかった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2018年12月下旬号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第2弾 1980年代外国映画ベスト・テン:ベスト20グラビア開設

2012年11月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「E.T.コレクターズ・エディション」

1983年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:外国映画作品賞 「E・T」

1982年12月下旬号

外国映画批評:E・T

外国映画紹介:E・T

1982年11月下旬号

グラビア:E・T

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:座談会 小谷正一×阿久悠×石森章太郎×田丸美寿々

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:作品評

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:作品研究

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:プロダクション・ノート

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:宇宙生物映画の歩み

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:スピルバーグ全作品研究

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:ロング・ストーリー

1982年8月下旬号

グラビア:E・T

特集 E・T:対談 双葉十三郎×石上三登志

特集 E・T:作品批評

特集 E・T:スピルバーグ インタビュー

特集 E・T:プロダクション・ノート

1982年8月上旬号

スペシャル・セレクション:E・T

試写室:E・T

1982/12/25

2022/10/04

85点

映画館/神奈川県 


この年の最大の話題作だったので、当時高校生だった自分も家族で観に行きました。まだシネコンが普及していなくてい1館1スクリーン(全自由席)の映画館が一般的で、どこも満席で鑑賞するのも一苦労だった覚えがあります。川崎の銀映会のどこかの館に観に行きました。まだ川崎チネチッタは無かった時代です

観て楽しいし感動もするSFファンタジーなので子供連れで観るのに適しているのかなと思いました。
内容的にはクライマックスで自転車に乗った子供たちが空を飛ぶシーンが印象的でしたが、何で飛べるの?・・とか不思議だったけど感動シーンだから深く考えなくてもイイのかなとか思ってました。死にかけていたETが何故突然元気になるの?・・とか。そもそも彼は地球に何しに来たの? 意味不明シーンが多々ありましたがファンタジックな雰囲気で騙されていた感じかな

2022/08/25

80点

選択しない 


小さな子供と観たい映画☆

初めて本作を観たのが18歳の時。
大ヒットした作品で、映画館まで足を運んだ。当時はファンタジーを受け入れる感受性があり、大変感動したものだ。
私が映画にハマり出したのはアメリカン・ニューシネマが終わりを告げ、「ロッキー」などのヒロイズムを感じさせる映画が復活し始めた頃。「ジョーズ」などのパニック映画も全盛であった。
SFなら、「エイリアン」「スターウォーズ」もシリーズ化されて面白かった。
「E.T.」もジャンル的にはSFに入るのでしょうが、メルヘン性の高い作品と訊かれると「E.T.」しか想い浮かびません。
それはどのジャンルでも同じである。

E.T.と少年エリオットの触れ合いの描写は正しくおとぎ話である。宇宙からやって来た、この未確認生物を守ろうとするエリオットの姿が可愛くて、スピルバーグが子供のために作った絵本のような映画である。

あの自転車が浮遊するシークエンスは、メディアの紹介で必ず出てくる名シーンです。
確かにストーリーや当時の特撮技術ではあらが見えるのは否定はしません。でも良い映画は必ず再評価されるものです。童心を思い出せる作品で、小さなお子様をお持ちの親御さんにも是非勧めたい作品の一つです。

本作の良いところはエリオットと兄妹がE.T.に命があることを認識してるところにあります。E.T.を通して、命の重さを知る生きた情緒教育に思えてならない。学校の授業でカエルの解剖をしようとする下りでは、カエルを逃がそうとした。子供に慈愛の心を教えるには最高のシーンだ。生物学的なテクニカルの部分は大人になってからも学ぶことが出来ます。しかし情緒は幼少期の体験が占める割合が多いので非常に興味深く見れました。

少年が手を切った時の傷を治すシークエンスもお気に入り、生命ある者は痛みを感じるものだ。枯れた花にも生命がある。これはE.T.が全知全能の救いの神なる存在だと暗喩してるようである。これ故に本作には癒やしの力を感じます。
E.T.が蘇生した時がハロウィンの夜と言うのも良い。元々は死者の霊が帰ってくる言い伝えの祭事だから。そのあたりの設定もしっかりしてるおとぎ話である。
それにしてもスピルバーグ監督はスゴいですね。どんなジャンルの映画を作り込める偉大な映画監督です。

2022/07/13

2022/07/13

100点

選択しない 


PURE

エリオットがETに物を教えてるシーンがグッときた。

、、、一生子供でいたかったけどもう違うってことっすね😔

2022/05/14

2022/05/15

76点

テレビ 


昔見た筈だがストーリーはすっかり忘れていた。「E.T. go home」の有名な台詞が実は「phone home」だったこと、人差し指を合わせる有名なシーンはポスターだけで映画の中には無いということ、などの新発見もあった。あの小さい女の子がドリュー・バリモアだということもすっかり忘れていた。

2022/05/14

2022/05/14

70点

テレビ/無料放送/フジテレビ 


摘出される心臓としてのET

水蒸気がさまざまに立ち上っている。それは霧状に画面を覆うこともある。したがって照明のライトはラインのように線状に見えることもあるし、直接に光源を見ようとするときそれは暈を伴っていることもある。夜空には三日月が遠景の焦点として浮かんでいる。
この生物の動きは鈍い。運動を否定したかのような体型をしており、眼球は大きく、その微妙な動きは、エリオット少年(ヘンリー・トーマス)のまどろみを誘っている。生物の動きが少年に同調し、色のついた小さな粒を共食する。数々のオモチャ、フィギュア、ぬいぐるみ、ペットなどもこの生物がゆっくりと動くことによって、どこか不気味に見え始める。エリオットの兄マイケル(ロバート・マクノートン)や妹ガーティ(ドリュー・バリモア)にもこの生物の仕草が伝染するかにみえ、また悲鳴とドタバタ劇によってコミュニケーションも図られる。彼女や彼らの目は見開き、口は広がり、野生化あるいは宇宙化していくようにも見える。マイケルのシャツにはインベーダーゲームの侵入者が模されている。この家族の、坂の上のやや大きめな家には、ブラインドの向こうから、あるいはステンドグラスの向こうから光が色々に差し込んでいる。やがて生物は指や目を通じて、この地球のもろもろとコミュニケーションを始めるようになる。この生物の言葉は不十分であるが、仕草や表情で何かを語りかけているかに見える。生物は年齢不詳でもある。皺だらけでもありながら、あどけなさもまだ残っているように感じられる。ガラス鉢の中には金魚が泳ぎ、透明容器の中にはカエルが解剖されてようとしている。ペットの犬はすぐにこのETと呼ばれ、自ら名乗る生物に慣れてしまう。それはETが同時にエリオットであるからなのかもしれない。ETが体内に宿す光には不思議な治癒力がある。ETの周囲では物が浮かぶ。
この町を高台から眺めたとき、街は瞬きながらもやや無機的な側面を現している。それはこの高台に直立する松林やその根元のシダ植物の有機的な物質性と対照されるものかもしれない。ハロウィンの夜、ゾンビに扮したエリオットとETはいよいよ飛躍する。自転車で空に浮かび、そのときETを捜索する人物たちの後ろ姿はどこかゾンビやロボットのように生命のない無機性から立ち上がった不気味として歩いているようにも見える。ETは川辺でアライグマとともにいて、倒れている。ETとエリオットはベッドで隣り合って倒れている。この生物たちの周りは半透明のビニールで覆われていて、隔離されている気分がある。ここに現れる人間たちも宇宙人であるかに見え、棺に入れられようとするETに対し、それをのぞきこむエリオットは、逆に閉じ込められるかのようなショットが冴えている。彼はその棺のガラス窓をのぞき、自分自身と向き合っている。
結局、5台の自転車に乗ったキッズたちはETとともに夢のように飛躍し、飛翔する。彼らは、この新興住宅地のさらに新しく立ち上がろうとする柱の骨組みが見えている住宅群を駆け回る。しかし、その新興住宅地の最も新しい部分は廃墟にも見えている。ハロウィンのカボチャのメタファーのような宇宙船がETを迎えにきたとき、怪しげな風が地上の彼女ら彼らに吹き付けている。ETの頭部は心臓型であり、血のように赤く点滅する胸部から、抜けでたかのようにその頭部は不気味に在り続ける。風がもたらす地球人たちの震えは、そうした不気味への同調でありながら、戦慄の際立った表現でもある。

2022/04/22

2022/04/26

95点

映画館 


何度も見ているはずなのに少年たちがふわっと浮く瞬間、信じられないほどのカタルシスとともに大粒の涙。ほんとうに夢のような作品。ドリュー・バリモアは過去最高の天才子役のひとり、可愛すぎる。40周年の特別上映、丸の内ピカデリーにて。