E.T.

いーてぃー|E.T. The Extra Terrestrial|E.T. The Extra Terrestrial

E.T.

amazon
レビューの数

111

平均評点

79.1(1057人)

観たひと

2096

観たいひと

69

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ファンタジー / SF
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1982/12/4
上映時間 115分
製作会社 ユニヴァーサル作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

宇宙人と地球の子供たちの交流を描くSFファンタジー。スティーブン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディが製作に当り、スティーブン・スピルバーグが監督。脚本は「マジック・ボーイ」のメリッサ・マシソン、撮影はアレン・ダヴュー、音楽はジョン・ウィリアムス、E・T創造はカルロ・ランバルディ、視覚効果はデニス・ミュレンの監修によりILMが担当。出演はディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ピーター・コヨーテ、ロバート・マクノートン、ドリュー・バリモアなど。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

アメリカ杉の森に、球形の宇宙船が着地し、なかから小さな宇宙人が数人出てきた。彼らは地球の植物を観察し、サンプルを採集する。1人だけ宇宙船から遠く離れた宇宙人が、崖の上から光の海を見て驚く。それは郊外の住宅地の灯だった。突然、物音がした。宇宙船の着陸を知った人間たちが、宇宙船に向かってきたのだ。宇宙船は危険を察知して離陸する。先ほどの宇宙人1人は、地上にとり残された。その頃、住宅地の1軒では、少年たちがカード遊びをしていた。10歳のエリオット(ヘンリー・卜ーマス)は、小さいという理由から、兄マイケル(ロバート・マクノートン)らの仲間にいれてもらえず、くさっていた。ピッツアの出前を受け取りに外へ出たエリオットは、物置小屋で音がしたことに気付いて、みんなを呼びよせた。しかし、中には誰もいなかった。深夜、エリオットはトウモロコシ畑で、宇宙人を目撃。翌日、夕食をたべながら、エリオットは宇宙人を見たことを話すが、誰も信じない。「パパなら…」というエリオットの言葉に、母のメリー(ディー・ウォーレス)は動揺する。パパは愛人とメキシコに行っているのだ。その夜もふけ、エリオットがポーチで見張っていると、宇宙人が彼の前に姿を現わす。エリオットは宇宙人を部屋に隠した。翌日、エリオットは仮病をつかって学校を休み、宇宙人とのコミニュケーションを試みた。そして帰宅した兄、妹ガーティ(ドリュー・バリモア)に紹介する。宇宙人は太陽系を遠く離れた星からやって来たことを、超能力でボールを宙に浮上させて説明した。次の朝、エリオットにマイケルの友達が、「怪物がいたか」と尋ね、宇宙人だと聞かされると、「ではエキストラ・テレストリアルだな」という。こうして宇宙人は以後、エキストラ・テレストリアルを略してE・Tを呼ぱれることになる。学校で授業をうけるエリオットと家にいるE・Tとの間に心が通いあい、E・Tが冷蔵庫からビールを取り出して飲むと、学校のエリオットも酔っぱらう。E・TがTVで「静かなる男」を見て、ジョン・ウェインとモーリン・オハラのキスシーンに見とれていると、学校でエリオットがかわいい女の子にキスをする。E・TはTVの「セサミストリート」を見ながら、英語を覚え、家に電話したいといい出す。E・Tはノコギリや傘を使って通信器を作る。ハロウィーンの夜、子供たちはE・Tに白い布をかぶせて森に連れ出し、E・Tは故郷の星に連絡をとる。翌朝、E・Tは瀕死の状態となり、エリオットが彼を家に運ぶ。E・Tを始めて見て、驚くメリー。突然、宇宙服を着た科学者たちが家にやって来た。NASAの科学者キース(ピーター・コヨーテ)がエリオットに「私も10歳の時からE・Tを待っていた」と話しかける。E・Tは死亡し、最後のお別れをエリオットがしていると、E・Tの胸が赤くなる。彼は死んでいなかったのだ。エリオットは兄妹、兄の友人グレッグ、スティーブ、タイラーの協力を得て、E・Tを森に運ぶ。後を必死に追う科学者の一団。森の空地に着地した宇宙船に乗り込むE・T。宇宙船が消えたあと、空に美しい虹がかかった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2018年12月下旬号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第2弾 1980年代外国映画ベスト・テン:ベスト20グラビア開設

2012年11月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「E.T.コレクターズ・エディション」

1983年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:外国映画作品賞 「E・T」

1982年12月下旬号

外国映画批評:E・T

外国映画紹介:E・T

1982年11月下旬号

グラビア:E・T

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:座談会 小谷正一×阿久悠×石森章太郎×田丸美寿々

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:作品評

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:作品研究

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:プロダクション・ノート

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:宇宙生物映画の歩み

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:スピルバーグ全作品研究

巻頭特集 E・T スティーブン・スピルバーグ監督作品:ロング・ストーリー

1982年8月下旬号

グラビア:E・T

特集 E・T:対談 双葉十三郎×石上三登志

特集 E・T:作品批評

特集 E・T:スピルバーグ インタビュー

特集 E・T:プロダクション・ノート

1982年8月上旬号

スペシャル・セレクション:E・T

試写室:E・T

2021/03/17

2021/03/18

80点

VOD/その他/レンタル/テレビ 
字幕


約40年の時を経て

ネタバレ

ずっと見てなかったものを観る。宇宙人が取り残されて、エリオットと友情築き、という映画だが、まず当時これを見たら映像とETの動きに衝撃受けたろう。宇宙人は調査対象と極論な大人との対比や、ETと遠隔で同化するエリオットなどなど、別な見所もある。

2021/02/27

2021/02/27

70点

VOD/NETFLIX/レンタル/スマホ 
吹替


結局E.T.は何しに地球に来たんだ?

宇宙人というのは長い間いろんな作品で怖い存在のように扱われてきた。しかし、そういったものばかりではないということをスピルバーグはこの作品で示してくれた。
たしかに見た目はグロテスクであるが、人間の言語を必死で覚えようとしたり、空を一緒に飛んでみたりして、周囲の反応とは裏腹に少年たちはE.T.との友情を深めていく。
この映画の印象は何と言ってもテーマ曲と月をバックに自転車で飛ぶシーンであろう。作品通してずっと同じBGMが使われているので、誰もが覚えてしまうことだろう。下手すればユニバーサル映画のテーマ曲のように流られている時すらあるから笑える。人差し指同士をくっつけるシーンは幼い頃流行った遊びだったことを今でも覚えている。

2021/02/16

2021/02/16

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


心優しき子供たち

2020/7/20BSプレミアム放送録画を視る。何度見ても名作。
あの月をバックの自転車が空を飛ぶ映像とジョン・ウイリアムズの名曲。
「宇宙人は友達」と言う宇宙人性善説に立った映画であり、地球に残されたE.T.を何とかウチに帰してあげようと努力する、兄妹や友達の優しさ。
「鬼滅の刃」も見るのはいいが、鬼=悪ととらえ血が飛び散る映画は如何なものか、子供の情操的には、本映画のような映画を見た方がいいと思う。

2021/02/11

2021/02/11

50点

選択しない 
字幕

正直ETが男の子と指を合わせるシーンとか、自転車で空飛ぶシーンとか、ETそれ自体が有名すぎて今までちゃんと見たことがなくても大体そういう有名シーンを知っているだけで生きてきた。内容も知ってるし大筋は掴めているので、これを観ても対して新しい情報もイメージも変化はなかったが、今時の映画と比べて全力感をより感じた。何なんだろう、どこで違うんだろうか。街全体の騒ぎになって、街の人全員が見に来て、報道陣も警察も全員総動員で、街全体で対応してる感が、本当は全然人数も少ないと思うが、伝わる。ETって売れる前提で作られたものなの?だからみんな名前売れようと必死に演技してるの?とすら思うぐらい。
最初はホームアローン並みに子供の言うことを信じないな大人?笑 ホームアローンが後かな

2020/12/07

2020/12/07

75点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 


逢うは別れのはじめ

置き去りにされた宇宙人と地球の子どもとの心のふれあいを描く。
大人の宇宙人は一人も出てこないし、科学者達の他愛もない論争なども一切無い。あくまでも純粋な子ども達との心の交流のみ
最後のBMXでのチェイスはなかなか迫力がある。子役達もうまかった。
後は何も言わなくても映画を見るだけで良い。

2020/12/05

2020/12/05

-点

選択しない 


中盤までは子どもたちとE.T.だけの世界で友情を育む様子をコミカルに見せて、E.T.に愛着が湧く。中盤以降、大人たちが現れてE.T.がまるでモノのように扱われる。それに従ってE.T.も衰弱するが、エリオットとの友情によって復活。最後は月に帰っていく。
妹のガーティーがベッドで読み聞かせてもらうピーターパンの世界のように、大人が忘れてしまった子どもたちだけが見れる純粋な世界のストーリーだった。