ディア・ハンター

でぃあはんたー|The Deer Hunter|----

ディア・ハンター

amazon
レビューの数

90

平均評点

81.6(622人)

観たひと

965

観たいひと

100

(C)1978 STUDIOCANAL FILMS LTD. All Rights Reserved.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1979/3/17
上映時間 184分
製作会社 EMI作品
配給 ユナイト映画
レイティング PG-12
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1960年代末期におけるアメリカの若者のベトナム戦争体験を通じ、男の友情と死を絡ませて描く。製作はバリー・スパイキングス、マイケル・ディーリー、マイケル・チミノとジョン・ペバロール、監督は「サンダーボルト(1974)」のマイケル・チミノ、脚本はデリク・ウォッシュバーン、原案はマイケル・チミノ、デリク・ウォッシュバーン、ルイス・ガーフィンクルとクイン・K・レデカー、撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はスタンリー・マイヤーズ、編集はピーター・ツィンナー、美術はロン・ホブスが各各担当。出演はロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・サベージ、ジョン・カザール、メリル・ストリープ、チャック・アスペグラン、ジョージ・ズンザ、ピエール・セグイ、ルタニア・アルダなど。2018年12月14日より4K デジタル修復版が公開(配給:KADOKAWA)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

1968年のペンシルベニア州クレアトン。マイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スチーブン(ジョン・サベページ)、スタン(J・カザール)、アクセル(チャック・アスペグラン)の5人は町の製鋼所に勤める親友グループで、休日には山で鹿狩りを楽しむ平凡な若者たちだった。ある土曜日、ベトナムに徴兵されるマイケル、ニック、スチーブンの歓送会と、スチーブンとアンジェラ(ルタニア・アルダ)の結婚式が町の教会で合同で行なわれた。祝福する人々の中には、アル中の父親を抱える身ながら、帰還後のニックと結婚の約束をしたグループのアイドル、リンダ(メリル・ストリープ)もいた。式の後、彼らはそろってアレゲニーの山へ鹿狩りに出た。1970年、北ベトナムでの戦況は酸鼻を極めていた。逃げまどう農民を虐殺するベトコンに対し、マイケルは狂ったように撃ちまくっていたが、偶然にも、その戦場でニックとスチーブンに再会した。しかし、北側の攻勢は激しく、3人は捕虜になってしまい、床下につながれる身となった。その小屋では、ロシアン・ルーレットというゲームが行なわれていた。それは、弾丸を一発だけ込めたリボルバーを捕虜が交互にこめかみに当てて撃ち合い、それにベトコンたちが金を賭けるというものだった。3人の番になり、スチーブンが発狂寸前になったため、マイケルは一瞬のスキを窮ってベトコン数人を撃ち倒して逃走。丸太にしがみついて濁流を下った。間もなく、友軍ヘリコプターが飛来したが、マイケルとスチーブンは力尽き、3人は離ればなれになった。l年後、サイゴンの軍人病院を退院したニックが別人のようになって町をさまよっていた。それから2年後、マイケルはクレアトンに生還し人々は温かく迎えたが、マイケルは昔の明るさを失っていた。その頃、スチーブンは脚を失って陸軍病院に入っており、彼の口からニックがベトナムで生きていることを知ったマイケルは、陥落寸前のサイゴンへ飛んだ。しかし、ニックは場末の工場の2階で、あのロシアン・ルーレットの射手になっており、意識は朦朧としていた。マイケルは彼の記憶を呼び醒そうと必死に呼びかけ、最後の手段として、ロシアン・ルーレットのテーブルに向かい合った。そして弾丸はニックの番で発射されるのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2018年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ディア・ハンター 4K デジタル修復版」

2018年7月下旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第1弾 1970年代外国映画ベスト・テン:ベスト19グラビア解説

2016年9月上旬号

●追悼 マイケル・チミノ 聖林を”動揺”させた男:聖なる狩りの週末「ディア・ハンター」

2011年4月下旬号

第二回 午前十時の映画祭:「ゴッドファーザー PARTII」「ディア・ハンター」

1979年5月上旬号

外国映画批評:ディア・ハンター

1979年4月上旬春の特別号

外国映画紹介:ディア・ハンター

1979年3月下旬号

グラビア:ディア・ハンター

特集 「ディア・ハンター」:1 60年代後半に青春を生きたものへの鎮魂歌

特集 「ディア・ハンター」:2 孤独なヒーローを描き続ける監督マイケル・チミノ

特集 「ディア・ハンター」:3 大衆の中で苦悩する超ヒーロー

特集 「ディア・ハンター」:分析採録

1979年3月上旬号

キネ旬試写室:ディア・ハンター

2019/11/18

82点

レンタル 
字幕


命を賭けたルーレット

ネタバレ

ベトナム兵による捕虜への虐待、ロシアンルーレットで賭けをして弄ぶシーンは衝撃的だった。
田舎の鉄工所で働くマイケル、ニック、スティーヴンの三人の若者がベトナム戦争を経験したことによりすっかり人が変わってしまう姿が生々しく描かれている。
前半スティーヴンとアンジェラの結婚式のシーンから鹿狩りのシーンまでに50分程費やしており、カットできる部分はかなりあったのではないかと思ったけれど、戦争前と戦争後の違いを印象づけるためには十分過ぎるぐらいの役割を果たしていたとは思う。
戦争中の三人が捕虜になってしまうシーンは、あまり今まで映画では観たことのない戦争の姿が描かれていてショッキングだったが、その経験を経てからの三人のそれぞれの歩む道が全く異なっていくのも戦争の怖さを感じさせられた。
マイケルが帰還した時に、家に飾られている歓迎の旗を見てそのままタクシーで通りすぎて行くシーンは印象的だった。
反戦的な内容の作品だが、生死を賭けた戦いを経験したものと、しなかったものとの間にはやはり大きな違いがあって、戦場を経験したものだけにしか見えない真理もあるのだと思った。
二度目の鹿狩りのシーンで絶好のシチュエーションで鹿を捉えたマイケルが撃つのをやめたのと、戦争に行かなかった仲間のスタンが口論となったアクセルに銃を向けた時に、すかさず銃を奪ってロシアンルーレットのように弾を一発だけ込めてスタンの眉間に突きつけた姿が心に残った。
もちろん戦争によって奪われた人生がほとんどで、スティーヴンだけでなく妻のアンジェラまでその影響を受けて生気がなくなってしまっていた。
そして、サイゴンに残り自分が虐待を受けた状況と全く同じ状況に自ら身を置いたニック。
後半の全く血の通っていない彼の表情にぞっとしたのと、マイケルとのロシアンルーレットのシーンはとても悲しかった。
結婚式で始まったこのドラマが、最後悲しい葬式で終わるのも印象的だった。
マイケル役のロバート・デ・ニーロは三人の中では一番ダメージの少ない役だが、戦争の後の静かに悲しみを溜めた目付きが印象的だったのと、ニック役のクリストファー・ウォーケンの変貌ぶりも凄かった。
スタンリー・マイヤーズのテーマ曲も耳に残った。

2019/01/07

2019/08/18

88点

映画館/大阪府/シネ・リーブル梅田 
字幕


ブーさん

ロシアンルーレットは恐ろしい

2019/08/03

2019/08/11

80点

映画館/東京都/早稲田松竹 
字幕


ロシアン・ルーレット!

劇場で観たのは公開当時以来なので、40年ぶり。ロシアン・ルーレットのシーンは、公開当時ひじょうにショッキングだった。ロシアン・ルーレットに魅入られた男たちの話だが、今回観て、青春群像劇だったとあらためて認識した。メリル・ストリープは、 映画出演2本目で初の大役という感じ。実に初々しかった。マイケル・チミノ監督の映画は長い。【アメリカ、時代が変わるとき~1978年生まれの映画たち~:併映「ラスト・ワルツ」】

2019/08/09

2019/08/09

91点

映画館/東京都/早稲田松竹 
字幕


凄い反戦映画

昔、テレビで観て、釘付けになった記憶あり
でも、深夜で途中から観たと思う
その経験のみで、観た、と思っており、長いのも相まって、ちゃんと観ずにここまできた

早めの夏休みで、たまたま早稲田松竹で公開していたから、行った
…よかった

反戦映画なんだけど、それだけではない
切ないラブシーン、楽しい結婚パーティー、昔のアメ車、緊迫したロシアンルーレット、戦場でのヘリ、野戦病院、山と鹿、お葬式…
全て生々しく、リアル
前半の仲間たちとのたわいも無い日常が、戦争によって、行った者も、そうで無い者も壊される

こんなすごい映画があるのに、まだ戦争を繰り返すアメリカって、なんなんだろう

君の瞳に恋してる、テーマ曲など音楽も良い

もっと若い時に、劇場で観たかった

2019/06/21

2019/06/21

75点

映画館/東京都/新文芸坐 
字幕


"時を経て再見"パターン。

初見はTV放送で、おそらく10代後半か20代前半に観たと思う。
今回は2度目(劇場では初)にして、47歳での鑑賞。初見から四半世紀は経っている。

他の方もほぼ同じでしょうが、"ロシアン・ルーレット"のシーンだけは鮮明に覚えていて、それ以外のシーンは後に映画雑誌の記事(文字情報と場面写真)で補完していた具合。

初見時には"戦争後遺症"というモノがあることを知らずに観ていたので、今回はそこを意識してみていて、「なるほど。」と納得しながら観ることが出来た。

ただ、"戦争後遺症モノ"の括りで言うなら、『ジャーヘッド』の方が自分としては、「戦場に魂を持っていかれた感」が共感しやすくて、好みです。

2019/06/18

2019/06/20

-点

映画館/東京都/新文芸坐 
字幕


律儀なフラグ回収。いろんなシーンで必要最低限+αの尺があるのが地味にすごくすき