チャップリンの独裁者

ちゃっぷりんのどくさいしゃ|The Great Dictator|The Great Dictator

チャップリンの独裁者

amazon
レビューの数

100

平均評点

81.9(535人)

観たひと

852

観たいひと

77

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
公開年月日 1960/10/22
上映時間 126分
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 東和
レイティング 一般映画
カラー モノクロ/スタンダード
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

チャールズ・チャップリンの3大名作の1つといわれる「偉大なる独裁者」(原題)がついに日本で公開される。1940年、ヒットラーのナチスがドイツで、ムッソリーニのファシストがイタリアで、それぞれ独裁をなしとげ、その黒い手を世界にのばし始めた頃、そのファシスト独裁者を痛烈に批判し、全世界の人々に自由のために闘うことを呼びかけようと作られたのが、この作品であった。またチャップリンが始めて完全なトーキーを使った作品であり、山高帽・ドタ靴・ステッキ・アヒル歩きのチャップリン・スタイルの最後の作品である。例によって、製作・脚本・台詞・監督・主演はチャップリン自身。撮影はカール・ストラッスとローランド・トセロー。音楽監督はメレディス・ウィルソン。出演はチャップリンがトメニアの独裁者ヒンケルとユダヤ人の床屋との2役に扮するが、バクテリアの独裁者ナパロニにジャック・オーキー、ユダヤ人の美少女ハンナにポーレット・ゴダードが扮しし、そのほか、レジナルド・ガーディナー、ヘンリー・ダニエル、ビリー・ギルバートらの出演。チャップリンの永年の共演者チェスター・コンクリも姿を見せる。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

1918年――第1次世界大戦の末期、トメニア軍陣地では1兵卒であるユダヤ人の床屋(チャーリー・チャップリン)が奮戦していた。しかし、敗色は濃く、前線では敗退がつづき、上層部ではひそかに平和交渉が始められていた。何も知らぬ将兵は勝利を信じて戦った。トメニア軍の空軍将校シュルツ(レジナルド・ガーディナー)は敵に包囲され、危ないところを床屋に救われた。傷ついたシュルツを助けて2人はトメニアに命からがら逃げかえったが、その時すでに戦争には負けていた。床屋は戦傷のためすべての記憶を失い病院に収容された。数年の年月が流れ、トメニアに政変が起こった。その結果ヒンケル(チャーリー・チャップリン)という独裁者が現われ、国民の熱狂的な歓迎を受けた。彼はアーリアン民族の世界制覇を夢み、他民族ことにユダヤ人の迫害を行った。ユダヤ人街のジャッケル(モーリス・モスコヴィッチ)の家族やハンナ(ポーレット・ゴダート)らは、不安な毎日を送っていた。床屋は政変のあったのも知らず、このユダヤ人街の自分の店に戻って来ていた。突撃隊の隊員はユダヤ人街に来ては乱暴した。ハンナはくやしがった。臆病者の床屋も彼女と協力して彼等に抵抗した。ある時、突撃隊に逮捕されかかった床屋を、通りかかった今は突撃隊指揮官になったシュルツが救った。おかげでユダヤ人街にも平和な日々が戻った。ヒンケルは自分の独裁政治をかくすため、国民の関心を外に向けようとオスタリッチ進駐を考え、軍資金をユダヤ人財閥に借款を申し入れたが拒絶された。ユダヤ人迫害が再開された。シュルツはヒンケルの政策の非を進言し、そのせいで失脚した。彼はジャッケルの家に隠れていたが、突撃隊に発見され床屋とともに逮捕された。床屋を慕うハンナは身の危険をさけるためジャッケル氏らとオスタリッチに逃げた。独裁者ナパロニ(ジャック・オーキー)指揮のバクテリア軍もオスタリッチに侵入した。ヒンケルはバクテリア軍を撤退させようと、ナパロニを招き、お互いにオスタリッチの主権を尊重する誓約書に署名させ、撤退に成功した。そのスキに自軍進駐の準備をした。床屋とシュルツは軍服を盗んで収容所を脱出した。国境で進駐準備の軍隊がヒンケルと間違え、進軍を開始した。その頃、ヒンケルは鴨狩中を床屋と間違えられ、警備兵に逮捕された。数万のヒンケル軍はオスタリッチに到着、床屋は演説をしなければならなくなった。壇上に立った床屋は狼狽したが、気持ちを落着けて話しはじめた。“独裁者の奴隷になるな!民主主義を守れ!”彼の声はしだいに熱をおび自由と平和を守ろうと叫んだ。それはオスタリッチのハンナたちにも語りかけているようだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2020年7月下旬号

読者の映画評:「グレート・ウォー」吉田伴内/「チャップリンの独裁者」原田隆司/「よこがお」関根和俊

2011年1月上旬号

午前十時の映画祭:「ライムライト」「チャップリンの独裁者」「フォロー・ミー」

1973年9月上旬号

グラビア:「チャップリンの独裁者」

特別対談 「チャップリンの独裁者」研究1:「チャップリンの独裁者」について語ろう! 淀川長治×斎藤耕一

分析研究:チャップリンの独裁者

特別対談 「チャップリンの独裁者」研究2:民衆的な政治人間としてのチャップリン

1960年12月下旬号

「チャップリンの独裁者」ヒットの要因:各界アンケート

1960年11月下旬号

外国映画批評:チャップリンの独裁者

1960年10月上旬秋の特別号

外国映画紹介:チャップリンの独裁者

シナリオ:チャップリンの独裁者

1960年9月下旬号

新作グラビア:チャップリンの独裁者

2022/12/02

2022/12/02

80点

購入/DVD 
字幕


「トーキーはパントマイムを破壊する。」としてサイレント映画を撮り続けていたチャップリン。ヒトラーの台頭でヨーロッパに暗雲が垂れ込めていることを危惧してできた映画。当初、平和が訪れて兵士が躍るというエンディングだったが、それに納得しないチャップリンが取り直したのがこの映画の最後を飾る渾身のメッセージ。誰もが平和が一番であることをわかっているはずなのにいまだに消えることのない戦火。この国でも近隣の国に対して防衛力の増強が声高に言われている。70年たって忘れてしまう平和の重み。「愛国者にはならない。愛国者が戦争を始めるから。」と言ったチャップリンの言葉が深い。

2022/11/14

2022/11/14

-点

映画館/東京都/角川シネマ有楽町 
字幕

『独裁者』。初公開時は「チャップリンの独裁者」。ヒンケル(チャールズ・チャップリン)の演説の聴衆、真ん中あたりは人形、手の動きが楽しい。ミニチュア飛行機のちゃちっぽいところがいい味出している。手前にミニチュア戦車、奥に兵隊がいるカットはスクリーン・プロセスか。へリングは鰊のこと。

2022/11/13

2022/11/14

80点

映画館/東京都/角川シネマ有楽町 


名人芸の危うさ

チャップリンでも屈指の名作なのかもしれないが、自分は今ひとつなんだな。

メッセージ性の強い映画であるんだが、結構長いドタバタシーンがあって、そこがうまく噛み合っていないように感じるのだな

人間の業をおかしく笑わせるのが名人芸というもの。

もっと短くまとめた方が好みだなきっと。

噺家が政治語ると終わりと思う。
座布団1枚もらえるけど、2枚はもらえない。

2022/11/03

2022/11/04

100点

映画館/東京都/角川シネマ有楽町 
字幕


永遠

ネタバレ

何度もこの映画は見てきたが、今回、角川のおかげでチャップリンを映画館で鑑賞できた。映画館でチャップリンを見るということの価値をあらためて実感させた。劇場は超満員で、昔の映画館だったら立ち見が出る勢いだ。そんな熱気の中で見るチャップリン映画の価値をリマスタリングされた映像で堪能することができた。

それにしてもこの映画はとてつもなく予算がかけられた映画だ。チャップリンも自らこの映画に出資している作品だが、もし当時この映画が公開されなかったら、チャップリンは破産した可能性があったらしい。それほどこの映画は当時危険な映画だった。ちなみに日本で公開されたのが20年後の1960年。終戦から15年も経ってからこの映画が公開された理由は、日本がアメリカとの対立を深め、三国同盟寄りだったことがその理由だと言われている。対してアメリカはまだ第二次世界大戦前ということもあって、世相からこの映画はかけ離れていたようだ。それでもこの映画はチャップリン作品で最も興行的に成果をあげた。

何度見直しても、ラストの演説には涙が出る。そして緊張する。ヒンケル(ヒトラー)に成り代わって演説する床屋は、政権から追い立てられたシュルツから「お前の演説が希望だ」と促され壇上に立つ。そして静かに演説を始める。兵士たちに向かって「君たちは機械じゃない。」と呼びかけたのは、彼が前作「モダンタイムス」で伝えたかったことをここに再びなぞっているからだ。

映画はこの勇気ある希望の演説を聞いたハンナ(ポーレット・ゴダード)が「聞いて」という彼女に希望の光が当てられて終わる。このエンディングも見事だ。

チャップリンの作品が永遠であることは、必ずしも家のテレビや動画で鑑賞することでは伝わらない。映画館で鑑賞してあらためて実感できた。

1986/10/05

2022/10/05

100点

テレビ/無料放送/NHK 
字幕


NHK世界名画劇場にて

初見は1986年のNHK世界名画劇場。

子どもの頃から時折テレビで放送されていたチャップリン作品には馴染みもあったが、この作品にはとにかく驚愕した。

子どもが観ても映画としても面白く、しかもあのラストの演説に釘付けとなり、観終わった後は、あまりの感動に言葉もなかった。

製作当時、チャップリンはホロコーストの存在を知らなかったという。

「それを知っていたら、とても作れなかった」と語っているのは有名な話だが、逆にそこからもチャップリンの先見の明、時代を見る鋭さを感じる。

「モダン・タイムス」で来るべき機械文明に人間が翻弄される未来を予見したチャップリンは、やがて現実に大量殺戮に突き進む独裁者の危険をはっきり感じ取り、自身のフィールドである映画の力で真っ向から挑んだ。

映画史上、現役の独裁者に対してここまで戦いを挑んだ映画人がいただろうか。

チャップリンが非米活動委員会に睨まれてアメリカを去った、いわゆる赤狩りの直接の犠牲になるきっかけとなったのは「殺人狂時代」だったと思う。

だが私は「殺人狂時代」で見せた戦争批判のメッセージは、結局は「独裁者」の延長にあると思っている。

そう考えるとチャップリンの映画人としての悲劇はやはり「独裁者」から始まったのかもしれない。

この作品は公開当時、批判の声もかなりあったという。私はそれもわからないではない。

これまでのチャップリンの、鋭い映像で見せた風刺の力とは打って変わった延々と続く演説の場面に、むしろ映像表現の衰えを感じた人もいたのかもしれない。

私自身、映画としての完成度は「巴里の女性」「黄金狂時代」「モダン・タイムス」には及ばないかもしれない、という気もしている。

だが繰り返すが、ここまで現実の独裁者に映画の力で戦いを挑み、いまだに語り継がれる作品を作った映画人は、これ以前にもこれ以降も例がないのではないか。

しかも考えてみてほしい。

相手は、かのアドルフ・ヒトラーである。

その後のチャップリンの映画人としての人生は、これまでの功績を考えると、とても不幸な人生になったと思う。

だが私はある意味で、チャップリンはヒトラーと刺し違えたのではないか、と思っている。

映画史上最大の巨人、チャールズ・チャップリンが刺し違えるほどの相手がアドルフ・ヒトラーとは。

決して相手に不足はないではないか。

未来永劫語り継がれるべき、映画史上の名作中の名作だと思う。

2022/09/18

2022/09/18

79点

その他/京都市図書館 


プーチンとゼレンスキー

1940年に作成した映画が、今も輝きを増している。ロシアとウクライナが戦争を継続して半年になるが、領地を巡りいつ講和するとも分からない状況である。
プーチンとゼレンスキーにこの映画を観て、話し合って欲しいとつくづく思う。