チャップリンの独裁者

ちゃっぷりんのどくさいしゃ|The Great Dictator|The Great Dictator

チャップリンの独裁者

amazon
レビューの数

76

平均評点

82.0(437人)

観たひと

740

観たいひと

82

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
公開年月日 1960/10/22
上映時間 126分
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 東和
レイティング 一般映画
カラー モノクロ/スタンダード
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

チャールズ・チャップリンの3大名作の1つといわれる「偉大なる独裁者」(原題)がついに日本で公開される。1940年、ヒットラーのナチスがドイツで、ムッソリーニのファシストがイタリアで、それぞれ独裁をなしとげ、その黒い手を世界にのばし始めた頃、そのファシスト独裁者を痛烈に批判し、全世界の人々に自由のためにたたかうことを呼びかけようとつくられたのが、この作品であった。またチャップリンが始めて完全なトーキーを使った作品であり、山高帽・ドタ靴・ステッキ・アヒル歩きのチャップリン・スタイルの最後の作品である。例によって、製作・脚本・台詞・監督・主演はチャップリン自身。撮影はカール・ストラッスとローランド・トセロー。音楽監督はメレディス・ウィルソン。出演はチャップリンがトメニアの独裁者ヒンケルとユダヤ人の床屋との2役にふんするが、バクテリアの独裁者ナパロニにジャック・オーキー、ユダヤ人の美少女ハンナにポーレット・ゴダードがふんし、そのほか、レジナルド・ガーディナー、ヘンリー・ダニエル、ビリー・ギルバートらの出演。チャップリンの永年の共演者チェスター・コンクリも姿を見せる。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

1918年――第1次世界大戦の末期、トメニア軍陣地では1兵卒であるユダヤ人の床屋(チャーリー・チャップリン)が奮戦していた。しかし、敗色は濃く、前線では敗退がつづき、上層部ではひそかに平和交渉が始められていた。何も知らぬ将兵は勝利を信じてた戦った。トメニア軍の空軍将校シュルツ(レジナルド・ガーディナー)は敵に包囲され、危ないところを床屋に救われた。傷ついたシュルツを助けて2人はトメニアに命からがら逃げかえったが、その時すでに戦争には負けていた。床屋は戦傷のためすべての記憶を失い病院に収容された。数年の年月が流れ、トメニアに政変が起こった。その結果ヒンケル(チャーリー・チャップリン)という独裁者が現われ、国民の熱狂的な歓迎を受けた。彼はアーリアン民族の世界制覇を夢み、他民族ことにユダヤ人の迫害を行った。ユダヤ人街のジャッケル(モーリス・モスコヴィッチ)の家族やハンナ(ポーレット・ゴダート)らは、不安な毎日を送っていた。床屋は政変のあったのも知らず、このユダヤ人街の自分の店に戻って来ていた。突撃隊の隊員はユダヤ人街に来ては乱暴した。ハンナはくやしがった。臆病者の床屋も彼女と協力して彼等に抵抗した。ある時、突撃隊に逮捕されかかった床屋を、通りかかった今は突撃隊指揮官になったシュルツが救った。おかげでユダヤ人街にも平和な日々が戻った。ヒンケルは自分の独裁政治をかくすため、国民の関心を外に向けようとオスタリッチ進駐を考え、軍資金をユダヤ人財閥に借款を申し入れたが拒絶された。ユダヤ人迫害が再開された。シュルツはヒンケルの政策の非を進言し、そのせいで失脚した。彼はジャッケルの家に隠れていたが、突撃隊に発見され床屋とともに逮捕された。床屋を慕うハンナは身の危険をさけるためジャッケル氏らとオスタリッチに逃げた。独裁者ナパロニ(ジャック・オーキー)指揮のバクテリア軍もオスタリッチに侵入した。ヒンケルはバクテリア軍を撤退させようと、ナパロニを招き、お互いにオスタリッチの主権を尊重する誓約書に署名させ、撤退に成功した。そのスキに自軍進駐の準備をした。床屋とシュルツは軍服を盗んで収容所を脱出した。国境で進駐準備の軍隊がヒンケルと間違え、進軍を開始した。その頃、ヒンケルは鴨狩中を床屋と間違えられ、警備兵に逮捕された。数万のヒンケル軍はオスタリッチに到着、床屋は演説をしなければならなくなった。壇上に立った床屋はロウバイしたが、気持ちを落着けて話しはじめた。“独裁者の奴隷になるな!民主主義を守れ!”彼の声はしだいに熱をおび自由と平和を守ろうと叫んだ。それはオスタリッチのハンナたちにも語りかけているようだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2020年7月下旬号

読者の映画評:「グレート・ウォー」吉田伴内/「チャップリンの独裁者」原田隆司/「よこがお」関根和俊

2011年1月上旬号

午前十時の映画祭:「ライムライト」「チャップリンの独裁者」「フォロー・ミー」

1973年9月上旬号

グラビア:「チャップリンの独裁者」

特別対談 「チャップリンの独裁者」研究1:「チャップリンの独裁者」について語ろう! 淀川長治×斎藤耕一

分析研究:チャップリンの独裁者

特別対談 「チャップリンの独裁者」研究2:民衆的な政治人間としてのチャップリン

1960年12月下旬号

「チャップリンの独裁者」ヒットの要因:各界アンケート

1960年11月下旬号

外国映画批評:チャップリンの独裁者

1960年10月上旬秋の特別号

外国映画紹介:チャップリンの独裁者

シナリオ:チャップリンの独裁者

1960年9月下旬号

新作グラビア:チャップリンの独裁者

2020/06/21

2020/06/21

100点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


これだけの覚悟を持って誰が映画を作っている?

チャールズ・チャップリンは並外れた批判精神の持ち主だと思う。時代背景を考えても、これだけメッセージ性露わな作品をリスクを顧みず製作した姿勢は尊敬に値する。

けれども、この偉大な映画で世界が変わったかと問われたら恐らく否だろう。今も世界は愚劣な権力者どもに蹂躙され続けている。その意味ではチャップリンと言えども現実社会の前ではピエロに過ぎなかったのかもしれない。だがチャップリンの映画人としての在り方は圧倒的に正しいと私は信じる。

映画的には地球儀とのパントマイムだろうが、個人的な白眉はラストの渾身の演説。mon pereさんが書かれている通りトランプ・プーチン両大統領や習近平国家主席に聴かせてやりたいと思う。多分、馬耳東風に終わるのだろうが。

2020/05/20

2020/06/13

88点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


怒涛のコメディと6分間の演説

ネタバレ

ユダヤ人弾圧をする独裁者ヒンケルと瓜二つのユダヤ人の理髪屋チャーリーの不思議な物語。
チャールズ・チャップリン初の完全トーキー映画であり、当時のナチスドイツのヒトラーを痛烈に風刺した作品である。

地球儀を空中に浮遊させながら踊るという有名なシーン。チャップリンの芸人としての才能と、映画作家としての才能が融合した稀有な場面である。

本作はユダヤ迫害を描くシリアスな物語なのだが、ギャグも満載でほとんどがお笑いの場面となる。
飛行機が逆さに飛行して、時計が頭上に浮いたり、水が上に落ちて行くなんていうシュールな笑いや、不発弾がチャーリーを狙って向きをぐるぐる変えたり、高射砲がぐるぐる旋回する等、動きだけで笑わせることに徹している。
ヒンケルとナパロニ(ムッソリーニのもじり)の食事を道具にした外交交渉など、抱腹絶倒のドタバタ劇だ。
本作は、コメディとしてもかなりよく出来ている。

そして、ラスト。
ヒンケルとチャーリーは出会うことなく二人の物語は並走してきたのだが、チャーリーがヒンケルと間違われて、ヒンケルとして演説をしなければならない立場になる。
緊張感漂う中で、チャーリーはおずおずと話し始める。
要約すれば、独裁者のためではなく、自身の良心のために戦え。となるのだが、この演説は凄い。
映画を通して伝えるべきメッセージを直に「言葉」で言っちゃったわけだから、反則技であり、映画監督としてはダメという人も多いだろう。

だが、完璧に練り上げられた演説は、戦争への異議を確かな説得力をもって観客に伝えることに成功した。
現代の政治家たちは、この演説を勉強すべきである。(この演説を解説しているサイトが沢山ある。英語の教材としても優れている文章であり、80年を経た現在でもまったく色褪せていないと称賛されている。)
これに比べたら、米国大統領の品の無さや日本の総理大臣の内容の無さが露呈する。

2020/05/28

2020/06/06

80点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


時代へのメッセージ

きっと、約30年ぶりに見ます。昔、テレビから録画したVHSコレクションの一つでありました。細かいところは忘れていますが、見ているとだんだん思い出してきます。特に、先の大戦の場面での、チャップリンの映画らしいコメディが面白い。そして、独裁者の日常を描く、地球の風船をもてあそぶ場面は、大変シニカルで、超一流の風刺と言えると思います。

時代は、ホロコーストが本格的に進行しようとする時代。これから起こることを考えると、それどころじゃないという感じもあります。危機感を持ちながらも、いまよりひどいことは回避されるという希望もまだあったのでしょう。オーストリア併合が1938年、ポーランド侵攻が1939年。この映画の公開が1940年ですから、大戦が勃発したばかりのころの製作という事になります。太平洋戦争はこの翌年ですね。まさしく破滅への前夜です。

ラストは、チャップリンからの世界への呼びかけです。普遍的な内容の演説ですので、この映画のあと、起こったことを考え、またこの映画を見るという事だと思います。チャップリンの映画としては、手放しで見れない思い内容を、軽妙なストーリーに包み込んだ、人類へのメッセージということでしょう。時々見返してみるべき映画です。

2020/06/05

2020/06/05

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


強欲が人間の魂を毒す。

 2時間の映画のラスト4分間は、独裁者に間違えられた理髪師が、居並ぶ兵士や市民に向かってする渾身の演説だ。カメラ目線のワンショットで語る理髪師の顔は、しだいに紅潮しチャップリン本人と見分けがつかなくなる。

 ナチスの侵略やユダヤ人迫害が始まっていた1940年に公開されたこの映画で、チャップリンは、戦争の無意味、民族差別の悲惨、独裁者の理不尽を笑いに包んで描きながら、ラストの演説シーンで、他者への思いやりをもって人間が自由に生きることの大切さを述べ切った。

 映画の前半には、逆さ吊りの水飲みやフライパン叩きをはじめ、チャップリンが自家薬籠中の物としたギャグが豊富に散りばめられている。それらはいつものように音楽的で、巧みな体の動きで表現され、間然する所がない。独裁者の本質を抉る後半のシーンでは、批評性が研ぎ澄まされる。地球儀の風船で踊る場面では孤独な権力者の恍惚を描き、独裁者同士の子供じみた意地の張り合いのシーンとともに胸を打つ。それは今も世界のどこかで演じられていると思えてならないからだ。

 「人々に働く機会を与え、若者には未来を、高齢者には安心を与える、真っ当な世界を創るために闘おう。憎しみや強欲や暴力を乗り越えよう」。
 その演説の一部を取り上げても、なんと普遍的で鋭い主張が込められているのだろうかと驚く。映画から60年後の911事件でも、その後のリーマンショックでも、そして新型コロナウイルス感染拡大で世界が未曽有の危機に瀕しているこの時にも、そのまま人類に反省を促し警告を与える内容となっている。

 私たちは、強欲で利己的で思いやりのない生き方しかできないのだろうか。二度の世界大戦を経てもなお、そのような生き方を加速しグローバル化してきた人類。人々から仕事の機会を奪い、人類の未来と安心を脅かした今回のコロナ・パンデミックの経験が、今度こそ、理髪師の言う「真っ当な新しい世界」のための闘いのスタートになると信じたい。

2020/05/28

2020/05/28

90点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


ヒットラーを風刺し、独裁者及び独裁政治への反発心と民主主義賛歌を表した作品。戦争さえも笑いで吹き飛ばす、チャップリンの数ある作品の中でも傑作の誉れ高い名作。ラストの演説に彼の強烈な意志が示されている。

2020/05/27

2020/05/28

90点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


「世界中が拍手した傑作中の傑作!」

チャップリンの作品で有名な作品のひとつ。
チャップリン作品は小さい時に何本か観た記憶があるが「モダンタイムス」の歯車シーンと「黄金狂時代」の靴を食べるシーンしか覚えていない。
たぶん初見。

ラストの演説のシーンが有名だがそこへいくまでの約二時間は極めてコメディ。
ユダヤ人虐待を描いてはいるがかろうじてコメディ。
ラストの壇上に上がるシーンまでコメディ。

演説をはじめた瞬間に衝撃が走る。
名ラストシーンである。

1940年にこの映画を撮ったということが本当に凄い。
ナチス自体がそこまで危険ではなかったのか?
そこまでナチスの危険が及ばない状況だったのか?

日本での初公開は1960年。
アメリカ公開から実に二十年後だったそうだ。