卒業(1967)

そつぎょう|The Graduate|The Graduate

卒業(1967)

amazon
レビューの数

84

平均評点

76.6(564人)

観たひと

916

観たいひと

61

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968/6/8
上映時間 106分
製作会社 M・ニコルズ/L・ターマン・プロ
配給 ユナイト
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。2019年6月7日より4Kデジタル修復版が公開(配給:KADOKAWA)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

学問でもスポーツでも、賞という賞を獲得して、ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)は大学を卒業したが、それがなんのためなのか、彼は疑問を感じ、将来に対する不安でいらだっていた。だが、そんなベンジャミンの心も知らず両親は盛大なパーティーを催した。口先だけのお世辞やへつらいにいたたまれず部屋に逃げこんだベンジャミンを、ロビンソン夫人(アン・バンクロフト)が追いかけてきた。彼女は、強引にベンジャミンを家まで送らせ、決して誘惑してはいないなどと口ではいいながら彼の前で裸になって、彼を挑発した。ちょうどそこへ、ロビンソン氏が帰ってきたので、その場は何事もなかったが、この誘惑はベンジャミンにとって強い刺激となり、数日後、彼は自分の方からデートを申し込んだ。こうして2人は、しばしばホテルで会うようになった。だが、この2人の関係は、ロビンソンの娘エレーヌ(キャサリン・ロス)が学校休みで戻ってから、大きくくずれていった。両親の勧めで、初めはいやいやながらエレーヌとつき合ったベンジャミンだが、その可憐さ、清純さに次第に本気で愛するようになった。娘の恋に嫉妬したロビンソン夫人は、ベンジャミンに娘とつき合ったら、自分との関係をバラすと脅迫した。しかし、この脅迫も、ベンジャミンをさらに激しい恋にかりたてるばかり。ついにロビンソン夫人は捨身の妨害に出て、ベンジャミンとの関係を明らかにした。ショックを受けたエレーヌは、学校へ戻った。そのエレーヌをベンジャミンは追った。だがそこは、ロビンソン夫妻が娘と結婚させようとしているカールという青年がいた。それでもベンジャミンは、エレーヌを追ったが、とうとうエレーヌとカールの結婚式が挙行されることになった。式は進み、クライマックスに達した時、ベンジャミンが飛び込んできた。両親や参列者を押しのけると、彼は花嫁を盗み出し、通りかかったバスに飛び乗った。バスは永遠なる結婚の幸福へと走り去った。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2019年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「卒業 4Kデジタル修復版」

2011年9月下旬特別号

第二回 午前十時の映画祭:「卒業」「真夜中のカーボーイ」

1968年5月下旬号

新作グラビア:卒業

外国映画紹介:卒業

2019/06/09

2019/06/09

91点

映画館/東京都/角川シネマ有楽町 
字幕


卒業はgraduate だった

卒業の本タイトルはGraduation だと思っていたが、、

何度かテレビで観た記憶はあるし、ラストシーンはあまりにも有名だけど、ちゃんと観たのはこれが初めて。

ロビンソン夫人、、、彼女が主役だよね?

2019/06/08

2019/06/09

78点

映画館/東京都/角川シネマ有楽町 
字幕


これは先に観た「小さな恋のメロディ」よりさらに若い中学生の頃に初めて観た作品で、社会人になってからも名画座で何度か観ているけど、こちらはサイモン&ガーファンクルの名曲が画面にマッチして理屈抜きの懐かしさ!

正直なところ今改めて観ると、後半急展開過ぎたり、エリート崩れの主人公ベンの生活力のなさやストーカー気質が目についたりもして、有名なあのラストのその後が思いやられたりもしたけど、キャサリン・ロスの可愛らしさ、アン・バンクロフトの手馴れた熟女ぶりなども記憶そのままで、なによりサイモン&ガーファンクルの名曲の数々を改めて聴くことができて、こちらも至福の時間だった。

2019/05/26

60点

選択しない 


ユダヤ人映画

キャスト、音楽、監督 すべてがユダヤ人の映画…アメリカが民族の坩堝なのを感じる映画…それ以外は何にも残らないほど退屈な映画。

2012/04/15

2019/05/09

95点

映画館 
字幕


アンビバレント

ネタバレ

自らの意志で掴み取った自由の喜びと、敷かれたレールから逸脱したゆえの不安。そんな楽観と悲観がそこはかとなく滲むアンビバレントなラストショットが素晴らしく、アンモラルな恋愛譚にさらなる奥行き与え、終幕の余韻をより滋味深いものにしていた。

満たされない日常の中でたゆたう主人公の虚ろな心情を、時にコミカルに、特にメランコリックに、時にセンチメンタルに紡ぎ出すM・ニコルズの洗練された語り口が光る秀逸の青春映画だった。画面に清新な存在感を発するD・ホフマン、K・ロスとともに、A・バンクロフトの爛熟した魅力際立つ好演が心に残る。

あと、”The Sounds of Silence”や”Mrs. Robinson”をはじめ、サイモン&ガーファンクルによる楽曲が素晴らしく、ドラマ展開に心地よいリズムを刻み、画面にシットリとしたリリシズムをもたらしていた。

2013/01/06

2019/02/26

-点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズ上大岡 
字幕


ことを起こした後の表情

午前十時の映画祭
既成の価値観への焦燥と反逆がニューシネマの定義ならば、その典型とされる本作も、今や時代を選ばず不変の恋愛劇として通用する。こうして時の流れは取捨選択を繰り返していくのだろうが、ラストでバスに乗り込んだ二人の表情が強張っていくのは何故だろう。1978年のリバイバル版のようにS&Gのナンバーに字幕をつけてほしかった。

2019/01/31

80点

選択しない 


十字架を閂に!!

1967年制作の「卒業」。言わずと知れた、アメリカンニューシネマ代表作の一つ。サイモン&ガーファンクルの名曲もあまりにも有名ですね。私なぞが今さら言うべきことはないのですが
ラストで、ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)が結婚式中のエレイン(キャサリン・ロス)を教会から連れ去るとき 閂代わりに十字架を扉に差し込んで追っ手を阻みましたね。あれ、凄いシーンだとつくづく思います。他ならぬ十字架を「道具」として、しかも乱暴かつ「インモラル」な行為の道具として、ちょうどいい物があったとばかり使う。「ピューリタンが造った国家」たることがアイデンティティでもあろう、敬虔なクリスチャンが多数いる国の映画で。(ニーチェ「神は死んだ」とも相通じるのかどうか?)

詮ない空想ですが、もしもあの教会がカトリックだったとしたらとフト思います。十字架に磔されたキリストが目に入って 少なくとも躊躇したのでは?と。まあ、プロテスタントたることがあのストーリーの「言われざる前提」なのでしょうけど。

「不倫の中でもとりわけインモラル」と言えそうな不倫、そもそも教会で結婚式中の花嫁を〜。という「卒業」のような映画があり得たのは 既成秩序への異議申し立ての嵐が世界で吹き荒れた60年代後半だからこそとも言えるのではないでしょうか。

ちなみに、同じくアメリカンニューシネマ代表作の一つ「俺たちに明日はない」(1967年)を観て私は映画好きになりました。