卒業(1967)

そつぎょう|The Graduate|The Graduate

卒業(1967)

amazon
レビューの数

111

平均評点

76.5(703人)

観たひと

1110

観たいひと

61

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968/6/8
上映時間 106分
製作会社 M・ニコルズ/L・ターマン・プロ
配給 ユナイト
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。2019年6月7日より4Kデジタル修復版が公開(配給:KADOKAWA)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

学問でもスポーツでも、賞という賞を獲得して、ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)は大学を卒業したが、それがなんのためなのか、彼は疑問を感じ、将来に対する不安でいらだっていた。だが、そんなベンジャミンの心も知らず両親は盛大なパーティーを催した。口先だけのお世辞やへつらいにいたたまれず部屋に逃げこんだベンジャミンを、ロビンソン夫人(アン・バンクロフト)が追いかけてきた。彼女は、強引にベンジャミンを家まで送らせ、決して誘惑してはいないなどと口ではいいながら彼の前で裸になって、彼を挑発した。ちょうどそこへ、ロビンソン氏が帰ってきたので、その場は何事もなかったが、この誘惑はベンジャミンにとって強い刺激となり、数日後、彼は自分の方からデートを申し込んだ。こうして2人は、しばしばホテルで会うようになった。だが、この2人の関係は、ロビンソンの娘エレーヌ(キャサリン・ロス)が学校休みで戻ってから、大きくくずれていった。両親の勧めで、初めはいやいやながらエレーヌとつき合ったベンジャミンだが、その可憐さ、清純さに次第に本気で愛するようになった。娘の恋に嫉妬したロビンソン夫人は、ベンジャミンに娘とつき合ったら、自分との関係をバラすと脅迫した。しかし、この脅迫も、ベンジャミンをさらに激しい恋にかりたてるばかり。ついにロビンソン夫人は捨身の妨害に出て、ベンジャミンとの関係を明らかにした。ショックを受けたエレーヌは、学校へ戻った。そのエレーヌをベンジャミンは追った。だがそこは、ロビンソン夫妻が娘と結婚させようとしているカールという青年がいた。それでもベンジャミンは、エレーヌを追ったが、とうとうエレーヌとカールの結婚式が挙行されることになった。式は進み、クライマックスに達した時、ベンジャミンが飛び込んできた。両親や参列者を押しのけると、彼は花嫁を盗み出し、通りかかったバスに飛び乗った。バスは永遠なる結婚の幸福へと走り去った。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2019年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「卒業 4Kデジタル修復版」

2011年9月下旬特別号

第二回 午前十時の映画祭:「卒業」「真夜中のカーボーイ」

1968年5月下旬号

新作グラビア:卒業

外国映画紹介:卒業

2022/05/09

2022/05/09

53点

選択しない 
字幕


自己憐憫パーティー

衝動と我執のみで人生をドライブする愚か者達が踊る姿を見せられているだけだが面白い。

2022/01/27

2022/01/27

76点

テレビ/有料放送/ザ・シネマ 


ただ気持ち悪い話だと思っていた

あれから30年経ち私も親の歳になった。
そうなるとわかってくることもある。
それにつけても有名なラストシーンだけもてはやす女子どもは
内容知らんのだろうな、と思う。

2021/05/25

2021/05/26

40点

VOD/U-NEXT 
字幕-吹替


「行く道は、未知の世界 だがもうこわくない 嵐の中を走る二人 希望に燃えて、愛に燃えて 青春を謳い上げた 最高傑作!」

有名な作品だが初見。
サイモン&ガーファンクルの曲とラストシーンは観てなくても知っている。

期待してたのだが金持ちワガママ空気読めないボンボンの童貞喪失ストーカー物語。
まぁ二十歳そこそこの童貞卒業したばっかだとイキるのも仕方ないかもしれない。
しかしピロートークで根掘り葉掘り失礼なことを聞きまくるのは流石にヤバくないか?
そして親の金を使ってホテル泊まりまくり、車爆走、アパート借りてストーカーって。
全然感情移入できないし、こいつら絶対別れるわ!としか思えなかった。

そういった若さを楽しむ映画なんだろうけどここまでヒドいやつは無理w
名曲でごまかしてるけどクズの話。
とりあえず自分で金を稼げ。

2021/03/11

2021/03/11

36点

購入/DVD 
字幕


有名なシーンへ至る筋道。

ネタバレ

 3月らしいタイトルの映画を見ようと「卒業」を思いつく。
 米国の卒業は3月じゃないかもしれないがそれはそれ。
 思えば、有名なラストシーンは知っているけれど本編をちゃんと見たことがなかった。
 中学生のころ「花嫁を奪われた男の人が可哀そうだよね」なんて話した記憶はあるが、本当にかわいそうなのか検証も兼ねる。
 
 ・・・なんじゃこりゃ。
 大学を卒業して実家に帰って、将来について悩みつつ成り行きで、そしてさらに成り行きで・・・。
 そんな成り行きで・・・(ヤリ損ねた)女性を追いかけ追い回し、例のシーン。
 こんなスカスカな映画だったんだ。
 時代が違うという部分も大きいんだろうけど、今なら普通にストーカー。
 犯罪者レベルのストーカー。
 
 何年も付き合って結婚にこぎつけた残された人は、やっぱり可哀そうな人だったのね。
 花嫁素通りして奥さんの手を取ったら、今風の名作になったのかもしれないわね。

2021/02/19

2021/02/19

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 


ストーカーじゃ…

あの、エンディングのシーンの印象ゆえか、美しいラブロマンスと思っていたが、とんでもない、これはストーカーの物語でしょう。
ロマンスよりもエレーンの母親、Mrs.ロビンソン役のアン・バンクロフトの演技こそ見所。
そして、音楽の素晴らしさは言うまでもない。

2021/01/30

2021/01/31

100点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


生涯ベスト1

高校生の時に渋谷の東急名画座で初めて観た時の衝撃とも言えるショックはどう表現していいか分からないが、自分の映画人生を決めた一作。この映画を観ていなかったら、その後、本格的に映画を観ようとは思わなかったであろう。
M・ニコルズ、D・ホフマン、キャサリン・ロスに感謝。