スティング

すてぃんぐ|The Sting|The Sting

スティング

amazon
レビューの数

139

平均評点

84.9(1131人)

観たひと

1700

観たいひと

174

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル コメディ / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974/6/15
上映時間 129分
製作会社 ビル/フィリップス・プロ作品
配給 ユニヴァーサル映画=CIC
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1930年代の暗黒街のメッカ、シカゴでは血を血で洗うギャング戦争が日常茶飯事のごとく起こっていたが、一方その道のエリートと自認する連中のあいだでは、血なまぐさい暴力沙汰を軽蔑し、頭脳で相手を出し抜くことを粋とする風潮があった。これは、そのコンマンと呼ばれる詐欺師の物語。製作総指揮はリチャード・D・ザナックとデイヴィッド・ブラウン、製作はトニー・ビル、マイケル・フィリップスとその妻ジュリア・フィリップス、監督はジョージ・ロイ・ヒル、脚本はデイヴィッド・ウォード、撮影はロバート・サーティース、美術はヘンリー・バムステッドとジェームス・ペイン、編曲はマーヴィン・ハムリッシュ、ピアノ演奏はスコット・ジョプリン、編集はウィリアム・レイノルズが各々担当。出演はポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・シヨウ、チャールズ・ダーニング、レイ・ウォルストン、アイリーン・ブレナン、ハロルド・グールド、ジョン・ヘファーナン、ダナ・エルカー、ジャック・キホーなど。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

<下ごしらえ> 1936年。シカゴに近いジョリエットの下町で道路師と呼ばれる詐欺師3人が通りがかりの男から金を奪った。これがこの物語の事件の発端である。数日後、主謀者のルーサーが死体となって見つかった。仕掛けた男はニューヨークの大親分ロネガンの手下で、賭博の上がりをシカゴに届ける途中、3人組に金を奪われた男だった。大組織に手を出した当然のむくいとしてルーサーは消されたのだが、組織の手は一味の1人フッカー(ロバート・レッドフォード)にものびていた。ルーサーの復讐を誓ってフッカーはシカゴのゴンドルフを訪ねた。だが頼みとするドンドルフは、ギャング同志の争いでFBIから追われ、今では売春宿に幸うじて身を隠している有り様だった。しかし、親友の死を知ったゴンドルフ(ポール・ニューマン)は、相手がロネガン(ロバート・ショウ)と聞き目を輝かせた。 <シナリオ> その日から2人は、ロネガンの身辺を洗い、彼がポーカーと競馬に眼がないこと、近くシカゴを訪れることなどを調べ上げた。ゴンドルフは急ぎ昔の仲間を集め、シカゴの下町にインチキノミ屋を構えた。 <ひっかけ> シカゴに向かう列車の車中で、ロネガンはいつもポーカー賭博をやると聞いたゴンドルフは、その仲間入りをし、いかさまでロネガンを大きくへこませた。しかも、ロネガンのサイフはゴンドルフの情婦にスリ取られていたために負け金を払うことも出来ない始末だった。 <吊り店> 翌日、ロネガンの宿にゴンドルフの勝金を取りにきたフッカーは、ゴンドルフのポーカーがイカサマであることを告げ、頭にきたロネガンに負け金の何十倍も稼げる話を持ち込んだ。それによると、ゴンドルフの経営するノミ屋に電送されてくる競馬の中継は、電報局の局長を組んで2分程遅らせて放送しているので、実際にはすでにゴールしている馬券を買えるから、ゴンドルフを破産させるのは訳がないをいうのだ。その代償として、ゴンドルフの縄張りを自分にくれというのがフッカーの条件だった。 <しめ出し> だが、彼らの活発な動きはFBIの目にとまり始めていた。フッカーを追うスナイダー(チャールズ・ダーニング)という悪徳警官もうろついている。ロネガンはフッカーの持ち込んだ話が信用できるのかどうか、あらゆる手を打ってフッカーをためしていた。そしてついに、50万ドルの大金を注ぎ込むことにしたロネガンは、自らノミ屋に出向いた。 <最後にぐっさり> ロネガンが50万ドル注ぎ込んだレースが始まった瞬間、ノミ屋にFBIが踏み込んできた。ゴンドルフは自分を裏切ったフッカーを射殺し、そして自らもFBIの銃弾に倒れた。店内は蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、ロネガンはFBIに連行された。だがこれは、FBIまでふくめたすべてがゴンドルフの書いた筋書きだったのだ。こうしてゴンドルフとフッカーは見事ロネガンを再起不能な状態に陥れた。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2010年11月下旬号

午前十時の映画祭:「スティング」「明日に向って撃て!」

1975年2月下旬決算特別号

特別グラビア 外国映画ベスト・テン:フェリーニのアマルコルド/叫びとささやき/映画に愛をこめて アメリカの夜/スティング/ペーパー・ムーン/ブルジョワジーの秘かな愉しみ/ジーザス・クライスト・スーパースター/黒い砂漠/デリンジャー/エクソシスト

特別グラビア 読者のベスト・テン 外国映画:スティング/ペーパー・ムーン/映画に愛をこめて アメリカの夜/エクソシスト/叫びとささやき/フェリーニのアマルコルド/パピヨン/ジーザス・クライスト・スーパースター/燃えよドラゴン

1974年7月下旬号

外国映画紹介:スティング

1974年5月上旬号

グラビア:ジョージ・ロイ・ヒル監督 「スティング」

「スティング」アメリカ映画のひさびさの面白さの世界:

シナリオ:スティング

1974年4月下旬号

キネ旬試写室:スティング

1974年3月上旬号

グラビア:ショージ・ロイ・ヒル監督 「スティング」

2022/05/22

2022/05/22

75点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


4K視聴。存分に愉しんだ。

オープニングのタイトル、水彩画っぽい絵に味がある。
コンメディア・デラルテ風仮面が2つ描かれ、撮影風景も登場する。タイトルでコレはお芝居ですよと明かしている。
シカゴに舞台が移るとこも、遠景はまんま絵なのだ。これもお芝居感を強調してる。
ちょっと残念なのは主役2人がカッコ良すぎること。ポール・ニューマンの登場はベッドと壁の隙間に挟まって顔をひん曲げて情け無い姿を晒す。頭髪も薄くなりかけてる。だがそれでもカッコいいのだ。本来ならもっとしょぼくれてるはずでは?さらにいけないのは、ロバート・レッドフォード。
もっとチンピラ風青臭さが必要なのに貫禄がありすぎる。
贅沢な文句だけどね。
なので主役2人よりもワキを固める人たちに惚れ惚れしちゃう。
まずはヒールとしてのロバート・ショー。絶品!その子分の潰れた鼻チャールズ・ディーアコップも印象的。ほとんど喋らないのに。
レイ・ウォルストンの競馬中継も楽しい。《天国と地獄》の沢村いき雄の江ノ電シークエンスを思い出した。
ハロルド・グールドが電信会社重役に化けるシークエンスで家族写真の妻役にキャスリーン・フリーマンがいるのも芸が細かい。ハリウッドの役者の層の厚さか。
総じてみんなで楽しんでゲームをやってる感が一番いいのかな。それが伝わってきました。

2022/02/17

2022/02/27

85点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


コンフィデンスマン

大仕掛けでだまされたと分からないように詐欺を仕掛ける点が、3作目が公開中の長澤まさみ主演のコンフィデンスマンJPにつながっていく元となる世界的な傑作。JPよりも仕掛けに無理がなくずっと鮮麗されている。

2022/02/09

2022/02/09

75点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


ポールニューマンがカッコいいんだ

時代を1930年代のアナログな時代にしたのが、この脚本のうまさだよね。
ポールニューマンがはまってるし、悪役のロバートショウや悪徳警官の役者さんもよかった。
いい映画は余分な台詞が必要ない事を証明するかのような見本。

2022/02/04

2022/02/05

91点

VOD/U-NEXT 
字幕


古き良き映画

ネタバレ

1936年のシカゴを舞台にした詐欺師のお話。

[あらすじ]
詐欺で生計を立てていたフッカーは師匠のルーサーとともにいつもの通り詐欺を働く。
ある日、詐欺で大金を手に入れるが、それはニューヨークの大ギャング、ロネガンへのアガリだった。
報復としてルーサーは殺され、フッカーは殺されたルーサーの仇を討つためルーサーの友人であり、伝説の詐欺師ヘンリーを訪ねる。
フッカーとヘンリーはロネガンをはめるため一世一代の大ばくちを仕掛ける。


21世紀である2022年に初めてこの映画を見たが面白かった。
古き良き映画、と言っていいかはわからないがオシャレで軽快、それでいてコメディ要素もあり、最後にはどんでん返しもある良い映画だった。

今見るからこそなのか、街並みから服装にいたるまで画面内のすべてが新鮮に見え、セピア色の写真を見たときのノスタルジーと同時に軽妙洒脱な世界を感じられた。
音楽においても、もちろん聞いたことのある名曲でありつつ映画にマッチしており、オシャレで軽快、そしてコメディ感もある素晴らしい仕上がり。

サリノが殺されるシーンは若干ご都合主義感というか、「え?プロの殺し屋なのにそんなあっさり死ぬの?」といった感じがあったり、「一夜で3,000ドルをスルなんて!」みたいなセリフがあってそれが今でいうとどれぐらいの大金なのかわからなかったり、といった面もあるがそういったものも込みで当時の風を感じることができてよかった。

1990年代

2022/01/09

95点

購入 
字幕


音楽・内容ともに大好き

何度見ても、没頭して騙されてしまう笑

2022/01/04

2022/01/04

90点

その他/友人から貰ったDVD 
字幕


脚本の妙

 ただただ、素晴らしいの一言。

 何回も観ていると、ロレッタ・サリーノ(ディミトラ・アーリス)の殺し屋のエピソードが、ちょっと安易だけれど、最初観た時は、それも良かった。

 本当によく出来ている脚本。ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンの大スター、演出、どんでん返し、美術、皆で成し遂げること、スタッフ皆で作り上げた映画。

 何回観てもいい映画だろう。