地獄の黙示録

じごくのもくしろく|Apocalypse Now|Apocalypse Now

地獄の黙示録

amazon
レビューの数

44

平均評点

78.7(330人)

観たひと

681

観たいひと

52

(C)1979 Omni Zoetrope. All Rights Reserved.

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980/2/16
上映時間 153分
製作会社 アメリカン・ゾエトリベ・プロ作品
配給 日本ヘラルド
レイティング 一般映画
カラー カラー
アスペクト比 70mmワイド(1.2.20)
上映フォーマット 70mm
メディアタイプ フィルム
音声 6chステレオ

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1960年代のベトナム戦争下のジャングルを舞台に1人のアメリカ軍将校暗殺を命じられた大尉が4人の部下と共に目撃する戦争の狂気を描く。製作・監督は「ゴッドファーザーPARTII」のフランシス・フォード・コッポラ、脚本はジョン・ミリアスとフランシス・フォード・コッポラ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はカーマイン・コッポラとフランシス・フォード・コッポラ、音響はウォルター・マーチ、編集はリチャード・マークス、ウォルター・マーチ、ジェリー・グリーンバーグ、リサ・フラックマン、製作デザインはディーン・タヴォラリス、衣裳はデニス・M・フィル、ジョージ・リトル、ラスター・ベイレス、ノーマン・バーザが各々担当。出演はマーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、フレデリック・フォレスト、アルバート・ホール、サム・ボトムス、ローレンス・フィッシュバーン、デニス・ホッパー、G・D・スプラドリン、ハリソン・フォード、ジェリー・ザイスマー、スコット・グレン、ボー・バイヤーズ、ジェームズ・キーン、ケリー・ロッサル、ロン・マックイーンなど。日本語版監修は戸田奈津子。イーストマンカラー、パナビジョン。1979年作品。劇場初公開は1980年2月16日(配給:日本ヘラルド)。2016年4月16日よりデジタル・リマスター版を上映(配給:boid)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

狂うような暑さのサイゴンの夏。ブラインドの降りたホテルの一室で、ウィラード大尉(マーティン・シーン)は空ろな視線を天井に向けていた。505大隊、173空挺隊所属、特殊行動班員である彼に、それからまもなく、ナ・トランの情報指令本部への出頭命令が下った。本部では3人の男が彼を待ちうけており、そのうちの1人がウィラードに、今回の出頭目的を説明した。それは第5特殊部隊の作戦将校であるウォルター・E・カーツ(マーロン・ブランド)を殺せという命令だった。カーツはウェストポイント士官学校を主席で卒業し、空挺隊員として朝鮮戦争に参加、数々の叙勲歴を持つ軍部最高の人物であったが現地人部隊を組織するという目的でナン川上流の奥地に潜入してからは、彼の行動が軍では統制できない異常な方向へと進んでいった。情報によると彼はジャングルの奥地で原地人を支配し、軍とはまったく連絡を絶ち、自らの王国を築いている、というのだ。そのアメリカ軍の恥である錯乱者カーツを暗殺しなければならない、というのが軍の考えだった。この密命を受けた若い兵士ウィラードは、4人の部下、クリーン(ローレンス・フィッシュバーン)、ランス(サム・ボトムス)、シェフ(フレデリック・ホレスト)、チーフ(アルバート・ホール)を連れ、巡回艇PBRに乗り込んだ。まず、ウィラードは、危険区域通過の護衛を依頼すべく、空軍騎兵隊第一中隊にキルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)を訪ねた。ナパーム弾の匂いの中で目覚めることに歓びさえ感じているキルゴアは、花形サーファーであるランスを見ると彼にサーフィンを強要した。ワーグナーの“ワルキューレの騎行”が鳴り響く中、キルゴアの号令で数千発のナパーム弾がベトコン村を襲った。キルゴアのもとを発った彼らは、カーツの王国へとPBRを進めた。河岸に上陸するたびにウィラードに手渡される現地部隊からの機密書には、カーツの詳細な履歴と全行動が記されており、読めば読む程ウィラードには、軍から聞いたのとは別の人物であるカーツが浮び上ってきていた。王国に近づいたころ、クリーンが死に、チーフも死んだ。そして、王国についた時、ウィラードはそこで、アメリカ人のカメラマン(デニス・ホッパー)に会い、彼から王国で、“神”と呼ばれているカーツの真の姿を聞かされる。カーツは狂人なのだろうか。それとも偉大な指導者なのだろうか。ウィラードにもわからなかった。そして遂にカーツとの対面の日がきた。テープレコーダーや本に囲まれたカーツの元にやってきたウィラードは、軍の命令に従い、“神”と呼ばれる人間カーツを殺すのだった。(日本ヘラルド映画配給*2時間33分)

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2016年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「地獄の黙示録 劇場公開版〈デジタル・リマスター〉」

傑作は何度でも再来(リヴァイヴァル)する:地獄の黙示録 インタビュー 矢作俊彦 1980年、ふたつの“戦争” 「地獄の黙示録」『気分はもう戦争』

2011年9月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「地獄の黙示録」

1980年4月下旬号

外国映画批評:地獄の黙示録

1980年3月下旬号

〈現代〉と〈映画〉論考:第12回 「ディア・ハンター」と「地獄の黙示録」(下)

外国映画紹介:地獄の黙示録

1980年3月上旬号

〈現代〉と〈映画〉論考:第11回 「ディア・ハンター」と「地獄の黙示録」

1980年1月下旬号

特別カラー・グラビア:地獄の黙示録

グラビア:地獄の黙示録

巻頭大特集 「地獄の黙示録」:特集1 自説12人-話題作をめぐって

巻頭大特集 「地獄の黙示録」:特集2 そこに、ベトナムの戦場があった

巻頭大特集 「地獄の黙示録」:特集3 海外特別寄稿「地獄の黙示録」論-父性超克の寓話

巻頭大特集 「地獄の黙示録」:特集4 賛否両論の渦の中に投げこまれた話題作

巻頭大特集 「地獄の黙示録」:完成台本

1979年12月下旬号

「地獄の黙示録」リレー特集:第5回 アメリカの闇の奥

1979年12月上旬号

「地獄の黙示録」リレー特集4:「地獄の黙示録」の問題点

1979年11月下旬号 創刊60周年記念特別号

「地獄の黙示録」リレー特集3:「地獄の黙示録」を観て

1979年11月上旬号

「地獄の黙示録」リレー特集:戦争の爆音と狂気

「地獄の黙示録」リレー特集:荒涼とした哲学

「地獄の黙示録」リレー特集:偉大なる啓示

1979年10月下旬号

特別カラーグラビア:地獄の黙示録

グラビア:地獄の黙示録

「地獄の黙示録」特集:1 この映画はベトナムそのものだ

「地獄の黙示録」特集:2 アメリカで見た「地獄の黙示録」

「地獄の黙示録」特集:3 「地獄の黙示録」について

「地獄の黙示録」特集:4 〈ヴェトナム〉を突き抜ける狂気の文明論

1977年8月上旬号

〈ルポ特集〉日本とアメリカを直撃する4本の映画:2 「地獄の黙示録」のためのコッポラの戦い PART2・後篇

1977年1月下旬正月特別号

「地獄の黙示録」におけるコッポラの戦い:第2回

1976年10月上旬秋の特集号

特別カラー・グラビア:「地獄の黙示録」

グラビア:「地獄の黙示録」第一報

「地獄の黙示録」のためのコッポラの戦い:

2001/06/11

2016/10/05

50点

テレビ/有料放送/ムービープラス 
字幕


難しいかな?

 この作品も15年前に鑑賞しました。1回鑑賞しただけではあまりよくわからないかも、と思ったことを覚えています。長かったからかな?とにかく豪華メンバーな作品ですね。それに有名な作品だし。もう一度見た方がいいかもしれない作品です。

2016/09/25

2016/09/27

80点

その他/金沢都ホテルセミナーホール 
字幕


「カナザワ映画祭2016」で爆音上映
ちゃんと最初から最後まで観たのは初めてだろうか。ナパーム弾の爆撃とドアーズ「ジ・エンド」、ヘリコプター急襲シーンでのワーグナー「ワルキューレの騎行」など音楽と爆発音がとんでもない迫力だった。

2016/09/16

2016/09/17

78点

選択しない 


黙示録ってなんだろう?

アポカリプスって、もっと何だろう??

しかしアメリカだな〜〜!・・・っていうテイスト。
雑で、うるさくて、何かにつけてデカいという。

自分として残念なのは
とにかく聖書や宗教などの知識がないということ。
外国の名作といわれる映画を
いつかは身にしみるように愉しみたい。

2016/09/16

2016/09/16

70点

映画館/東京都/立川 CINEMA CITY/TWO 
字幕

戦争と宗教。
さすが爆音上映、2Dなのに振動がものすごくて揺れだけは4DXだった。特にナパーム弾をぶち込むシーンの振動には驚いた。気のせいか臭いもした(気のせい)。
戦争のシーンは映画とは思えないほどリアルで、と言っても実際に戦争の様子を見たことは無いが、リアルに起こったことなのではと思ってしまうほどの迫力で目が離せなかった。昔の映画だからCGも今ほど発達していないわけで、でもめちゃくちゃリアルで、一体どうやって撮影したのか気になって仕方がなかった。
村の入り口にぶら下がってた男の死体とちんちん。

2016/09/08

2016/09/09

-点

映画館/東京都/立川 CINEMA CITY/TWO 
字幕


作品に抱く畏怖の念

川を遡っていく一行に同行するたびつくづく「映画って体験だなぁ」と思わされる。そしてこの映画の場合、加えて「思索を要求してくるところ」が難解と評される所以なのであろう。特別完全版よりも紀行譚としてのエピソードを抑えたこの劇場公開版の方が哲学的な志向が強くなっていると思う。

主人公の持つ善(戦争の大義や正義という幻想あるいは歪んだ道徳観)を本質的なところで打ち砕いていくエピソードは、波を求めての村の奇襲、大佐のプロフィールの開示、サンパンの検問、指揮官のいない中での橋の攻防といった矛盾譚だけで十分説得力がある。

人と出会い、観念的なものを得るという意味でこの「川上り」が物語を動かし、「思索」を促す重要な舞台装置として機能している。実に卓越した組み立て。…。

もとい、この体験について今何を語っても自分はデニス・ホッパー演じるカメラマンの如く凡庸になってしまう。「畏怖を抱いて多くを語れず」これがこの傑作に今自分が語れる最大の賛辞。

2016/07/12

2016/07/12

55点

レンタル 
字幕


ごめんなさい

自分には難しかった。
主たるテーマが「人間の業は限りない」ということを言いたいのか、それとも「アメリカはダメ」ということを言いたいのか…

人がダメになっていく姿は印象に残ったが、自分にはそこが限界。