スーパー!

すーぱー|SUPER|SUPER

スーパー!

amazon
レビューの数

57

平均評点

73.3(312人)

観たひと

461

観たいひと

30

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/7/30
上映時間 96分
製作会社 This Is That Productions=Ambush Entertainment
配給 ファインフィルムズ
レイティング R-15
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット DV
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

出演レイン・ウィルソン Frank D'Arbo / The Crimson Bolt
エレン・ペイジ Libby / Boltie
リヴ・タイラー Sarah Helgeland
ケヴィン・ベーコン Jacques
ネイサン・フィリオン The Holy Avenger

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「スリザー」のジェームズ・ガン監督が、冴えないヒーロー、クリムゾンボルトの活躍を描いたコメディ。出演は「トランスフォーマー/リベンジ」のレイン・ウィルソン、「インセプション」のエレン・ペイジ、「インクレディブル・ハルク」のリヴ・タイラー、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケヴィン・ベーコン。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

冴えない男フランク(レイン・ウィルソン)は、セクシーでいかれたドラッグディーラー、ジョック(ケヴィン・ベーコン)を追って彼のもとを去った妻サラ(リヴ・タイラー)を取り戻すために、クリムゾンボルトに変身する。お手製のコスチュームを身に纏い、手にする武器はレンチ。エッチでクレイジーな相棒ボルティー(エレン・ペイジ)とともに危険地帯の犯罪に立ち向かう。すべては愛する妻を取り戻すため。しかし世の中、思い通りに行かないもの。そして、遠い昔に定められた不変の掟。子供に猥褻な行為はしないこと。列に割り込んだり、車を傷つけたりしないこと。もし掟を破れば、クリムゾンボルトが許さない!

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2011年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「スーパー!」

2011年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「スーパー!」

2016/05/29

2016/09/18

80点

テレビ/有料放送/WOWOW 


アンチヒーロー

ヒーロー物に一石を投じるブラックでシニカルな映画
というかこれはヒーロー物じゃ無いですね
テーマはものすごく深いです

2016/05/26

2016/05/26

87点

テレビ/有料放送/FOXMOVIES 
字幕


とにかく相棒になるリビーのキャラがいい。
コスプレしてセクシーポーズを決めるのも笑えるし、嬉々として暴力をふるうのも面白い。
かなり狂ったキャラクターだが、その根本にはヒーローになりたいという純粋な気持ちがあるので好感がもてる。
大きな正義の代償として、ヒーローは個人的には報われないという結末にはうならさせられる。彼は本当にヒーローになったのだ。
あれだけ暴力行為を起こしても主人公が逮捕されなかったり、刑事の死がうやむやになっていたり納得いかない所もあるが。

2016/04/28

65点

選択しない 


そこそこ面白かった

2016/04/18

60点

レンタル/北海道/ゲオ/ゲオ北広島店/DVD 
字幕


done of justice

私欲のために人を傷つけてはいけない
遠い昔に決められた不変の掟だ
ってセリフが良かった。
独自の正義感で悪に立ち向かうと、手段によっては人を傷つけることになる。
皆が支持すれば暴力も正義となるのか。

2016/04/14

100点

選択しない 


キックアスサイコー!

ウォッチメンとタクシードライバーを足したような映画。中年のおっさんがスーパーヒーローになろうとする、とだけ聞けばキックアスのおじさん版じゃんと思われてしまうけど、全く違う。
超人的なヒーローの活躍を描きたければ超人的な悪役が必要で、コウモリの格好をして金にものを言わせて秘密兵器を作っている狂人にはそれに匹敵する狂人の敵役が絶対に必要である。しかしこの映画には神のお告げを聞いた中年の小太り男が凶器を持って、手作りスーツを着て正義のヒーローになろうとするという狂人ぶりに匹敵する狂人の悪役がいない。それだとどういうことになるかというと、狂人が通り魔をしているようにしか見えない。男の振るう暴力はとことん残虐に見える。それが前半はコメディーに見えてしまう。彼の暴力の矛先は確かに悪ではあるため、それに対する過剰な暴力はコメディーでもあり痛快にも思える。しかし笑って観ていたら後半はこの過剰な暴力の残酷さが招く結果を目の当たりにしてしまう。ラストはタクシードライバーのラストのように非常に不穏な結末でもある。個人的にはもちろん観る度に号泣しますが。狂人だが妄想にすがるしかなかった切実な男の悲痛な叫びには誰しもが涙を禁じえないでしょう。
スーパーヒーローに対してのアンチテーゼ的な要素があるのに、途中に来る展開が完全にスーパーヒーロー的な要素に頼ってるじゃないかという批判を自分で考えてしまったが、もう関係なし!

2016/02/28

2016/02/28

67点

テレビ/有料放送/FOXMOVIES 
字幕


コスプレ・リアル・サイコ・ヒーロー

アメコミタッチでごまかしたりしているが、かなりグロい。
「キック・アス」に触発されたかのような大人のファンタジー。
ヒーローに必要なのは天啓か。
武器持ちサイコ・ヒーロー、クリムゾン・ボルト頑張る。
輪をかけてサイコな相棒ボルティー、ちゃらーん。
悪役のケヴィン・ベーコンも良い味。
「フットルース」主演から30年以上経つけれど、上手な俳優になった。

アメリカのティーンズに悪影響が出ないか心配。
とはいえ、横はいりは悪行に賛成。