スーパー!

すーぱー|SUPER|SUPER

スーパー!

amazon
レビューの数

60

平均評点

73.3(339人)

観たひと

505

観たいひと

37

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/7/30
上映時間 96分
製作会社 This Is That Productions=Ambush Entertainment
配給 ファインフィルムズ
レイティング R-15
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット DV
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

出演レイン・ウィルソン Frank D'Arbo / The Crimson Bolt
エレン・ペイジ Libby / Boltie
リヴ・タイラー Sarah Helgeland
ケヴィン・ベーコン Jacques
ネイサン・フィリオン The Holy Avenger

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「スリザー」のジェームズ・ガン監督が、冴えないヒーロー、クリムゾンボルトの活躍を描いたコメディ。出演は「トランスフォーマー/リベンジ」のレイン・ウィルソン、「インセプション」のエレン・ペイジ、「インクレディブル・ハルク」のリヴ・タイラー、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のケヴィン・ベーコン。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

冴えない男フランク(レイン・ウィルソン)は、セクシーでいかれたドラッグディーラー、ジョック(ケヴィン・ベーコン)を追って彼のもとを去った妻サラ(リヴ・タイラー)を取り戻すために、クリムゾンボルトに変身する。お手製のコスチュームを身に纏い、手にする武器はレンチ。エッチでクレイジーな相棒ボルティー(エレン・ペイジ)とともに危険地帯の犯罪に立ち向かう。すべては愛する妻を取り戻すため。しかし世の中、思い通りに行かないもの。そして、遠い昔に定められた不変の掟。子供に猥褻な行為はしないこと。列に割り込んだり、車を傷つけたりしないこと。もし掟を破れば、クリムゾンボルトが許さない!

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2011年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「スーパー!」

2011年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「スーパー!」

2018/10/29

2018/10/29

70点

選択しない 


とことんダサいのに、かっこいい。

とことんダサいのに、なぜかカッコよく見えてしまうのは、フランクが本気で奥さんを救おうとしているからだろう。相方役のエレン・ペイジが最高だ。

2013/03/04

2018/09/01

50点

テレビ/有料放送/ムービープラス 
字幕

 
 
自宅(CS放送)にて鑑賞。『キック・アス('10)』の或る種の亜流。如何にもと云うオープニングタイトルのアニメは良いが時間と共にプロットを含めた作りの粗さが目立ち始める。ゴア描写も下品で中途半端。愛すべきキャラ“リビー(ポルティー)”のE.ペイジがキュート。“サラ”のL.タイラー、最近のこの人は魅力が無い。刑事殺しや成り行き任せなクライマックスの大暴れでも逮捕出来無い無能な警察。そして度重なる暴行と殺人にも関わらずお咎め無しでフンワリ迎えるラストと云う陳腐なヒロイズムに大きく首を傾げた。50/100点。

・“ジョック”役、贔屓のK.ベーコン、身体を絞ったと云うより、窶れた印象で驚く。“エイブ”のM.ルーカー、燻し銀の存在感で忘れ難い演技。脚本・監督のJ.ガン、劇中劇『ホリーアベンジャー』の“デーモンズウィル ”役で出演している。亦、“トビー”を演じたS.ガンは監督の実弟。
 
 

2012/04/10

2018/08/20

-点

レンタル 
字幕


これは情けないヒーローものと言うよりは、バイオレンス色の強い犯罪ものと言う感じでした。エレン・ペイジ、ケヴィン・ベーコン、リブ・タイラーと豪華キャストというだけで、私にはちょっと過激すぎました。正義と言ってるけど、自分の感情のままに犯罪を犯すのはヒーローじゃないです。ストーリー的には悪いものではないので、もう少し違う演出なら万人に受けるのではと、もったいない気がします。

2016/05/29

2016/09/18

80点

テレビ/有料放送/WOWOW 


アンチヒーロー

ヒーロー物に一石を投じるブラックでシニカルな映画
というかこれはヒーロー物じゃ無いですね
テーマはものすごく深いです

2016/05/26

2016/05/26

87点

テレビ/有料放送/FOXMOVIES 
字幕


とにかく相棒になるリビーのキャラがいい。
コスプレしてセクシーポーズを決めるのも笑えるし、嬉々として暴力をふるうのも面白い。
かなり狂ったキャラクターだが、その根本にはヒーローになりたいという純粋な気持ちがあるので好感がもてる。
大きな正義の代償として、ヒーローは個人的には報われないという結末にはうならさせられる。彼は本当にヒーローになったのだ。
あれだけ暴力行為を起こしても主人公が逮捕されなかったり、刑事の死がうやむやになっていたり納得いかない所もあるが。

2016/04/28

65点

選択しない 


そこそこ面白かった