ダークナイト

だーくないと|The Dark Knight|The Dark Knight

ダークナイト

amazon
レビューの数

279

平均評点

85.6(2849人)

観たひと

4363

観たいひと

267

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2008/8/9
上映時間 152分
製作会社 Syncopy=DC Comics=To digibu=Legendary Pictures
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「バットマン ビギンズ」に続く新たな「バットマン」シリーズの第2弾。「正義と悪」の相克を、バットマンの宿敵であるジョーカー、そして正義から悪へ堕ちていくトゥーフェイスの3人の対立で描いていく。監督は、前作に続いて「メメント」「プレステージ」のクリストファー・ノーラン。バットマンとブルース・ウェインの二役には、「バットマン ビギンズ」からのクリスチャン・ベール。「ブローバック・マウンテン」でアカデミー主演男優賞にもノミネートされたヒース・レジャーがジョーカー役を熱演しているが、完成後に惜しくも急逝し、本作は彼に捧げられている。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

マフィアに汚染されたゴッサム・シティに、さらなる怪人が現れた。その名は、ジョーカー(ヒース・レジャー)。父から虐待を受けた彼は、快楽性犯罪者だった。銀行を襲って大金を奪ったジョーカーに、ゴッサム・シティの巨大企業の社長であり、バットマンでもあるウェイン(クリスチャン・ベール)は、ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアによるマネー・ロンダリングを摘発していく。ウェインをサポートするのは、執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)とフォックス(モーガン・フリーマン)だった。そんなゴッサム・シティの新任検事ハービー(アーロン・エッカート)は、犯罪の撲滅と街の浄化を訴えて市民たちの支持を得ていく。ウェインとハービーは、検事補のレイチェル(マギー・ギレンホール)をめぐっての恋のライバルだが、お互いを認めあってもいた。一方、ジョーカーはマフィアのボスたちの会合に現れて、バットマンを倒すと豪語する。そして、マフィアの手先たちは警察当局の中にも紛れ込んでゆくのだった。警視総監を殺害したジョーカーは、バットマンが正体を明かさなければ市民をひとりずつ殺していくと予告する。一度は逮捕されたジョーカーだが、すぐに脱走すると、ハービーとレイチェルを監禁して同時に殺害しようとする。その場に現れたバットマンはハービーを救出するが、代わりにレイチェルが犠牲となった。その火災で顔面の半分が醜く爛れたハービーは、ジョーカーの魔の手にはまってダークサイドへと堕ちてゆく。レイチェルへの報復のため、次々と殺人を繰り返し、ゴードン警部補のファミリーを狙うハービー。ジョーカーを倒したバットマンは、そんなハービーの悲しみを理解しながらも対決する。その勝利のあと、ハービーの栄光を讃えてすべては自分の責任にして欲しいとゴードン警部補に告げて、暗黒の騎士は去っていった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2020年7月上旬号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第7弾 2000年代外国映画ベスト・テン:ベスト16

2008年9月下旬号

劇場公開映画批評:「ダークナイト」

2008年9月上旬号

HOT SHOTS:「ダークナイト」来日会見

2008年8月下旬号

特集 「ダークナイト」:クリストファー・ノーラン監督 インタビュー

特集 「ダークナイト」:ヒース・レジャーに捧ぐ 新生「バットマン」はフィルム・ノワールのごとく

特集 「ダークナイト」:ヒーローは永遠に。英雄を求めるアメリカとは

REVIEW 2008:「ダークナイト」

2021/03/16

50点

選択しない 


能天気なアメコミ・ヒーローにはないネガティブさが新鮮

 原題"The Dark Knight"で、暗黒の騎士の意。アメリカン・コミック『バットマン』が原作で、クリストファー・ノーラン版「ダークナイト・トリロジー」の第2作。
 ジョーカー(ヒース・レジャー)がマフィアと組み、犯罪都市ゴッサム・シティの癌、バットマン(クリスチャン・ベール)を抹殺しようと図るというのが全体図で、犯罪者一掃の陣頭指揮に立つのが地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)。正義の味方に2人は要らないとバットマンは手柄を譲って身を引こうとするが、ジョーカーの狙いはゴッサム・シティの支配とあくまでもバットマンの抹殺。わざと捕まったジョーカーは、市民同士が敵対するように仕向け、悪の坩堝と化した街を目指す。
 その罠にまんまと嵌ったデントは恋人レイチェル(マギー・ジレンホール)を殺され、復讐の鬼と化した殺人者となるが、バットマンに倒されてしまう。デントの変心を公にすれば市民が希望を失い、ジョーカーの思うつぼと考えたバットマンはデント殺しの殺人者となって逃亡。
 真実を知るのは警部補から市警本部長に昇格したゴードン(ゲイリー・オールドマン)と息子だけ。バットマンがヒーローから陰の守護者、ダークナイトに転じて幕となる。
 悪の蔓延る犯罪都市という世界観と、正義の味方さえも悪に転じバットマンも罪に塗れるという徹底したダークぶりが魅力で、従来の能天気なアメコミ・ヒーローにはないネガティブさが新鮮だった。
 香港マフィアも登場しての香港ロケ、銀行強盗や市幹部のテロ、街を混沌に陥れるジョーカーの狂人ぶりとエピソードが盛りだくさんだが、忙しすぎるストーリーを追う2時間半は結構疲れる。(キネ旬3位)

2021/02/06

2021/02/07

80点

VOD/U-NEXT/レンタル/PC 
字幕


怒涛の展開といった感じ

 前作が単純な話だったのに比べると、今回は、善に対して悪、悪に対して善というテーマが、重厚に進行します。鑑賞能力が衰えていく者にとっては、濃厚な画面に圧倒されながら、一旦休憩を入れて、なんとか最後まで見ることができました。

 山と積まれた札束には目もくれず、最愛の女性を殺した自分に復讐もできないバットマンを嘲笑うジョーカーという悪。そして、ジョーカーに挑戦する名乗りを挙げるも、同じ恋人を失って殺人に手を染め悪へと墜ちていく善がある一方で、彼の罪も背負って善を守ろうとするバットマンがいます。

 全体のトーンが暗いのは、やはりジョーカーのための作品であって、ダークナイトとして新たに誕生したバットマンの次回作を楽しみにしたいです。

2020/12/08

2020/12/13

80点

レンタル/新潟県/TSUTAYA/蔦屋書店 竹尾インター店/ブルーレイ 
字幕


くんずほぐれつの3時間半

◎ 善と悪のくんずほぐれつのバトルロワイヤルだけで3時間半突っ走るのは、やはり相当にハードだ。画面が高質だから何とかもっている。
◎ バットマンがダークナイトとなるラストに無理やり引っ張っていく。でも、すぐにこの先を観たくなるのだから、3時間半は決して長くなかったといえるのか。

2020/10/25

2020/10/26

90点

テレビ/有料放送/WOWOW 


ヒース・レジャー凄すぎ、、、

色々凄い映画。子供の頃に観たバットマンとはもう別世界の別物。悪を極めるジョーカー、ヒース・レジャー凄すぎて夢に出そう。RIP。

2020/09/20

2020/09/21

90点

VOD/NETFLIX/購入/テレビ 
字幕


暗黒騎士

アカデミー賞助演男優賞など7部門受賞
マギーギレンホール

2020/09/07

2020/09/07

80点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


ダークだな。

クリストファーノーラン監督です。最後までダークな空気が流れています。とにかく暗いバットマンと、妙に陽気なジョーカーが良い。ジョーカーファンになりそう。