サウンド・オブ・ミュージック

さうんどおぶみゅーじっく|The Sound of Music|----

サウンド・オブ・ミュージック

amazon
レビューの数

110

平均評点

84.8(868人)

観たひと

1512

観たいひと

146

  • KINENOTE Selection映画館で観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965/6/26
上映時間 174分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
カラー カラー
アスペクト比
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン2世の原作を、「王様と私」のアーネスト・リーマン」が脚色、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズが製作・監督したミュージカル映画。撮影は「エデンの東」のテッド・マッコード、音楽はリチャード・ロジャースの作曲を、アーウイン・コスタルが編曲、主題歌をふくむ10曲が紹介される。出演は舞台出身のジュリー・アンドリュース、「ローマ帝国の滅亡」のクリストファー・プラマー、「青春の旅情」のエレノア・パーカー、「砂漠の女王」のペギー・ウッド、マーニ・ニクソンほか。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

志願修道女のマリア(ジュリー・アンドリュース)は歌が大好きだった。ある日彼女は院長の命令で、7人の子供がいる、やもめの退役海軍大佐トラップ(クリストファー・プラマー)家の家庭教師となった。トラップ家の古風で厳格な教育方法に対しマリアは彼女一流の音楽教育を始めた。大佐が婚約者の男爵夫人を迎えにウィーンに旅立った後、マリアは子供たちに音楽の楽しさ、歌うことのすばらしさを教えた。帰宅した大佐は子供たちの変りように驚きマリアを責めたが、子供たちの美しいコーラスを聞いた時、心ならずも忘れていた音楽を愛した昔を思い出した。数日後トラップ家でパーティが開かれた。その頃オーストリアでもナチの勢力は日増しに強くなり、広間に飾られたオーストリア国旗はナチ派の非難まとだった。マリアは大佐と踊ったとき、彼を愛しているのに気づき修道院に帰った。しかし院長に励まされ、再びトラップ家に帰ったが、そこには大佐と男爵夫人の婚約発表が待っていた。だが、子供たちはなつかず、大佐がマリアを愛しているこを知った夫人はひとりウィーンに旅立った。大佐とマリアは結婚した。大佐の友人マックスは彼らを音楽祭りに出場させることにした。ハネムーンから帰った大佐を待っていたのはヒットラーからの召集令状だった。祖国への愛を裏切れない彼に残された唯一の道それは亡命だった。音楽祭りで一家が故国の民謡を歌った時、はからずも観衆の大コーラスがかぶさり、一家は優勝した。その後修道院に身をかくした一家は、長女の恋人で、今はナチにくみするロルフに見つかったが、大佐の勇気が彼にうちかった。そして一家はスイス目ざして力強く山道を登っていった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2011年2月下旬決算特別号

午前十時の映画祭:「サウンド・オブ・ミュージック」「ザッツ・エンタテインメント」

2010年12月上旬号

DVDがおもしろい!:DVDコレクション No.473 「サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念 HDニューマスター版」

1965年8月下旬記念特別号

外国映画批評:サウンド・オブ・ミュージック

1965年7月上旬夏の特別号

新作グラビア:サウンド・オブ・ミュージック

外国映画紹介:サウンド・オブ・ミュージック

1965年6月下旬号

特集 「サウンド・オブ・ミュージック」 ロバート・ワイズ2本目の70ミリ・ミュージカル:魅力的な本格派ミュージカル

特集 「サウンド・オブ・ミュージック」 ロバート・ワイズ2本目の70ミリ・ミュージカル:新しい映画的エネルギーの創造

1965年2月下旬号

SB SECTION SBグラビア:サウンド・オブ・ミュージック パットとパットの東京の夜

1964年12月下旬号

SB SECTION サウンド・オブ・ミュージック:

2020/06/09

2020/07/15

75点

映画館/沖縄県/シネマライカム 
字幕


反ナチ映画

本作品を初めて観たのは高校生の時、テレビ放映である。「ドレミの歌」「エーデルワイス」など馴染みのある歌曲や、子どもたちとの交流、ジュリー・アンドリュースの健全な明るさから楽しさにあふれた映画という印象が強かった。

それが大人になって、ビデオ鑑賞するとこの映画の表向きの顔は健全娯楽映画であるが、そのなかに社会派的な意味合いが強いということに気が付かされた。

反ナチの映画だったのだ。ナチスの支配が濃くなるオーストリアで、ナチスに尻尾をふることを徹底的に拒否するトラップ大佐に、ファシズムに抵抗する英雄として描いている。

戦争を背景にすれば、暗くなりがちのこの物語を、ジュリーを主役に迎え、明るく楽しいミュージカルにしているところが、とても良い。

ロバート・ワイズ監督としては「ウェストサイド物語」とは逆の雰囲気で撮ったところが面白いところ。

今回何回目になるのか、映画館で観るのは初めてだが、この鑑賞で気になったのは、トラップ大佐が再婚相手としているエルザだった。彼女はトラップ大佐の求婚を受けて、前妻とのこどもたちのことも承知でトラップ大佐の屋敷にやってくる。だが、こどもたちは家庭教師マリアを母親として見ているのが判り、トラップ大佐も自分からマリアに移ったと知る。その時の愕然した気持ちはどれくらいのものだっただろうか。なんだか彼女が気の毒に思えてしまった。育ちのいい淑女なんだろうから、潔く身を引いたが、もしふたりの仲を妬み引き下がらなかったらどうなったのだろうかな。もしかしたらトラップ大佐を恨みエルザがナチに加担したりして。

そういう展開になればもっと面白かっただろうが、健全娯楽映画にはならない。

2019/12/10

2020/06/20

93点

映画館/岐阜県/TOHOシネマズ岐阜 
字幕


あれっ、こんなに面白かったっけ?

期待してなかったけどスゲーよかったパターン。テレビで観たことはあるが、あれっ、こんなに面白かったっけ? という感じ。歌は全部素晴らしいし、ジュリーアンドリュースは彼女以外考えられないくらいのハマリ役だし、子どもっぽさはマイナス要素ではなくノスタルジーとしてプラス要素だし。

2020/04/11

2020/04/13

90点

映画館/徳島県/シネマサンシャイン北島 
字幕


子どもの頃にテレビで観たが覚えているのはドレミの歌と最後の山越えのシーンだけ。
今回「午前十時の映画祭10+」で初めてスクリーンで観賞。

いちばん驚いたのは楽しいピクニックだと思い込んでいたラストの山越えが、なんと命がけの亡命だったこと。そんなに重いお話だったのね…

亡命前夜、ドイツに併合され消えゆく祖国オーストリアを想い、トラップ大佐が歌うのは「エーデルワイス」
教科書にも載っていたこの歌、てっきり外国の民謡か何かだと思っていたら、この映画のために作られたオリジナルだったと聞いてまたびっくり。

命がけの亡命をアシストするシスターたちがいい仕事をする。間一髪、先回りして追手の車から部品をはずしてしまうのだ!
許しをこうシスターたち。でもきっと、神は許してくれるはず(笑)

2019/12/27

2020/02/06

80点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズららぽーと横浜 
字幕


思い出

ネタバレ

厳格な大佐の一家へ入った家庭教師が、歌を通じて大佐の子供たちに深く受け入れられ、大佐の頑なな心を和らげて妻として家族の一人になる。
名作ミュージカル。この作品を劇場で見たのは何年か前、今回と同じ「午前10時の映画祭」だった。それ以前に見たのはたった一度、高校生の頃、(たぶん初の)テレビ放送だった。
この放送にはちょっと思い出がある。
放送は日曜日の夜で、淀川長治さんの日曜洋画劇場の枠だった。家族全員で見た。そうなったわけをはっきり覚えていないが、ファミリー向けっぽいし、「ドレミの歌」とか「エーデルワイス」とか知っている歌が出てくるしというような、あんまり深くない理由だろうと思う。
で、実際楽しんで見ていたのだが、興が乗ってしまったのか「エーデルワイス」を歌う場面で突然父が一緒に歌いだし(うまくない)、母は?状態。さらに反抗期の妹が「何よ、いきなり」という顔でにらむという微妙な空気になった。僕は僕で場を収拾しようと思ったのか、後追いで「エーデルワイス」を一緒に歌い(やはり うまくない)、さらに空気がおかしくなるという、画面の中の一致団結するトラップファミリーとはほど遠い日本のファミリーになってしまった。(「エーデルワイス」が歌われる場面は2回あるが、どちらの場面だったかは覚えていない。なぜ父や僕が英文の歌詞を歌えたかも覚えていない。)そんな思い出がある。
そういう微妙な空気になった初見だったが、最後には楽しんでいて、後日、僕はサントラ盤のLPを買った。当時のサントラ盤というのは文字どおり映画のサウンドトラックと同じ音源を収めているのが普通で、「サウンド・オブ・ミュージック」も例外ではなく、オープニングの風の音、小鳥のさえずりからマリアの歌声に続く主題歌の部分も、「ドレミの歌」の途中で入るマリアのセリフも入っている。おかげで30年以上の間を置いて劇場で見たときも冒頭から親しい作品に再会したという感覚にどっぷりとはまり込んだ。
ついでに言うと、このサントラ盤はちょっと活躍した。通っていた高校で合唱祭をやることになって課題曲が「エーデルワイス」、もう1曲の自由選択の曲に僕のクラスは「ドレミの歌」を選んだ。で、サントラ盤は視聴覚室でクラス中に聴いてもらうという栄誉を得た。そのとき借りたいと言ったクラスメートが、返すときに「すべての山に登れ」がいい曲だと言っていたのを覚えている。
このサントラ盤は今でもうちにある。レコードプレーヤーは古びてしまい、とっくに使えなくなっているのだけれど。

2020/01/19

2020/01/19

71点

選択しない 


その歌声に出来ること

ロバート・ワイズ監督の傑作ミュージカルにして「ウェスト・サイド物語」と並び評される作品。ミュージカルとしては、「ウェスト・サイド物語」に見られる華麗なシンフォニック・ダンスの要素はなく、派手さに欠ける。
ただ、映画として表する場合には、ダンスシーンこそが最も記憶に残るそれに比べて、本作は、ナチスドイツに併呑されていくオーストラリアを舞台にしたストーリーこそが、何よりの魅力となる。「歌だけではどうにもならない事がある」とジュリー・アンドリュースは7人の子どもたちに語る。それでも、歌の力は住民たちの大合唱に繋がり、一家の将来に希望の光をもたらした。「どうにもならない現実」にうつむきかけた日に、また観たいと思える傑作だ。

2019/12/16

2019/12/30

100点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズ海老名 
字幕


20世紀フォックスを救った作品でもある。

60年代ボーイズとしては、得したことがある。いわゆる人口ボーナスとして子供向けの漫画雑誌や
怪獣映画、ヒーローもののテレビドラマなど百花繚乱のお子様文化を受容した。今でも映画レビューを
書き続ける原動力がこの時期に仕込まれた気がする。

アメリカも同様で子供多い時代、リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン二世のブロードウェイ
ミュージカルという定評を得ている作品であるが、映画は家族で観て楽しめる演出になっている。
エンターテイメントとして、デートムービーやファミリー映画というジャンルは他の堅苦しい文化を圧倒
している。ベトナム戦争が泥沼化するちょっと前、お茶の間の王者テレビが君臨するちょっと前、実際
に家族で鑑賞し、幸せの記憶となったケースも多いだろう。

映画はアルプスを空撮する美しい画から始まる。ワイズ監督は「ウェストサイド物語」でも空撮から
物語を始めた。ブロードウェイ・ミュージカルから映画ミュージカルの移った宣言のようだ。ユーモラスな
演出でファミリー映画として大量動員を引き出した。子供達も観に来る作品で、トラップ大佐と婚約者
エルザとマリアの三角関係の描写は気を使っただろう。ごく自然な流れで、子供達はマリアを母と呼ぶ。
「ウェストサイド物語」では振付の演出でジェローム・ロビンスとの関係が難しかっただろうが、本作は
イズ監督の意図通りだろう。
一点だけ気になったのが、オーストリア併合が史実とは違うという指摘がある(Wiki)。

ともかく楽曲の良さは特筆もの。すべてが魅力に富み、愛らしい。ブロードウェイ・ミュージカルを支えた
リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン二世の仕事は神業クラス。アメリカ国民がミュージカル
を愛し育てた結晶がここにある。

「My Favorite Things」の最も優れたカバーであるジョン・コルトレーンのアルバムは1961年に
されている。ブロードウェイ上演の翌年の録音(Wiki)。彼の慧眼が光る作品だが、当時の黒人ジャズ
ミュージシャンが置かれた環境とは対極のミュージカルともいえる。
彼は舞台を見たのだろうか、劇場に入れたのだろうか、前から不思議でしょうがない。