ゴッドファーザーPARTII

ごっどふぁーざーぱーとつー|The Godfather Part II|The Godfather Part II

ゴッドファーザーPARTII

amazon
レビューの数

105

平均評点

85.4(1051人)

観たひと

1811

観たいひと

89

  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1974
公開年月日 1975/4/26
上映時間 202分
製作会社 フランシス・フォード・コッポラ・プロ
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ゴッドファーザー、ビトー・コルレオーネの縄張りを継いだ三男のマイケルが次々に宿敵を倒し、ファミリーを形成していくまでの過程を、若き日のビトーの足跡を挿入しながら描く。製作・監督はフランシス・フォード・コッポラ、脚本はコッポラとマリオ・プーゾ、原作はマリオ・プーゾ、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はニーノ・ロータ、音楽指揮はカーマイン・コッポラ、編集はピーター・ツィンナー、バリー・マルキン、リチャード・マークス、衣装はセオドア・ヴァン・ランクルが各々担当。出演はアル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ジョン・カザール、タリア・シャイア、モーガナ・キング、リチャード・ブライト、フランチェスカ・デ・サピオ、トロイ・ドナヒュー、マイケル・ヴィンセント・ガッツォー、G・D・スプラドリンなど。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

ドン・マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)は、根拠地をニューヨークから西部のネバダ州タホー湖畔に移していた。近くに収入源のラスベガスが控えていたからだ。マイケルは、ことあるごとに父ビトー・コルレオーネの偉大さを思うのだった。---/ビトーはシシリー島で生まれた。ビトーが9才のとき、父と母と兄が土地のマフィアの親分チッチオに殺された。彼は村人にかくまわれ、移民団の群れにまじって単身ニューヨークへ渡った。1901年のことだった。ニューヨークに着いたビトーは天然痘の疑いで3ヵ月間病院に入れられた。---/1958年。タホー湖畔にある教会ではマイケルの一人息子アントニーの聖さん式が行われていた。ビトーが死ぬ直前、一緒に庭で遊んでいた幼児がアントニーである。城のような大邸宅では大パーティが催され、マイケル、妻ケイ(ダイアン・キートン)とアントニー、ママ・コルレオーネ(モーガナ・キング)、マイケルの兄フレドー(ジョン・カザール)、その妻、妹のコニー(タリア・シャイア)とその恋人(トロイ・ドナヒュー)、相談役トム・ヘーゲン(ロバート・デュヴァル)などの顔が見える。パーティが終わり、その夜、マイケルの部屋に何者かが機関銃を乱射した。犯人はマイアミの大ボス、ハイマン・ロス(リー・ストラスバーグ)の腹心ロサト兄弟だった。---/リトル・イタリアで成長したビトー(ロバート・デ・ニーロ)は、あらゆる職業を経て、次第に頭角を現し、移民の信望を集めるようになってきた。彼のもとには弱い人々がさまざまな願いをもって訪れる。その街を牛耳る悪玉ボスのファヌッチを仕とめたのは町をあげてのお祭りの夜だった。---/マイケルはハイマン・ロスと一対一で会い、自分を襲ったロサト兄弟と、その事件に内通したペンタンジェリ(マイケル・ヴィンセント・ガッツォー)を処分することを宣言した。ペンタンジェリはコルレオーネ一家の古参だったが、マイケルのやり方に不満を抱えていた。そんなペンタンジェリにマイケルはロサト兄弟と手打ちをするように指示する。ロサト兄弟のバックにいるのがハイマン・ロスだと見抜いていたマイケルは、彼の油断を誘うべく計画を練っていたのだった。しかし手打ちの場所でペンタンジェリは暗殺されそうになるが、一命を取り留める。更に驚くべきことに、兄のフレドーまでもが、コルレオーネ家の情報をハイマン・ロスに流していた。そんなある日、マイケルは、犯罪調査委員会に呼び出されたが、マフィアについてのあらゆる容疑を完全に否定した。委員会側はそれを偽証だとしてペンタンジェリを証人として呼んだ。ペンタンジェリはマイケルにはめられたと思い込んでいたのだった。マイケルはペンタンジェリの肉親を傍聴席に呼び、彼の証言を封じた。その夜、妻ケイはマイケルに離婚話をもちだした。マフィアの恐ろしさと、子供の将来を想う気持ちからだった。---/ビトーと妻との間には4人の子供が出来た。汽車がシシリー島のコルレオーネ村に着き、多勢の村人が一家を迎えた。ビトーは両親の仇、チッチオを襲って、自分の手でチッチオの腹を十字に刺して殺した。---/ママ・コルレオーネが病気で死んだ。ニューヨークに隠れていたフレドーも呼び戻された。葬儀のあともフレドーはタホー湖畔にとどまって幼いアントニーと遊んだ。フレドーはマイケルに許されていると思ったのだ。だが、船で湖へ釣りに出たところを、マイケルの命令で殺された。初老に達したマイケルは、一人湖畔の椅子に座り、亡き父ビトーの愛情に充ちた偉大な生涯を想い、自分の孤独に胸を痛めるのだった---。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2018年7月下旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第1弾 1970年代外国映画ベスト・テン:ベスト19グラビア解説

2011年4月下旬号

第二回 午前十時の映画祭:「ゴッドファーザー PARTII」「ディア・ハンター」

1975年5月下旬号

映画批評:ゴッドファーザーPART2

外国映画紹介:ゴッドファーザーPART2

1975年5月上旬号

グラビア:「ゴッドファーザーPART2」

キネ旬試写室:ゴッドファーザーPART2

1975年3月上旬号

グラビア:「ゴッドファーザー2」

2019/12/28

2019/12/28

85点

選択しない 
字幕

2回目。デニーロ登場、若き日のビトとドンになったマイケルの奮闘をそれぞれ交互に緻密に描き、重厚感ある映画になってるとおもうけど、やっぱⅠが好きかなぁ。ただフレドの何にも取り柄がない苦悩・悲哀がたまらないなと思った。あの鈍臭そうな感じが笑
だから最後の祈りながら殺されるシーンもフレドっぽいというか…

2017/10/10

2019/08/13

70点

レンタル/奈良県/TSUTAYA/TSUTAYA アクロスプラザ橿原店/ブルーレイ 
字幕-吹替


ゴッドファーザーⅡ

いまいち

2019/08/12

2019/08/12

-点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


1回見たぐらいで解った気にならない

時間軸が飛ぶのだが編集が上手い、パートⅡの方が人気なのはこのへんかも
イボの役者誰だと思ったらやっぱりデニーロだった
重厚な画面作りで味わい深い作品だ
今度はストーリーも分かった上でもう一度見て見たい

2019/05/11

40点

選択しない 


マフィア社会

マフィアなんて興味ねーよ。笑 とにかく主人公が嫌なやつ。自分の兄弟まで殺してしまうんだからね。まぁ戦国時代みたいな感じで不気味だよね笑 こんな人生なにが楽しいのかね?
ダラダラ親父の回想シーンとかあるけど悪人が先代の父親を回想することになんの意味があるのかねー笑 知らんけど。
例によって美化だねー。所詮マフィア。笑 知らんが。

2011/07/09

2019/05/08

100点

映画館 
字幕


映画史に残る一大叙事詩

ネタバレ

時代の変遷とともに興隆する織組のトップとして、その座を絶対的なものにすればするほどに、ひとりの人間としての孤独を深めるマイケル。その内奥に隠し持つ葛藤と懊悩を、時にサスペンスフルなノワールムービーとして、時にスケールの大きな群像劇として、時に文学的味わいの人間ドラマとして紡ぎ出したF・F・コッポラの重厚かつ洗練された語り口に魅せられる。また、N・ロータの哀感漂う楽曲や、G・ウィリスの陰影に富んだ撮影が素晴らしく、多様な物語と濃淡豊かに一体となり、全編に悠然たる余情を漂わせながら映画史に残る一大叙事詩として結実している。

そして、この映画の個人的白眉はなんと言っても若き日のビトー・コルレオーネに扮するR・デ・ニーロ。孤児としての哀しみや、移民としての鬱屈をに内面に湛えながら、非情さと優しさ、荒々しさと静けさといったアンビバレントな魅力を画面に禍々しく発していた。そんな役にはまったデ・ニーロの熱演が、A・パチーノやR・デュバル、D・キートンやJ・カザールといった名優たちの個性際立つ好演と互いに響きあい、映画としての出来栄えをより滋味深いものへと導き、作品としての価値を更なる高みへと押し上げているようにも感じる。

ちなみに、過去と現在を対照にした重層的なドラマ展開を通して、マフィアの成り立ちと社会の裏面史を描いた面白さにおいて、シリーズ三部作の中では本作が一番のお気に入り。

2019/05/02

2019/05/02

79点

その他/録画BSプレミアム 
字幕


マイケルの苦悩

 アル・パチーノのマイケル・コルレオーネの偉大さと、敵と裏切り者への粛清の繰り返し、そして家族の崩壊。PART1とは違って、ファミリーを守れば守る程、締め付けられ、家族が壊れて行き、苦悩が深まっていく。アル・パチーノが本当に凄みがある。

 それと“対”になっている、ロバート・デ・ニーロのビトー・コルレオーネが素晴らしい。移民として段々大物になっていく所が。まだ若い頃のデ・ニーロだが本当にいい。マーロン・ブロンドのビト―も凄かったが、彼もそれに劣らず、いい。

 この構造が“対”になっているがゆえに、ロバート・デ・ニーロのビトーはより生き生きと貫禄が増し、アル・パチーノのマイケルは、より苦しみが強調される。

 粛清の殺伐感は嫌だが、PART1に引きを取らない位、良かった。