インファナル・アフェア

いんふぁなるあふぇあ|無間道|Infernal Affairs

インファナル・アフェア

amazon
レビューの数

74

平均評点

82.6(583人)

観たひと

1007

観たいひと

69

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 香港
製作年 2002
公開年月日 2003/10/11
上映時間 102分
製作会社 ベイシック・ピクチャーズ
配給 コムストック
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

警察とマフィア、それぞれのスパイとして敵側に潜入している二人の男を描いたサスペンス・ドラマ。監督・製作・撮影は「拳神 KENSHIN」のアンドリュー・ラウ。共同監督・共同脚本は「ファイナル・ロマンス」のアラン・マック。出演は「Needing You」のアンディ・ラウ、「HERO」のトニー・レオン、「ドリフト」のアンソニー・ウォン、「アクシデンタル・スパイ」のエリック・ツァン、「冷静と情熱のあいだ」のケリー・チャン、「Needing You」のサミー・チェン、「ファイナル・ロマンス」のエディソン・チャン、これが日本初登場となるショーン・ユー、歌手のエルヴァ・シャオほか。第22回香港フィルム・アワード主要7部門受賞。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

マフィアの組員ラウ(アンディ・ラウ)は、ボスであるサム(エリック・ツァン)の指示で香港警察に潜り込み、10年で内部調査課の課長に昇進。ベストセラー作家メリー(サミー・チェン)との結婚も内定していた。一方、ラウと同じ警察学校に通っていたヤン(トニー・レオン)は、組織犯罪課のウォン警視(アンソニー・ウォン)の指示で、サム率いるマフィアに潜入。今では麻薬取引を任されるまでになっていた。しかしヤンは長年に渡る内通捜査で自分を見失い、精神科医リー(ケリー・チャン)のもとに通院。いつしかヤンはリーを愛し始めていた。ある夜、ヤンから大きな麻薬取引を行うとの情報を得たウォン警視は、水面下で調査を始めるが、同時に警察の動きがラウからサムに伝わり、検挙も取引も失敗に終わる。双方にスパイがいることが明らかになった。ラウとヤンは、それぞれ裏切り者を探すよう命じられる。やがて争いの中で、サムの手下にウォン警視が殺される。サムの残忍さに嫌気がさしたラウは、サムを射殺。そしてヤンは、ラウがマフィアのスパイであることに気づくが、やはりサムの手下にヤンも殺される。残されたラウは、ヤンの分まで警官として生きていくことを決意するのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2003年12月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:インファナル・アフェア

2003年11月下旬号

劇場公開映画批評:インファナル・アフェア

2003年10月下旬号

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:グラビア

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:アンドリュー・ラウ&アラン・マック監督 インタビュー

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:トニー・レオン インタビュー

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:アンディ・ラウ インタビュー

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:犯罪映画を記憶とセオリー

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:作品評

巻頭特集 「インファナル・アフェア」:続編はどうなる

2019/09/15

74点

VOD/U-NEXT/レンタル/テレビ 
字幕


香港映画の実力

アンディラウ、トニーレオンというダブルキャストに加え、上役がアンソニーウォン、エリックツァン。女性陣は、サミーチェン、ケリーチァン。それぞれがいい味を出している。
警察とマフィアのそれぞれのスパイとして敵側に潜入している二人の男を描いたサスペンス。その面白さにハリウッドや日本でもリメイク版が作られている。

濃密な緊迫感が最初から最後まで続くのは、ホント見事だった。ただ、トニーレオンがマフィアのスパイとして潜入していたもう一人の男から頭を撃ち抜かれて死に、アンディラウはその男を殺して真相を闇に葬って、そのまま生きていく、というラストは気に入らない。結婚相手だったサミーチェンが物書きだったから、暴露本を出してくれてその座から追われればいいと思った。

2019/07/28

2019/07/29

67点

テレビ/有料放送/シネフィルWOWOW 
字幕


一緒に見ていた女房殿、ラストで泣いていたが

別の映画を見ていたのだが、女房がやってきて『「インファナルアフェア」を見せて!』と言うので一緒に見た。
10数年前にも一緒に見ていて女房絶賛、俺は飲んでいたせいか?途中でわけが分からなくなっていた。
シラフで見たらよく分かるし面白いし《ディパーテッド》より上出来だと思うが、音楽があまりにも下品だと思う。
映画の佇まいに合っていない。
アクションにはジャカジャカドンドン系、シットリした場面ではいかにもそれ系で映画の格を数等下げている。残念!

トニー・レオン、やっぱり好きだ!胸が締め付けられる。
ギャングのボス(エリック・ツァン)もいいし、警察の上司(アンソニー・ウォン)も素晴らしい。
映画で聞こえる広東語、特に語尾の上がり方にも異様に興奮する自分に気づいた。

II,III も早目に見ておこう!

2019/05/27

2019/05/28

90点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 


使命と信頼と日常

ネタバレ

アンディ・ラウもトニー・レオンもカッコいい。
登場人物の大半がカッコいい。

善悪合わせ持つ人間の業を、使命と信頼と日常に揺れる姿を通して示してくる。

前半のチャカチャカした展開は苦手だが、それ以外は素晴らしい。

2019/05/20

2019/05/20

78点

選択しない 
字幕


オリジナルの本作品をみるといかにディパーテッドがハリウッドナイズされた作品だったんだな。と思える。

あまり香港映画を見たことがないが、ラブストーリーもはさみ、少しくどいような演出に香港らしさが詰め込まれているのかもしれない。

2000年代

2019/04/09

75点

レンタル 
字幕


秀逸の香港ノワール

敵対する組織に身を置く主人公ふたりの揺れ動く心情を情感タップリに体現したアンディ・ラウ、トニー・レオンの熱演はじめ、二転三転するヒネリの利いたドラマ展開や、アンドリュー・ラウのスリリングな語り口があいまって、全編に鬱屈した緊迫感を醸し出した秀逸の香港ノワール。ちなみに、個人的にはリメイクの「ディパーテッド」のほうがより楽しめた。

2019/02/09

2019/02/10

-点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/スマホ 


私はこの作品で泣けはしませんが、今観てもおもしろいしカッコいい

最初に公開された時、観たはずですが、内容は覚えていませんでした。ラストは、そんなのあり?という感じですし、私には泣ける作品ではありませんが、潜入捜査官のヤンを兄貴と慕っていた弟分が死ぬところはグッときました。ストーリー全体はおもしろいですし、トニーレオンはやっぱりかわいい、警視のアンソニーウォンも渋カッコいいです。