グーニーズ

ぐーにーず|THE GOONIES|THE GOONIES

グーニーズ

amazon
レビューの数

70

平均評点

73.3(813人)

観たひと

1509

観たいひと

68

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1985/12/7
上映時間 114分
製作会社 アンプリン・エンターテインメント作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
カラー カラー
アスペクト比
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

海賊の隠した宝物を探すティーンエイジャー7人の冒険を描く。製作は「オーメン」以来のコンビであるリチャード・ドナーとハーヴェイ・バーンハード。エグゼクティヴ・プロデューサーは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「レディホーク」のリチャード・ドナー。スピルバーグの原案に基づいてクリス・コランバスが脚色。撮影はニック・マクリーン、音楽はデーヴ・グルーシン、特殊効果はマイケル・マカリスターの監修でILMが担当。出演はショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリンなど。ドルビー・ステレオ。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

オレゴン州の港町アストリア。13歳のマイキー・ウォルシュ(ショーン・アスティン)は、兄のブランド(ジョシュ・ブローリン)と家でくすぶっていた。その頃、警察からフランシス・フラテリ(ジョー・パントリアーノ)が脱獄、母親のママ・フラッテーリ(アン・ラムジー)の運転する車で弟のジェイク(ロバート.ディヴィ)とともに逃走した。マイキーの家へ、友達が続々と集まってくる。スペイン語ができて口のうまいマウス(コリー・フェルドマン)、ドジでいつも腹をすかしているチャンク(ジェフ・コーエン)、発明家のデータ(キ・ホイ・クワン)の3人である。彼らとウォルシュ兄弟は、自分たちをグーニーズと呼んでいた。ウォルシュ家は借金のかたに家屋をゴルフ会社に差し押さえられ、明日には家を出なくてはならない。屋根裏部屋で見つけた古地図に書かれているスぺイン語をマウスが解読したところ、海賊片目のウィリーが隠した宝の地図らしい。宝を見つけて借金をかえそうと、とめるブランドをしばって、マイキーらは岬に行く。そこには古ぼけたレストランがあり、あやしげな人物たちがいた。それがフラテリ一家だった。後を追ってきたブランド、そしてチア・リーダーのアンディ(ケリー・グリーン)、ちょっと変わった女の子ステフ(マーサ・プリンプトン)と一緒にレストランの地下に入り込んだ。中には死体と贋札の印刷機があり、暖炉の下に秘密の入口が見つかった。フラテリ一家がもどってきたので、みんなは入口から地下の洞窟へ。とり残されたチャンクから話を聞いた一家が後を追いかけてくる。チャンクは一家の末弟で、地下に鎖でつながれていた奇形のスロース(ジョン・マツザック)と仲良くなり、鎖をちぎって、2人も地下へ。地下洞窟にはウィリーがさまざまな罠をしかけていた。それらの罠をかわして、ついに海賊船を発見、なかの宝石を手に入れた。と思った時、フラテリ一家が来て、みんなは追い出される。がウィリーの罠はまだ終ってなくフラテリ一家も船から逃げ出すはめに。グーニーズは洞窟のすき間から外へ出て、心配していた家族と再会した。宝石で借金もかえすことができる。フラテリ一家はつかまった。そして、海上に海賊船が漂い出てきて、グーニーズの話を信じようとしなかった保安官たちを驚かすのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1986年3月上旬号

外国映画批評:グーニーズ

1986年1月上旬号

外国映画紹介:グーニーズ

1985年12月上旬号

グラビア:グーニーズ

特集 グーニーズ:対談 石上三登志/手塚真

特集 グーニーズ:プロダクション・ノート

特集 グーニーズ:評論

1985年11月下旬号

試写室:グーニーズ

1985年10月下旬号

スペシャル・セレクション:86正月映画特集2 グーニーズ

2022/01/09

2022/01/11

94点

テレビ/無料放送/読売 テレビ 
吹替


自転車より走った方が早い

海賊の隠した宝物を探すティーンエイジャー7人の冒険を描く。
もうワクワクしかない
スティーブンスピルバーク監督のファンタジー全盛期の代表作
冷静に考えれば、岩が転がったり、落とし穴ってかなり現実離れしているんだけど、これはこれでいいんだ
あのデブがいいキャラすぎる

2021/09/10

2021/09/10

65点

選択しない 


子供の頃に見るべし

なにげに初めて見た。
たぶん子供のころに見てたら良かったのだと思うのだが、
40歳になって初めて見たら、
面白味をあまり感じなかった。
映画が悪いわけじゃないのだが、
パイレーツオブカリビアンとかも自分と相性悪いんよね
f(^ ^;)

2021/08/21

2021/08/22

33点

選択しない 
吹替

スタンドバイミーと肩を並べて、子供たちの冒険映画として有名なグーニーズ。個人的に思ったのは、本当の意味でのおチビだけの行動だったのではなく、お兄ちゃんも来てくれる安心感。別に仲がいいわけでもなく、なんやかんやで弟についてくる、同級生にバカにされても耐える兄のキャラが個人的に良いーーーーとなった。

2021/08/08

2021/08/10

76点

テレビ/無料放送/東海テレビ 


完全なる初見

ファミコン世代にとっては超懐かしい作品。私自身もファミコンゲームでしか知らなかったというか、なぜこれまでに一度も鑑賞してこなかったのか悔やまれるところである。ということで、あらすじやエンディングまでゲームで内容は知っているので、なるほどと思いながら観ていた。子どもの冒険が話の中心なので、少しばかり展開に強引さがあるが、子どもってそういうところがあると納得は出来た。アクションシーンは、まさにインディ・ジョーンズそのものだ。原案がスピルバーグさんなので、さもありなんだよね。初めて鑑賞したけれど、予想以上に面白かった。

2021/07/21

2021/07/21

30点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 
字幕


なんかゴチャゴチャしてうるさい

これロードショーのオールナイト(昭和!)で見た覚えがある。友人達と新宿で飲んでて映画館に入ったが爆睡して1mmも覚えてない。ただうるさかっただけ。
数十年経って見返すと俺はこういう子供が嫌いなのか?と感じる。数ヶ月前に見て感想も書かずに放っておいたのだが。
子供達が小さい頃に一緒に見ても良かったかも。

子供が出てくる映画で好きなのはブルーノ・ガンツの《ハイジ》、モノクロ《小公子》、《メリーポピンズ》。別格で実と勇が出てくる小津映画。
子供によって大人が変化、生まれ変わる、より良く変わる映画が好きなのだ。
この映画は宝物はゲットしたが誰も人間的に成長してないのでは?それでも異形の人間への見方は少しは変化するかな?

2021/07/13

55点

選択しない 


大人になってから見たのでイマイチ感情移入出来ず

ストーリー 9
映像 10
演技 9
また見たい度 15
その他 15