天空の城ラピュタ

てんくうのしろらぴゅた|Laputa|Laputa

天空の城ラピュタ

amazon
レビューの数

72

平均評点

85.6(1440人)

観たひと

3109

観たいひと

66

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル アニメーション / ファンタジー / アクション
製作国 日本
製作年 1986
公開年月日 1986/8/2
上映時間 124分
製作会社 徳間書店
配給 東映
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

監督宮崎駿 
脚本宮崎駿 
原作宮崎駿 
企画山下辰巳 
尾形英夫 
製作徳間康快 
プロデューサー高畑勲 
制作スタジオジブリ 
原徹 
作画監督丹内司 
撮影高橋宏固 
白神孝始 
美術野崎俊郎 
山本二三 
音楽久石譲 
主題歌井上杏美
(「君をのせて」)
イメージソング小幡洋子
(「もしも空を飛べたら」)
音響監督斯波重治 
編集瀬山武司 
笠原義宏 
原画頭金田伊功 
ハーモニー高屋法子 
宣伝プロデューサー徳山雅也 

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

出演田中真弓 パズー
横沢啓子 シータ
初井言栄 ドーラ
寺田農 ムスカ
常田富士男 ポムじいさん
永井一郎 将軍
糸博 親方
鷲尾真知子 おかみ
神山卓三 シャルル
安原義人 ルイ
亀山助清 アンリ
槐柳二 老技師
TARAKO マッジ

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

莫大な財宝が眠るという空中の浮島を探しに冒険の旅に出る少年、少女を描くアニメ。脚本、監督は「風の谷のナウシカ」の宮崎駿が担当。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

少女シータは黒メガネをかけた男たちに捕われ、飛行船の中にいた。そこに女海賊のドーラを首領とする一味が乗り込んで来た。撃戦のさなか、シータは窓から船外に逃げだすが足場を失い落ちていく。だが、彼女の身体はふわりふわりと地上へ舞い降りて行き、その胸にはペンダントが青白い光を放って揺れていた。スラッグ渓谷にある鉱山町では、空から降ってきた光とシータを見た見習い機械工のパズーが、後を追い気を失った彼女を助けた。翌朝、パズーの家で目を覚ましたシータに、彼は自分の死んだ父親が見たという伝説の島の話をした。それはラピュタと呼ばれる財宝の眠る空中の浮島で、パズーはラピュタを信じてもらえず死んだ父の汚名をはらすため、いつの日かラピュタを見つけたいと思っていた。そこにドーラ一味が乗り込んで来た。彼らはシータのペンダントを狙っていたのだ。パズーはシータを連れ、坑内機関車で逃げだすが、行く手には別の敵、黒メガネの男たちが国防軍の装甲列車で現われた。再び逃げたパズーとシータは深い谷底へ落ちてしまう。だが、シータのペンダントが光を放つと二人の身体は空中に浮いていた。深い廃坑の底に降りた二人は、鉱山師のポムじいさんに出会い、彼からペンダントの石がラピュタを空中に支えている飛行石だと聞かされる。地上に出た二人は、黒メガネの男たちに捕われ、国防軍ティディス要塞へ連行された。パズーは地下牢に閉じ込められ、シータは軍の特務将校ムスカに空から降って来たラピュタの紋章の刻まれたロボットを見せられた。政府はこれによりラピュタの存在を確心し、軍を使って探索に乗りだしていたのだ。ムスカは、シータが母親からペンダントを譲られた時に授けられた名前のことを知っており「君はラピュタ王国の王女なんだ」と告げる。彼はパズーの命と引き換えに、ラピュタの位置を示す呪文を教えるよう迫るのだった。理由のわからないまま釈放されたパズーは、待ちぶせしていたドーラ一味と共にシータ奪還に同行することにした。軍は巨大飛行戦艦ゴリアテでシータを連れ、ラピュタをめざした。途方に暮れたシータは、幼い頃祖母に教わった困った時のおまじないをつぶやいた。すると胸のペンダントが強烈な光を発し、まっすぐ天の一点を指した。ムスカはペンダントを手に入れると飛行石の指すラピュタめざしてゴリアテを発進した。シータを救け出したパズーも、ドーラたちとラピュタをめざす。見張り台に立ったパズーとシータは、ドーラの命令で台を凧のように母船から切り離し雲の上に出た。突然の嵐に巻き込まれた彼らは、美しい花畑の中で目を覚ます。ついにラピュタに辿り着いたのだ。シータは突如あらわれたムスカたらに捕えられ、パズーは縄に縛りつけられたドーラたちを助ける。シータを連れたムスカはラピュタの中枢部にいた。彼はシータに、自分もラピュタの王家の一族のひとりだと告げる。そして、ラピュタの超科学兵器を操作する。かつてラピュタは、それで全世界を支配していたのだ。スキを見てムスカからペンダントを奪い返すシータ。ムスカの撃った弾が彼女のおさげを吹きとばした時、パズーが駆けつけた。パズーとシータはペンダントを手に滅びの呪文を叫ぶ。そのとたん光が爆発し、ラピュタを支えていた巨大な飛行石は上昇しはじめた。フラップターで逃げのびたドーラたちは、上昇していくラピュタを見ていた。そこにパズーとシータを乗せた凧が飛んできた。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1986年10月下旬号

日本映画紹介:天空の城ラピュタ

1986年10月上旬号

日本映画批評:天空の城ラピュタ

1986年8月上旬号

グラビア:天空の城ラピュタ

特集 天空の城ラピュタ:宮崎駿監督 インタビュー

特集 天空の城ラピュタ:オマージュ

特集 天空の城ラピュタ:監督論

1986年7月上旬号

スペシャル・セレクション:天空の城ラピュタ

2018/05/05

70点

選択しない 


映像と音楽がすばらしい

この年代にこの映像美ができたことに驚く。エンディングの主題曲は泣かせる。ストーリーもジブリ的で安心して観られた。ただ、肝心のラピュタは、内部は結構広いはずなのに遠景からの映像では小さすぎるのではないか、また、外観も別の城のようで同一の城という感じがあまりしなかったのが残念。

2018/01/08

40点

選択しない 


良くも悪くも宮崎駿の原点と匠を味わえる

 スウィフトの『ガリバー旅行記』の空飛ぶ島ラピュタをモチーフにしたファンタジー。
 冒頭からの垂直の3次元空間を表現する映像が最大の見どころ。雲間に浮かぶ飛行船、落下する少女シータ、パズーの住む村の峡谷、奥へ流れていく野山の風景、峡谷を走る列車、空に浮かぶ島、等々、宮崎がアニメで培ってきた演出のオンパレードが堪能できる。
 もっともストーリーは話らしい話がほとんどなく、天空の島ラピュタが実在するという亡父の話をパズーが確認するだけの物語で、それで?の感想を免れない。
 要は宮崎が得意とする三次元空間でのアニメ演出の限りを尽くすことと、宮崎が好む飛行物を主体としたメカのこだわりのデザインと描写を見せるというオタク的な発想と嗜好から成立している作品で、『風の谷のナウシカ』(1984)で道を踏み外した宮崎が自分に忠実に漫画映画に原点回帰した。
 前半は漫画映画の演出で十二分に楽しませてくれるが、謎解きとストーリーを進める後半に入った途端に退屈になり、あとはラピュタをどう見せるかだけになるが、さすがに3次元アクション演出にも飽きが来る。
 ラピュタの存在を如何に締めくくるかという段になって、政府諜報員であり、シータと同様にラピュタ王国の末裔であるムスカが世界征服の野望を持つことが判明し、シータがそれを阻止するロリコン少女のヒロイン化という、これまた宮崎の十八番となるが、ラピュタが何となく自然に回帰した反文明的なイメージで守られ勝利するところも宮崎的になっている。
 トップクラフトがスタジオジブリに改組して最初の作品で、良くも悪くも宮崎の原点を見ることができる。主題歌は学校コーラスの定番に。(キネ旬8位)

2017/10/07

2018/01/03

88点

選択しない 

・宮崎作品王道をおそらく初鑑賞 王道中の王道の大傑作
・終始、ワクワクが止まらない冒険ファンタジー活劇の金字塔 世界観も違和感なし
・悪の政府側(巨悪)とママ率いる海賊(小悪)とシータ、パズーの3すくみはわかりやすく
 映画としてはベタ(海賊と協力⇒最終的に巨悪以外はハッピー)だがエンターテイメント性高い
・主人公バズーの少年ジャンプ的王道セリフ回しは臭いが世界観的には受け入れれる
・無駄がなくテンポ良い 映像的にも文句なし 今まで真剣に見ていなかった自分に反省
・おそらく後世の映画に多大な影響を与えているが今見ても古さはない
・シータの可愛さ、海賊ママの芯の優しいキャラ、魅力的 バルスも◎

2017/11/13

2017/11/13

90点

選択しない 


これぞ!

これぞスタジオジブリ!宮崎駿!
とんでも機械に自然が持つ力、ボーイミーツガールにどこへ行こうというのかね!

よくパロディに使われるのも各キャラクターの持つ味がしっかりとあるから皆んな注目されている証拠。
あっさりしてるので見終わった後の感覚も気持ちがいいものがありますね!

2017/08/18

2017/10/27

90点

映画館/東京都/東京国立近代美術館 フィルムセンター 


午前十時のジブリ映画祭を!

フィルムセンターの物故映画人追悼特集にて「天空の城ラピュタ」を観ました。わたくしが宮崎駿アニメーションを小屋で観るようになったのは「トトロ」からに過ぎず、この「ラピュタ」をスクリーンで観るのは初めてでしたが、大きな画面から伝わってくる情報量も、久石譲の音楽を始めとした音響も、スクリーンで観る事を前提にして作られた映画であることを痛感し、満喫しました。
スタジオジブリのアニメーションは、汐留局が経営に噛むようになってからは、“金曜ロードショー”枠で確実に毎回20%以上を確保する宝の山として機能し、その数字に悪影響を及ぼす恐れがあるという理由からか、ロードショー公開が終わった後は、パッケージ商売は別にして、劇場では一切掛けられなくなりました。
スタジオジブリものはTVで観るものと限定されている中、フィルムセンターが今回の特集で「ラピュタ」を編成できた事情は知りませんが、亡くなったスタッフを追悼するという名目が効いたのだとは思います。いずれにせよ、本来スクリーンで観る事を前提に作られたものですから、「トトロ」以後の作品もどんどん上映してほしいと切望します。
例えば、今なお日本映画の興行記録トップの「千と千尋の神隠し」が公開されてから16年が経っており、あれを小屋で観たと記憶している人は既に成人していると思われ、つい先日、“スタジオジブリ総選挙”なるイヴェントがあった際、ごく限られた劇場と期間でこの映画が劇場に掛かったことはあるものの、今の大多数の子供たちはTV画面でしかあの映画を観る事ができない訳であり、そんな子供たちにスクリーンで千尋ちゃんの冒険を観る機会を与えたい!と思ってしまいます。
ジブリの宮崎氏はもちろんのこと、鈴木敏夫氏はTV屋ではなく映画屋ですから、映画を映画館で観る事の価値を知り尽くしていると思われ、子供たちに「ナウシカ」や「トトロ」をスクリーンで観せてあげたいという思いは、理解してくれるに違いなく、ジブリを小屋に掛けろ、午前十時のジブリ映画祭を!と言いたい。

2017/10/14

2017/10/14

63点

テレビ/無料放送/日本テレビ 


楽しめた。小学校の時に考えたそうで、シータの内実はあまり描写されなかった。