冒険者たち(1967)

ぼうけんしゃたち|Les Aventuriers|The Last Adventure

冒険者たち(1967)

amazon
レビューの数

92

平均評点

80.6(405人)

観たひと

559

観たいひと

53

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル アクション
製作国 フランス
製作年 1967
公開年月日 1967/5/18
上映時間 113分
製作会社 ソシエテ・ヌーベル・ド・シネマ
配給 大映
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ジョゼ・ジョヴァンニの同名小説を、彼と「ふくろうの河」の監督ロベール・アンリコ、ピエール・ペルグリの三人が共同で脚色し、ロベール・アンリコが監督したアクション。撮影はジャン・ボフティ、音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当。出演は「パリは燃えているか」のアラン・ドロン、「女王陛下のダイナマイト」のリノ・ヴァンチュラ、「スタンダールの恋愛論」のジョアンナ・シムカスほか。イーストマンカラー、テクニスコープ。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

マヌー(A・ドロン)とローラン(L・バンチュラ)は、性格はまったく違っていたが、実の兄弟のように仲が良かった。マヌーはパリにある飛行クラブの教師で、ハンサムでスマートな外見に似合わず、驚くほどの命知らずで大ぼら吹きだ。ローランはパリ郊外の廃車置場の中にある奇妙な仕事場に住み、画期的なカー・エンジンの開発に専念していた。ある日マヌーは飛行クラブの生徒から、耳よりな話を聞きこんだ。それはある映画プロデューサーが撮影のため凱旋門を飛行機でくぐり抜けた者に二千五百万フランの賞金を出すというのだ。マヌーは見事に凱旋門をくぐり抜けたが、危険飛行の罪でパイロット免許をはく奪されてしまった。失業したマヌーは友人ローランの仕事場へ移ったが、仕事は思うように進行しなかった。そんなある日、マヌーは飛行クラブの生徒から聞いた新たなもうけ話の調査に乗りだした。それによるとベルギーのコンゴ移住者が動乱から逃れる途中、莫大な財産を乗せて海に墜落し、財宝が海底に眠っているというのだ。調査の結果、今度こそ間違いないようだった。マヌーとローラン、それに以前ローランの仕事場に作品の材料を探しに来たことで知り合った、現代彫刻家のレティシア(J・シムカス)の三人はスクーナー船に乗りこんで、宝探しを始めた。ついに彼らは素晴らしい仕事をなしとげた。ところがこの財宝に目をつけていた男たちが闇に乗じて襲ってきた。その戦いの中でレティシアは死んだ。危機を脱出した二人は彼女の故郷アイクス島を訪れた。そこには彼女にそっくりの幼い弟がいた。彼らはその少年のために財宝を残し、再び新たな夢へ向かっていく。ローランは要塞島を買い取り、そこでホテルを経営する計画を立てる。それはレティシアの夢でもあった。一度は別の道を行こうとしたマヌーも、ローランとホテルの共同経営者となるために、要塞島を訪れた。ところが、そこに再び財宝を狙う男たちが現れ、マヌーが銃弾に倒れる。彼を抱きかかえ、ローランは「レティシアはお前を愛していた」と嘘をつくのであった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2013年6月下旬号

新・午前十時の映画祭デジタルで甦る永遠の名作:「冒険者たち」「燃えよドラゴン」

2010年代

2019/05/06

75点

レンタル 
字幕


大人の青春譚

ネタバレ

それぞれの夢を追いながらも、夢破れた男女三人の奇妙な友情譚に引き込まれる。そして新たなる夢を共有した果ての、哀しくも痛ましい顛末が観る者の胸を衝く。

主人公三人の互いを思いやる惻隠の情がそこはかとなく漂う大人の青春譚は、「冒険」の本質をストレートに反映したロマンティシズム溢れる人生譚でもあった。

ちなみに、原題の直訳でもある「冒険者たち」というタイトルが言い得て妙で、太平洋単独横断を成し遂げた堀江健一に対して、法的な手続きを踏まえずに密出国したからという理由だけで激しいバッシングを浴びせかけ、その冒険的行為の本質を賞賛することのなかった日本では到底思い及ばぬネーミングだと思う。

2019/05/02

100点

選択しない 


男のロマン

ネタバレ

今現在、私が100点の評価をつけたのが20作品ほどあるが、そのうち2つがアランドロンの主演映画である。この映画と、もう一つが「サムライ」ある。「サムライ」が男の美学であるなら、こちらは男のロマンである。どちらも、私のような凡人にとっては、結局は手の届かないものになってしまった。
冒頭で、アランドロンが演じるマヌーが、ジョアンナシムカスが演じるレティシアを複葉機に乗せて、リノバンチェラが演じるローランが乗ってるピックアップトラックと並走すりシーン、霧のかかったような、そのきめの粗い遠撮のような映像とバックに流れる口笛のメロディ、この部分だけで完全にノックアウトされてしまった。 さらにラストの要塞でマヌーが殺され、波の音と供にその要塞をズームアウトしていき(次第に波の音に加え冒頭のメロディが、口笛ではなくピアノで奏でられる)、要塞の全貌が現れるような撮影も冒頭と同じような感覚で一貫性があり素晴らしかった。
ストーリーももちろん良かった。冒険を夢見る3人の生き方、3人の関係、マヌーとローランの男の友情等。特に男の友情は、「さらば友よ」のような嘘っぽいものではなく、本物を感じた。だから、最後、レティシアは君が好きだったと嘘をついたのだろう(マヌーも分かっていて、「嘘つきめ」と返すが)。

2019/03/27

2019/03/27

75点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 


友情

飛行機野郎(アラン・ドロン)と自動車野郎(リノ・バンチェラ)、それに現代彫刻家の女(ジョアンナ・シムカス)。この3人で宝探しに。
宝は見つけるものの、ギャングたちに狙われ最後に残ったのは・・・。
出会いからして粋。そしてなぜ宝探しに行くかという動機を述べた後、ギャングたちの襲撃や、女との恋。
良くまとまっていてたっぷり楽しめた。ドロンとバンチェラの厚い友情が心にしみる。

2013/07/28

2019/03/04

-点

映画館/神奈川県/TOHOシネマズ海老名 


レティシア…

午前十時の映画祭
鉄屑の中のレティシアを追うオープニングにあのメロディ。彼女はやがて海の底へ沈む運命かと、少し甘酸っぱい感傷がよぎる。多分、これがスクリーンで観る最後の機会になるのだろう。中学のときのTV放送で惚れ込んで以来、青春の映画ではなく、映画の青春であり続けた一篇。ここまでヒロインの名が記憶に焼き付いた映画はない。

2018/12/16

2018/12/16

80点

レンタル/福岡県/TSUTAYA 
字幕


ラストがいいな。

ロベールアンリコ監督です。そしてアランドロンです。アランドロン格好いいです。テーマ曲が好き。明るかったり、シリアスだったり。映画にぴったり。色々あってのあのラストがいいね。ロケーションもいいし。いつか行ってみたい場所ですね。

2018/11/13

2018/11/13

75点

テレビ 


3人とも冒険者。レティシア役のジョアンナ・シムカスが素敵。アラン・ドロン演じるハンサムなマヌーよりローランが好みらしい。要塞の島が印象的。