冒険者たち(1967)

ぼうけんしゃたち|Les Aventuriers|The Last Adventure

冒険者たち(1967)

amazon
レビューの数

101

平均評点

80.1(424人)

観たひと

579

観たいひと

53

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル アクション
製作国 フランス
製作年 1967
公開年月日 1967/5/18
上映時間 113分
製作会社 ソシエテ・ヌーベル・ド・シネマ
配給 大映
レイティング 一般映画
カラー カラー/シネスコ
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ジョゼ・ジョヴァンニの同名小説を、彼と「ふくろうの河」の監督ロベール・アンリコ、ピエール・ペルグリの三人が共同で脚色し、ロベール・アンリコが監督したアクション。撮影はジャン・ボフティ、音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当。出演は「パリは燃えているか」のアラン・ドロン、「女王陛下のダイナマイト」のリノ・ヴァンチュラ、「スタンダールの恋愛論」のジョアンナ・シムカスほか。イーストマンカラー、テクニスコープ。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

マヌー(A・ドロン)とローラン(L・バンチュラ)は、性格はまったく違っていたが、実の兄弟のように仲が良かった。マヌーはパリにある飛行クラブの教師で、ハンサムでスマートな外見に似合わず、驚くほどの命知らずで大ぼら吹きだ。ローランはパリ郊外の廃車置場の中にある奇妙な仕事場に住み、画期的なカー・エンジンの開発に専念していた。ある日マヌーは飛行クラブの生徒から、耳よりな話を聞きこんだ。それはある映画プロデューサーが撮影のため凱旋門を飛行機でくぐり抜けた者に二千五百万フランの賞金を出すというのだ。マヌーは見事に凱旋門をくぐり抜けたが、危険飛行の罪でパイロット免許をはく奪されてしまった。失業したマヌーは友人ローランの仕事場へ移ったが、仕事は思うように進行しなかった。そんなある日、マヌーは飛行クラブの生徒から聞いた新たなもうけ話の調査に乗りだした。それによるとベルギーのコンゴ移住者が動乱から逃れる途中、莫大な財産を乗せて海に墜落し、財宝が海底に眠っているというのだ。調査の結果、今度こそ間違いないようだった。マヌーとローラン、それに以前ローランの仕事場に作品の材料を探しに来たことで知り合った、現代彫刻家のレティシア(J・シムカス)の三人はスクーナー船に乗りこんで、宝探しを始めた。ついに彼らは素晴らしい仕事をなしとげた。ところがこの財宝に目をつけていた男たちが闇に乗じて襲ってきた。その戦いの中でレティシアは死んだ。危機を脱出した二人は彼女の故郷アイクス島を訪れた。そこには彼女にそっくりの幼い弟がいた。彼らはその少年のために財宝を残し、再び新たな夢へ向かっていく。ローランは要塞島を買い取り、そこでホテルを経営する計画を立てる。それはレティシアの夢でもあった。一度は別の道を行こうとしたマヌーも、ローランとホテルの共同経営者となるために、要塞島を訪れた。ところが、そこに再び財宝を狙う男たちが現れ、マヌーが銃弾に倒れる。彼を抱きかかえ、ローランは「レティシアはお前を愛していた」と嘘をつくのであった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2013年6月下旬号

新・午前十時の映画祭デジタルで甦る永遠の名作:「冒険者たち」「燃えよドラゴン」

2019/09/12

2019/09/13

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


我が青春のミューズ、レティシア

 「明日に向って撃て!」と並んでマイ・ベスト・ムービーの「冒険者たち」を久しぶりに再鑑賞した。
 
 アラン・ドロンとリノ・ヴァンチュラの無二の親友同士に若いジョアンナ・シムカスが絡んで、それぞれが夢を追い求める様を描いた青春アクション映画だ。
 本作の出演時、アラン・ドロンとリノ・ヴァンチュラはもう年齢的には若くはなかったが、それぞれ自分の夢を追う求める姿は青年そのもので、そこにジョアンナ・シムカスが加わって、絶妙な世代バランスのトライアングルが本作が永遠に語られる名作になった所以だ。普通なら、シムカスが惚れるのが若くハンサムなドロンと思いきや、武骨なリノ・ヴァンチュラだったというのが、その後の男二人女一人の恋愛モデルの一つのパターンを生み出した。

 ロベール・アンリコ監督のロマンあふれる演出に、フランソワ・ド・ルーベの哀愁のある口笛の音楽が見事にフィットしている。多感な中学生の時に初めて観たことが、本作を私の記憶により強く印象付けたように思う。
 今でも、映画のラストで登場したフランス、ラロシェルのボイヤール要塞島をいつか訪れたいと思っている。
 

2019/08/22

2019/08/22

85点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 


ぶっちぎってんなー。
青春映画でもあり、クライムサスペンス的な要素もあり、アクション映画でもある。
レティシア嬢の天真爛漫さと焼けた肌と時々見せる憂いを帯びた表情に、とにかくぶっちぎってる。
レッドブルエアレースばりの低空飛行、ボンっと爆破するレーシングカー。
文脈と関係なく差し込まれるピアノの旋律と口笛のメロディ。オシャレ。
個人的にはピークが早く来すぎた印象を受けたが、夏に観るべき一本。
レティシア嬢の姿に酔いしれる。
ヘリ撮はもはや感動の域。撮影側でも空を利用していたのが素晴らしい。

2019/07/30

2019/07/30

92点

選択しない 
字幕


おヒゲのアラン・ドロンがめちゃセクシー😍 アメリカンニューシネマ に繋がる空気も感じた。

2019/07/29

2019/07/30

75点

テレビ/無料放送 
字幕


軍艦島(?)のラストが印象的。

ロベール・アンリコ監督による、曲芸飛行・宝探しロマン・アクション。
軽飛行機のパイロット、マヌー(アラン・ドロン)と高性能エンジン開発を夢見るローラン(リノ・ヴァンチュラ)は、兄弟のような仲だった。

(本項のあらすじで「見事に凱旋門をくぐり抜けたが」とあるが、別バージョンがあるのでしょうか。今回見たのは、フランス国旗のために失敗しています。)
(ピアノと口笛のバックミュージックが、つなぎシーンに流れる、斬新で心にひびく・・・。)
(宝探しロマンの展開とギャングとの死闘は、結構、無謀な創作に思えるが、娯楽作品と割り切れば楽しめるかな。)

2019/07/21

2019/07/21

85点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


レティシア

 初めて観たのが高校生の時でとても切ない気持ちになった。その時からレティシアは私の永遠のヒロインになった。夕陽を見ながらローランに自分の思いを伝える時のレティシアがとても美しい。ちなみにパイロットだったらパリ市内の飛行禁止区域くらい知っているのが当然だと思うが・・・。今回その点が気になった。

2019/07/19

2019/07/20

100点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


『戦場にながれる歌』

◎ 日本に関係するシーンが2つある。日本人の事務所と日本料理店が出てくる。いずれも短いシーンで、本筋ともほとんど関係しない。日本人の事務所には日本映画のポスターが貼ってあり、下3分の1ぐらいが画面に映る。調べて観たら、松山善三脚本・監督の『戦場にながれる歌』という1965年作品だった。観たことのある人はどれぐらいいるのだろう。ほとんど知られていないマイナーな作品だ。その日本語のポスターがどういう経緯でフランスに渡り、この名作映画の中に登場することになったのだろうか。
◎ 今回が5度目になる。何度観ても楽しく、すがすがしい気分になれる。撃たれた後もなかなか死なないマヌーに比べ、あっさりいなくなってしまうレティシアの最期が切ない。