5時から7時までのクレオ

ごじからしちじまでのくれお|Cleo de 5 a 7|----

5時から7時までのクレオ

amazon
レビューの数

31

平均評点

72.7(145人)

観たひと

234

観たいひと

22

(C) agnes varda et enfants 1994

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1961
公開年月日 1963/5/24
上映時間 90分
製作会社 ローマ・パリ・フィルム
配給 東和
レイティング
カラー モノクロ/スタンダード
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

予告編 ▲ 閉じる▼ もっと見る

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

新進女流監督アニエス・ヴァルダがみずから脚本を書き演出した心理ドラマ。撮影はジャン・ラビエ、音楽は「新・七つの大罪」のミシェル・ルグラン。出演者は新人女優コリンヌ・マルシャン、アントワーヌ・ブルセイユ、ミシェル・ルグラン、特別出演としてジャン・クロード・ブリアリ、サミー・フレー、ジャン・リュック・ゴダールなど。A・T・G第十二回上映作品。黒白・部分カラー・スタンダードサイズ。特集『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて2017年7月22日より再上映(配給:ザジフィルムズ)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

クレオ(コリンヌ・マルシャン)はブロンド髪の美しい娘。が、最近クレオは悩んでいる。体の具合が悪いのだ。もしガンだったら……と思うと、いてもたってもいられない。先日、彼女は病院で精密検査を受けた。結果の出るのは今日の夕刻。クレオはその時刻の来るのがこわかった。五時。クレオは女占師の前に腰をおろす。占師は彼女が病気であることを見透した。やっぱり……。絶望におそわれたクレオはアパートに帰った。恋人ジョゼがやって来た。彼はいつも忙がしい。一ばん親しいジョゼさえ病気を信じてくれない。クレオは今日ほど自分の孤独を感じたことはなかった。入れかわりに作曲家ボブ(ミシェル・ルグラン)がやって来た。が、陽気な彼さえも、いや誰も彼もがクレオの気持を理解してくれない。彼女は黒い服に着がえて街をさまよい歩いた。カフェでコーヒーをのみ、ジューク・ボックスでレコードを聞いてみるが淋しい。うす明りの公園はまったく人影がない。ひっそりとせせらぎの音に耳を傾けるクレオ……。突然、男の声を耳にした。軍服を着た若い男(アントワーヌ・ブルセイユ)だ。アルジェリアから休暇で帰ってきたその男は、その夜ふたたび戦線へ帰るという。クレオはこの男に親近感ををおぼえた。ともに死の可能性を近い将来に持っていることが二人の心を近づけたのだろうか。クレオは、自分がガンではないかと思っていることを話した。二人は病院までバスにのる。病院の構内。二人はばったり担当の医者に会う。宣告の一瞬。クレオはガンではなかった。二ヵ月も療養すれば治るというのだ。生きる喜びが体中にわき上った。それにクレオはもうひとりではない。今日、芽生えたこのささやかな愛が、きっと彼女の回復を早めるだろう。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1963年6月下旬号

外国映画批評:5時から7時までのクレオ

1963年6月上旬号

外国映画紹介:5時から7時までのクレオ

1963年5月下旬号

新作グラビア:5時から7時までのクレオ

旬報試写室:5時から7時までのクレオ

2021/11/06

2021/11/07

-点

VOD/Amazonプライム・ビデオ 
字幕


顔たちところどころ

ネタバレ

アニエス・ヴァルダ監督の遺作となった『顔たちところどころ』のあの感動の原点を見ることができる傑作。いわゆるヌーベルバーグの初期作品の中でも軍を抜いて美しい仕上がりとなっている映画だろう。この映画を見て連想したのが『シルビアのいる街で』だ。パリを背景にした美しい写真集のような映画は、この映画に影響されているような気がする。

(略)

自分はもしかしたら病気(癌)かもしれない、という心境の中で、2時間の診察結果を待つ時間をそのまま追い続けるという実験的な映画だ。主人公ので歌手のクレオには美しいコリーヌ・マルシャン。全編彼女の美しさが際立つ。そしてヴァルダ監督は主人公の表情を徹底的に追い続ける。女性監督の女性にたいする表情の捉え方は、まるで自分を被写体に投影するかのごときリアリティがある。その不安げな表情。そして出会う人によって夢を見るような表情。街の風景に戸惑わされるような表情など、あらゆる表情が示される。

遺作の『顔たちところどころ』は、ヴァルダ監督自身も登場して、フランス各地の人々の表情を捉える感動の映画だが、1962年に公開された映画では、パリという限定した環境のクレオの表情を追う。人物の表情こそがこの映画の見どころだ。

ミシェル・ルグランらと演奏するシーンはこの映画のハイライトともいえる不思議な感覚をもたらすシーンだ。まるで酔ったように歌い踊るシーンは絶望を忘れようとするようにも見て取れる。

わずか2時間の限定した環境で展開するドラマは、まるでワンカットで捉えたような錯覚を覚える。『1917 命をかけた伝令』や『カメラを止めるな』や『バードマン』などにも影響したと思しき手法だが、この映画の愛らしい部分と被写体の表情の見事さは他に類を見ないものだと思う。

2021/01/17

2021/01/17

70点

映画館/東京都/シネマブルースタジオ 
字幕


そんなにネガティブにならないでネ

【レビュー】
些細なことで、心をネガティブに持たないで、もっと自分を大切にそして、ポジティブに生きてこそ明日が輝く事を訴求した作品。たった、2時間の話だが、何処にでも、誰にでも永い人生の中で巡り合う事象を赤裸々に描いている。
1961年のパリの街並みとクレオに扮したコリンヌ・マルシャンの容姿、ヘアースタイルが妙に輝いていたのは、言うまでもない。
【あらすじ】
ポップシンガーのフロランス・クレオは2時間後の7時にガンの精密検査結果を聞くまでの間に、カード占い師に視てもらうと不吉な予告を受け、更に手相占いも視てもらうが同様であった。クレオが占いの部屋を後にすると、占い師は癌と読み取っていたのだった。
落ち込んだクレオはマネージャーらしき女性アンジェリーナとカフェに入り、店員や周りの男に不安な心情を吐露するのだった。二人は、カフェを出てから気分転換で黒色の冬物の帽子を買うだが、アンジェリーナがクレオの事を気遣って帽子のことに色々とフォローするが、クレオにはまったく何の足しにもならないのだった。タクシーに乗った二人は、運転手に当たりながらも自宅に戻るのだった。そこに、恋人が訪ねてきたのだが、落ち込んでいるクレオはつれない態度をするのだった。
そして、クレオは再び街を彷徨うのだった。歩いていると殺人現場に出くわしたり、手鏡を落として割ってしまい不吉な予兆と言い出したり、手動の動画を観ると不安感が増幅されたり、友達に会うが何の手助けにもならなかった。そして、その友達と別れた後、一人で天文台のある公園で歩いていると一時帰休の兵隊から声を掛けられて、最初は迷惑そうに振舞っていたクレオが、次第に打ち解けていき、クレオがガン検査の事を話すと、二人で路線バスに乗り、病院に向かうのだった。病院の案内所でクレオは結果を知らせてくれる担当の医者が不在と言われ困惑し、院内をあの帰休兵と散策していると、目当ての医師が車でクレオに駆け寄り『放射線治療をすれば,必ず治る』と話すのだった。それを聞いたクレオは、帰休兵と歩きながら、生きてける悦びを噛みしめるのだった。

2021/01/12

2021/01/16

60点

映画館/東京都/シネマブルースタジオ 
字幕


恋愛こそすべて

癌への不安、戦争への不安。どちらも同じ様に彷徨う。同系列として描く感覚が面白い。片方に不安が無くなった途端に恋に落ちる。片方の不安はまだ残るが、アタシは不安から逃れた。個人主義と恋愛至上主義。嗚呼、フランス人って素敵。

2020/12/01

2021/01/12

75点

レンタル 
字幕


瑞々しいロケショット

ネタバレ

夏至の日の夕刻、静けさに包まれる公園で共に死の恐怖を抱える若い男女の偶然の邂逅が生への微かな希望を醸成する。恋のはじまりの期待と高揚は、病いや兵役への不安と苦痛を凌駕することを実感。  

移動やハンディカムや長回しを駆使したロケショットが秀逸で、パリの街角の様子と人々の暮らしぶり、カフェの賑わいや雑踏のざわめきといった当時の世相風俗が瑞々しく伝わってくる。

また、モノトーンの階調を活かしたファッションと背景描写、シークエンス展開に抑揚をもたらすタクシーやバスからの車窓風景、J・コクトーを思わせる鏡やガラスの幻惑的な使い方など、写真家としても活躍したA・ヴァルダの面目躍如たる映像世界が楽しめる。チャプター仕立てのアバンギャルドなドラマ構成と実存的不安をテーマにしたドキュメンタリ―タッチの語り口にヌーヴェルバーグならではの味わいを実感する異色の人間ドラマだった。

あと、主人公が悩みを抱えながらパリの街を彷徨うプロットはE・ロメールの「獅子座」と同様で、本作はヌーヴェルバーグを共に支える左岸派ヴァルダから、カイエ派ロメールへのエールとして贈られたアンサームービ―かもしれないと勝手に妄想する。 

2020/11/18

2020/11/24

65点

選択しない 


人間なんてそんなもの

ネタバレ

 病院で精密検査を受けたクレオ(コリーヌ・マルシャン)が、自分はガンではないかと思い込み死の恐怖に苛まれる。その結果待ちまでの二時間を切り取ったドラマ。劇中のサイレント映画にロイドよろしく登場するゴダールやアンナ・カリーナらの顔ぶれを見てもわかるとおり、ちょっととっつきにくい演出にはヌーベルヴァーグ系映画らしさが漂っている。
 でもゴダールらの映画のような頭でっかちなものではなく、死の恐怖を忘れようと足掻くクレオの滑稽さは我々にもわかりやすいものなので、難解さはあまり感じずに済む。Wikiに書かれているような実存主義がどうのこうのといった小難しいことを考えずとも映画の言わんとすることは自ずと伝わってくると思う。
 自分はガンかもしれないと悩んでいるのに、彼女の世話人や友人たちは皆それほど心配してくれない。心配そうなふりを見せてはくれても所詮他人事という思いが消えない。自分も似たような経験があるので、そういう時の言い知れぬ孤独感というのも何となく理解できる。
 クレオはやたらと街の喧騒の中を彷徨う。なぜなら死の恐怖から逃げたいからにほかならない。ジャニーヌやドロテら友人たちと他愛もない会話を交わして忘れようとしている。でも心ここにあらずという感じで落ち着かない。
 街をひとり彷徨っていても他人の会話がいつもより何故だか耳に入ってきてしまう。生を謳歌している人、死から免れている人々の会話が鬱陶しくさえ感じる。これもよくわかる。明日にも自分の日常は無くなるのではないかという恐怖。
 周囲の会話にはアルジェリアという言葉があちこちで聞こえてくる。公園で出会うアントワーヌもアルジェリア帰りで休暇中の兵士だ。時事ネタを背景に置いて戦争での大量の死と、一人の女性が死と対峙する様子を並置して見せることで死の意味を問うているのかもしれない。でもクレオはアントワーヌといると落ち着く。死という共通点が彼女を安心させる。何だかこの心理もよくわかる。
 でもこの二時間の彷徨いも先生の一言で急に薄らいでしまう。死の恐怖が消え去ったクレオはアントワーヌと見つめ合う。死が消えたとたんに恋が目の前に現れたのだろう。現金なものだ。人間なんてその程度のものさ、という感想。

2020/10/18

2020/10/19

90点

VOD/Amazonプライム・ビデオ/レンタル/テレビ 
字幕


元祖ロードムービー

時間の経過をリアルタイム的に追いながら出会いや出来事が展開していくロードムービー。俳優の仕草や表情がとても自然できれいなのでどこまでが演出なのかと感心します。しかも登場する女性が皆さんとても美しく撮られています。見終わってすぐ見直したくなる名作。