太陽がいっぱい

たいようがいっぱい|Plein Soleil|Purple Noon

太陽がいっぱい

amazon
レビューの数

119

平均評点

81.7(656人)

観たひと

1041

観たいひと

101

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス イタリア
製作年 1960
公開年月日 1960/6/11
上映時間 118分
製作会社 ロベール・エ・レイモン・アキム・プロ=パニタリア
配給 新外映
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

ルネ・クレマンの「海の壁」以来の映画。アラン・ドロンが“天使の顔をした悪人”を演じるサスペンス・ドラマ。英国の女流作家パトリシア・ハイスミスの探偵小説『才人リプレイ君』から、「二重の鍵」のポール・ジェゴフとクレマン自身が脚本・台詞を書いた。撮影も「二重の鍵」のアンリ・ドカエ。音楽は「戦争 はだかの兵隊」のニーノ・ロータ。出演はドロンのほか、新星マリー・ラフォレ、「死刑台のエレベーター」のモーリス・ロネら。製作ロベール・アキムとレイモン・アキム。4Kレストア版が2019年6月28日より公開(配給:KADOKAWA)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

トム・リプレイ(アラン・ドロン)は貧乏なアメリカ青年だ。彼はナポリに、中学時代の友人で金持のドラ息子フィリップ(モーリス・ロネ)を、父親から五千ドルの約束で連れ戻しにきた。フィリップにはパリ生れのマルジェ(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。ナポリから帰ると、フィリップの父から契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。フィリップはトムを邪魔者扱いにしていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。トムはフィリップに強い殺意を抱くようになった。まずマルジュとフィリップに大喧嘩をさせ、彼女が船から下ろすと、ついにフィリップを刺し殺した。死体はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出すこともうまくいった。ホテルにフィリップの叔母が訪ねてきたが、別の下宿に移って事なきを得た。しかし、新しい下宿にフィリップの友人が訪ねてきて、トムに対して疑惑をもったようだ。トムはその男を殺して死体を捨てた。やがて刑事が調べにきた。死体確認に友人たちが集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。トムはその夜、モンジベロへ行き、遺書を書き、金をマルジェに残して、フィリップが自殺したようにみせかけた。そうして元のトムに戻った彼は、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚の約束を交わした。全てがトムの思うままになったのだ。トムは幸福に酔って、浜辺に寝そべり、こうつぶやいた。「太陽がいっぱいだ」と・・・。しかしその時、フィリップのヨットが、引きあげられていた。スクリューにからまったロープの先からフィリップの死体が現われた。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2013年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「太陽がいっぱい」

2010年5月上旬号

午前十時の映画祭:「天井桟敷の人々」「太陽がいっぱい」

1994年6月上旬号

グラビア:太陽がいっぱい

1963年3月下旬号

SB ニッポンの夜:30 太陽がいっぱいの北京曲技団

1960年7月下旬号

外国映画批評:太陽がいっぱい

1960年6月上旬号

ルネ・クレマンの新作「太陽がいっぱい」:

ルネ・クレマンの新作「太陽がいっぱい」:鮮やかなサスペンス・タッチ

外国映画紹介:太陽がいっぱい

2020/07/09

2020/07/09

90点

レンタル 
字幕


26年振りに再見・ロミー・シュナイダーを発見

2020年7月9日に鑑賞。DVDにて。1時間58分12秒。一部、イタリア語。ビスタサイズ・イーストマンカラー。

映画館でリバイバル上映を観て以来、26年振りに再見する。名作であろう。開巻からヒリヒリ感が伝わってくる。アンリ・ドカエの撮影が冴え渡る。ラスト5分のカットの積み重ねが完璧である。もちろん、ニーノ・ロータの名曲が抒情と感傷をさらに深めている。

開巻、絵ハガキとサインを代筆するトム・リプリー(アラン・ドロン)とフィリップ・グリンリーフ(モーリス・ロネ)の所にフレディが来る。女を2人連れている。右側の女性がロミー・シュナイダーである。バストショットが2回映る。IMDbで確認。当時、ドロンとロミーは付き合っていたのか。ルネ・クレマンも「ぎこちないウェイター」として出演している。

アラン・ドロンの上目遣いの「眼」が素晴らしい。ドロンの育ちの良く無さとマッチしている。ラスト近くの下品な口元の笑みも合致している。

今回観て初めて分かった。マルジュ(マリー・ラフォレ)もお金持ちのお嬢さんなんだ。やっと、分かったのかい。恥ずかしい(笑)モンジベロの屋敷はフィリップの家だとばかり思っていたが、マルジュの家である。ヨットも「MARGE」という船名だから、マルジュのものかもしれない。マルジュは50万リラのヨットの残金を自分が払うと言っている。トム「出身が卑いと(フィリップの)父親に嫌われている」フィリップ「上品ぶってるが、魚はナイフで切るな。ナイフの持ち方も違うぞ」とナイフを直す。ローマのアパートでは大家の女主人が買って来たチキンをオーブンから出して、手掴みで食べている。

2020/07/05

2020/07/05

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


パトリックハイスミス

原作も俳優陣も監督も画面も素晴らしい作品。

2020/06/26

2020/06/27

85点

レンタル/埼玉県/ゲオ/ゲオ谷塚店/DVD 
字幕


まばゆい

ネタバレ

淀川長治先生がホモセクシュアルを主張された映画。そのことを知ってあらためて見るとよくわかる。有名なシーンだが、ガラスに向かってトムがフィリップの服を着て鏡にキスをするシーン。原作者のパトリシア・ハイスミスの意思を当時ルネ・クレマンが理解していたかどうかはわからないが、明らかにこの映画の中心となるシーンである。そして冷静に見れば見るほど、トムはマルシュに興味がないことがわかる。かつて見たこの映画は、トムがフィリップからマルシュを奪う目的のドラマかと思っていたが、よくよく見るとトムはマルシュに深い思い入れがない。マルシュを”フィリップに代わって”愛そうとしているだけなのだ。

暗示的なシーンが断片的にいくつもあるのも面白い。トムが海上でフィリップを殺して港に船を戻すと、それを見た老人が「愚かなことだ」とつぶやく。これはまったく脈絡なく示されるシーンである。

冒頭でロミー・シュナイダーがカメオ出演しているのも驚きだ。アラン・ドロンの妻となるロミーがまさか出演しているとは思わなかった。

最初この映画を見たときは、トムがフィリップに成り代わるまでの過程が見事に演出されていて、サスペンスとして上質の映画であるという認識だった。プロジェクターを使ってサインを真似るシーンは極めて印象的である。しかしこの映画で、実は最初のローマのカフェでトムがフィリップのサインを真似しているシーンが出てくる。トムはすでにフィリップと同化していたのだ。船でフィリップを殺害するのも、立場を奪おうとする目的ではなく、トムがフィリップ自身になるために殺人を犯すのだ。

あらゆるシーンが美しく、何よりアラン・ドロンをはじめ俳優陣の若くて美しい姿がまばゆい。歴史に残るべき傑作だ。この映画は目を覆いたくなるようなまばゆさに輝いている。このまばゆい夢のような世界で行われる殺人。そして亡霊のようにつきまとうフィリップの死体。これらの対比がアンチテーゼとなっているのではなかろうか。

1986年

2020/06/15

95点

選択しない 

パトリシア・ハイスミスの原作をルネ・クレマン監督が巧みに演出した
サスペンス映画の傑作。超お勧め作品です。

放蕩息子フィリップ(モーリス・ロネ)を連れ戻すよう彼の父の命を受けた
トム(アラン・ドロン)はナポリにやってくるんですが、ミイラ取りがミイラになった
わけではないのだろうけれど、フィリップや彼の恋人マルジュ(マリー・ラフォレ)と
遊び狂う毎日を送る羽目になってしまいます。
まあ、これは若いからしょうがない所なんですが、金に物を言わせ、フィリップは
トムを友人としてではなく下人扱いにします。
都合のいい小間使いにしか思っていないんですね。
3人でヨットに乗り、海へ繰り出せば、トムにヨットを操縦させ、フィリップはマルジュと
抱き合う。トムはそっと覗き見るんですが、それを知っていて見せつけるように愛し合う
二人。挙げ句の果てにはトムが、目障りになると、悪戯心もあってかボートに乗せ、
ヨットから遠ざけてしまう。
熱い陽に照りつけられたトムは背中に火傷を負って苦しむ。いつしかトムはフィリップに
殺意を、しかもフィリップの財産から恋人からとにかくフィリップのすべてを奪おうと
完全犯罪をもくろむんです。
フィリップの殺人はヨットの上であっさりと成し遂げるんですが、この時の大荒れの海が
ラストへつながっていくんですけど、ここからは、トムがフィリップに成りすますべく周到な
計画と綿密な偽装工作を展開していきます。陳腐な表現ですがまさにスリル満点。
ラストのどんでん返しまで息つく暇もありません。

燦然と照りつける太陽と波光きらめく青い海。アンニュイな雰囲気を巧みに映像で
表現しています。ニーノ・ロータの哀愁充ちた甘美なメロディーが、アラン・ドロンの
陰のある演技と絶妙に調和して作品にのめり込んでしまいます。

尚、この作品。フィィリップとトムの同性愛的描写という指摘もありますが、むしろ
フィリップにナルシスティックな自己同一化を図ろうとした、貧しい青年トムの野望を
丁寧に演出し映画の醍醐味を余すことなく表現したルネ・クレマンの最高傑作だと
思います。

その後、フィルム・ノワール作品でも見せる孤独感あるアラン・ドロンの陰ある演技。
この作品はアラン・ドロンの俳優としての方向性を決定したアラン・ドロンのための
作品でもありました。

それにしてもこの作品でのアラン・ドロンは余りに美しく格好いい。
男としては可憐なマリー・ラフォレについつい目がいってしまうのですけど、アラン・ドロンの
醸し出す美しさには嫉妬にも似たいや脱帽感に苛まれてしまいます。

ロミー・シュナイダーが冒頭のシーンでカメオ出演してるのも必見です。

2020/06/01

2020/06/01

80点

テレビ/無料放送/NHK BSプレミアム 
字幕


何度見ても

2020/3/9 BSプレミアム放送録画を見る。何度見ても完ぺきには覚えていないもので、サスペンスとしての大作の一つである。フィリップ殺害後、人物を成替わるトリックが面白い。特にパスポートサインの偽造場面は鮮明に記憶していた。現在の捜査能力から考えると、ちょっと杜撰だと思うところは多い。アメリカにあてた手紙の指紋や唾液を鑑定すればとか、フィリップの写真を見せれば入れ替わったトムと違うくとがばれる場面も多々あったと思う。ノワールのアラン・ドロンはやはりぴったりの役である。

2020/05/08

2020/05/09

90点

選択しない 


勝手に青春物語かと思ってたけど、全然違った。
とにかくアランドロンにアランともドロンともなる女人の気持ちはわかる。
それほどまでに艶っぽく色気が出まくってる。
船上でのやり取り冗談かと思ってたのに、めちゃくちゃガチだったのね。
説明が少なくてよかったし、全てを手に入れようとするにはあれしかないよね。って筋立ても素晴らしい。なんで金置いてくの!って騙されたけど。
船のグルグル巻きになったロープに搦めとられるようなラストシーン。甘美な破滅シーン。
冒頭の全く関係ない遊びのシーンとか、市場の魚の顔を執拗にインサートするシーンとかの入れ込み具合が洒落てる。
とにかくアランドロン、顔のヨリのインパクトは言葉がなくても心情が伝わってくる。
サスペンスだけど、太陽のようにカラッとしてるのがとにかくいい。