バベットの晩餐会

ばべっとのばんさんかい|Babettes gæstebud|Babette's Feast Babettes Goestebud

バベットの晩餐会

amazon
レビューの数

51

平均評点

77.6(219人)

観たひと

397

観たいひと

39

(C)1987,A-S Panorama Film International.All Rights Reserved
  • KINENOTE Selection映画館で観る
  • VODで観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 デンマーク
製作年 1987
公開年月日 1989/2/18
上映時間 102分
製作会社 A-R・パノラマ・フィルム
配給 シネセゾン
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

19世紀後半のデンマークを舞台に、質素な生活を送っているプロテスタントの村人たちとカトリックの国フランスからやってきたひとりの女性との出会いと当惑、そしてある晩餐会の一夜を描く。製作総指揮はユスツ・ベツァー、製作はボー・クリステンセン、アイザック・ディネーセンの小説の映画化で、監督・脚本は「性歴2000年」のガブリエル・アクセル、撮影はヘニング・クリスチャンセン、音楽はペア・ヌアゴーが担当。出演はステファーヌ・オードラン、ボディル・キェア、ビアギッテ・フェザースピールほか。88年度アカデミー外国語映画受賞作。2016年4月9日よりデジタル・リマスター版を上映(配給:コピアポア・フィルム)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

19世紀後半、デンマークの辺境の小さな漁村に、厳格なプロテスタント牧師(ポウエル・ケアン)の美しい娘、マーチーネ(ヴィーベケ・ハストルプ)とフィリパ(ハンネ・ステンスゴー)は住んでいた。やがてマーチーネには謹慎中の若い士官ローレンス(グドマール・ヴィーヴェソン)が、フィリッパには休暇中の著名なオペラ歌手アシール・パパン(ジャン・フィリップ・ラフォン)がそれぞれ求愛するが、二人は父の仕事を生涯手伝ってゆく決心をし、歳月がたち父が亡くなった後も未婚のままその仕事を献身的に続けていた。そんなある嵐の夜、マーチーネ(ビアギッテ・フェザースピール)とフィリパ(ボディル・キェア)のもとにパパンからの紹介状を持ったバベットという女性(ステファーヌ・オードラン)が、訪ねてきた。パリ・コミューンで家族を失い亡命してきた彼女の、無給でよいから働かせてほしいという申し出に、二人は家政婦としてバベットを家におくことにした。やがて彼女は謎を秘めつつも一家になくてはならない一員となり、祖国フランスとのつながりはパリの友人に買ってもらっている宝くじのみであった。それから14年の月日が流れ父の弟子たちも年老いて、集会の昔からの不幸や嫉妬心によるいさかいの場となったことに心を痛めた姉妹は、父の生誕百周年の晩餐を行うことで皆の心を一つにしようと思いつく。そんな時バベットの宝くじが一万フラン当たり、バベットは晩餐会でフランス料理を作らせてほしいと頼む。姉妹は彼女の初めての頼みを聞いてやることにするが、数日後、彼女が運んできた料理の材料の贅沢さに、質素な生活を旨としてきた姉妹は天罰が下るのではと恐怖を抱くのだった。さて晩餐会の夜、将軍となったローレンス(ヤール・キューレ)も席を連ね、バベットの料理は次第に村人たちの心を解きほぐしてゆく。実はバベットは、コミューン以前「カフェ・アングレ」の女性シェフだったのである。そして晩餐の後パリへ帰るものと思っていたバベットが、この晩餐に一万フラン費やしたことに姉妹は驚くが、やがて今後もこの地に留まりたいというバベットの真意に思い至り、胸をつまらせるのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2016年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「バベットの晩餐会 デジタル・リマスター版」

2010年10月上旬号

午前十時の映画祭:「眺めのいい部屋」「バベットの晩餐会」

1989年5月下旬号

外国映画紹介:バベットの晩餐会

1989年2月上旬号

外国映画批評:バベットの晩餐会

1989年1月下旬号

グラビア:バベットの晩餐会

特集 バベットの晩餐会:評論

特集 バベットの晩餐会:ディネセン論

1988年11月上旬号

試写室:バベットの晩餐会

2016/12/03

2016/12/03

50点

選択しない 
字幕


ワイン

繊細な雰囲気は好きだし料理は食べてみたくなったけど、パッとしない。序盤は楽しく観てたけれど、メインの晩餐会はう~んって感じでした。見落としてるだけで、なにか心境の変化を引き起こした場面があったのだろうか。それとも、食卓を囲むことで変化したのか。どちらにしろ釈然としなかった。まぁなんとなくいい話なんだろうなってことは感じた。

2016/11/26

2016/11/29

80点

映画館/千葉県/キネマ旬報シアター(旧TKPシアター柏) 
字幕


昇華

約20年振りになるか。
デジタル・リマスター版にて再鑑賞。

“神と共に生きる”ということは私には理解し難い。
若く美しかった姉妹の選択も理解し難い。

けれど、姉妹に恋をした男たちの愛は長い歳月を経ても姉妹と共にあり、今この時、バベットという芸術家を通じて、彼らの愛は昇華される。
晩餐後馬車で去っていく将軍の、その迷いのない後ろ姿が美しかった。

共に晩餐を囲んだ村人たちが星空の下、手をつなぎ祈り歌うシーンはなんとも可愛らしくあたたかい。
これこそが姉妹が祈る神のみわざなのかと思う。

そして、信心とはまた別の意志、芸術家の本懐として仕事を成し遂げるバベットが最高にカッコいい。

2016/09/05

2016/09/18

100点

映画館/東京都/新文芸坐 


人生の節々に繰り返し味わいたい映画

大学生で初めて観た時にもいい映画だと思ったけど、20年ぶりに観返してみると、あの頃の自分にはまだ、この映画の味わいは十分にわからなかったのだなあと思う。きっと20年後に観ればまた同じことを思うだろう。空気に触れて味わいを変化させていく赤ワインのように、世の中には人生の節々において繰り返し観るべき映画、読むべき本というものがある。これは間違いなくそうした作品の1つだ。
今回観なおして驚いたのは、この物語のもつ現代性だ。フランス革命によって家族もキャリアも失ってデンマークの寒村に逃れてくるバベットは、現代の難民たちの姿と重なって見える。肉体の歓びを否定しようとする村人たちの頑なな宗教的情熱も、彼らが異文化への拒否感から、14年間もともに暮らし信頼を築いていたバベットに対して不信感を募らせる姿も、まるで、今のこの時代について語られているかのようだ。
19世紀にも21世紀にも、私たちは自分で作り上げた規範や体面や慣習によって自分を縛り、徐々に自由と喜びと寛容さを失くしている。バベットが生み出す料理は、音楽や美術と同様に、ほとんど官能的なまでに感覚を歓ばせ、失望の多い人生を経るうちに頑なに身体に閉じこもってしまった魂をも揺り動かして、世界と和解させる。そのような奇跡を起こしうる芸術は、人生をかけて追い求めるに値するのだ……けっして声高ではなく、深い確信に満ちて、物語は語りかけてくる。この普遍性こそが、この物語を今日においても響かせる力となっているのだろう。
癒しがたい悲しみを抱えながら、持てる才能で美を生み出そうとするバベットの力強いキャラクターの魅力はもちろん、食事の場で唯一、料理の真の価値とバベットの正体に気がつきながらもあくまで控えめな将軍の存在がピリっとしたスパイスになっている。
また次に観る時には、自分はどんな生活を送り、この映画をどう感じるのだろう。その時が楽しみだと思わせてくれる、まさに神様の贈り物のような傑作。

2016/09/16

95点

選択しない 


感動して笑える素敵な作品

自分の人生を振り返った時に、そこにあるのは満足だろうか、後悔だろうか。
人生はいろいろあっても素晴らしいと感じられる作品です。

2016/09/04

2016/09/07

70点

映画館/東京都/新文芸坐 
字幕


フランス料理の楽しみ

本当においしい料理は、その食事が素晴らしいものであることを知らないで食べ始めた人たちの味覚も刺激する。
最初は高級料理に慣れている将軍のまねをしながらだったけれど、だんだん自分たちのテンポで好きなように、リラックスしていった。食事が進むにつれみんな、自然と朗らかな気持ちになって、いがみ合っていた気持ちがなくなっていった。
みんなの気持ちの変化が、会話、もりもり食べる姿、ワインを味わう表情でわかり、私までおいしいものをいただいた気分になった。

2016/09/05

2016/09/05

79点

映画館/東京都/新文芸坐 
字幕


晩餐会の食事が胸に染み入る

ネタバレ

最高のフランス料理は胃袋を満たすだけでなく、人の心までをも優しく包み込む。
敬虔な聖職者である姉妹らが贅沢なディナーの悪夢に悩まされる様が笑いを誘うが、目で見るだけでも料理の美味しさがありありと伝わった。他の料理映画を観たくなった。
孤独なバベットは、家政婦として控えめに姉妹に尽くすが、晩餐会では芸術的な才能を爆発させ、自分の居場所を見出す。