バベットの晩餐会

ばべっとのばんさんかい|Babettes gæstebud|Babette's Feast Babettes Goestebud

バベットの晩餐会

amazon
レビューの数

56

平均評点

77.6(289人)

観たひと

494

観たいひと

50

(C)1987,A-S Panorama Film International.All Rights Reserved
  • KINENOTE Selection映画館で観る

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ドラマ
製作国 デンマーク
製作年 1987
公開年月日 1989/2/18
上映時間 102分
製作会社 A-R・パノラマ・フィルム
配給 シネセゾン
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

19世紀後半のデンマークを舞台に、質素な生活を送っているプロテスタントの村人たちとカトリックの国フランスからやってきたひとりの女性との出会いと当惑、そしてある晩餐会の一夜を描く。製作総指揮はユスツ・ベツァー、製作はボー・クリステンセン、アイザック・ディネーセンの小説の映画化で、監督・脚本は「性歴2000年」のガブリエル・アクセル、撮影はヘニング・クリスチャンセン、音楽はペア・ヌアゴーが担当。出演はステファーヌ・オードラン、ボディル・キェア、ビアギッテ・フェザースピールほか。88年度アカデミー外国語映画受賞作。2016年4月9日よりデジタル・リマスター版を上映(配給:コピアポア・フィルム)。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

19世紀後半、デンマークの辺境の小さな漁村に、厳格なプロテスタント牧師(ポウエル・ケアン)の美しい娘、マーチーネ(ヴィーベケ・ハストルプ)とフィリパ(ハンネ・ステンスゴー)は住んでいた。やがてマーチーネには謹慎中の若い士官ローレンス(グドマール・ヴィーヴェソン)が、フィリッパには休暇中の著名なオペラ歌手アシール・パパン(ジャン・フィリップ・ラフォン)がそれぞれ求愛するが、二人は父の仕事を生涯手伝ってゆく決心をし、歳月がたち父が亡くなった後も未婚のままその仕事を献身的に続けていた。そんなある嵐の夜、マーチーネ(ビアギッテ・フェザースピール)とフィリパ(ボディル・キェア)のもとにパパンからの紹介状を持ったバベットという女性(ステファーヌ・オードラン)が、訪ねてきた。パリ・コミューンで家族を失い亡命してきた彼女の、無給でよいから働かせてほしいという申し出に、二人は家政婦としてバベットを家におくことにした。やがて彼女は謎を秘めつつも一家になくてはならない一員となり、祖国フランスとのつながりはパリの友人に買ってもらっている宝くじのみであった。それから14年の月日が流れ父の弟子たちも年老いて、集会の昔からの不幸や嫉妬心によるいさかいの場となったことに心を痛めた姉妹は、父の生誕百周年の晩餐を行うことで皆の心を一つにしようと思いつく。そんな時バベットの宝くじが一万フラン当たり、バベットは晩餐会でフランス料理を作らせてほしいと頼む。姉妹は彼女の初めての頼みを聞いてやることにするが、数日後、彼女が運んできた料理の材料の贅沢さに、質素な生活を旨としてきた姉妹は天罰が下るのではと恐怖を抱くのだった。さて晩餐会の夜、将軍となったローレンス(ヤール・キューレ)も席を連ね、バベットの料理は次第に村人たちの心を解きほぐしてゆく。実はバベットは、コミューン以前「カフェ・アングレ」の女性シェフだったのである。そして晩餐の後パリへ帰るものと思っていたバベットが、この晩餐に一万フラン費やしたことに姉妹は驚くが、やがて今後もこの地に留まりたいというバベットの真意に思い至り、胸をつまらせるのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2016年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「バベットの晩餐会 デジタル・リマスター版」

2010年10月上旬号

午前十時の映画祭:「眺めのいい部屋」「バベットの晩餐会」

1989年5月下旬号

外国映画紹介:バベットの晩餐会

1989年2月上旬号

外国映画批評:バベットの晩餐会

1989年1月下旬号

グラビア:バベットの晩餐会

特集 バベットの晩餐会:評論

特集 バベットの晩餐会:ディネセン論

1988年11月上旬号

試写室:バベットの晩餐会

2000年代

2019/04/05

70点

レンタル 
字幕


発想の妙

ネタバレ

画面に次々と現れる贅をつくした料理に食欲を刺激され、それを手際よく作りだす料理人たちの職人的な腕の冴えに感心しきり。 寒村に群れ集う人々をシットリと写し撮ったリリカルな情景描写に見入り、宝くじと食事と信仰がダイレクトに結びつく発想の妙光る物語に惹かれるハートウォーミングな人間ドラマだった。

2019/02/14

2019/02/14

50点

テレビ/有料放送/ムービープラス 
字幕


よさかまわからない

おいしい料理は人の心を豊かにするということなんだろうか?
信仰心のない者に、神を説かれても響かない。
時間の無駄を感じた。

2019/02/09

2019/02/09

70点

テレビ/有料放送/ムービープラス 


日本人としては理解できないキリスト教のわけのわからない偽善的な世界観。
子供のいない村、シュリンクしていくんだろう。
そこで過去に救われたフランス人のバベットがフレンチで一世一代のおもてなしを振る舞うという話。
鶉のパイ、カリカリになった頭が美味しそう。
そこまでの腕があるなら他の道もあるんじゃないかと思うけど。
56歳にして観たから、感銘も受けたんだろうけど、もう少し若かったらどうだっただろ?

2018/12/07

2018/12/07

80点

テレビ/有料放送/ムービープラス 
字幕


温度を感じる映画

バベットの晩餐会にすべてを集約させるシンプルな構成が巧い。彼女の作る豪勢なフランス料理は、宗教や文化の違いをも一気に飛び越え、過去の記憶や故郷の郷愁をも呼び覚まし、凝り固まった老人たちの心をも融解していく。円卓を囲んだ人々が味わうこの上ない多幸感と、彼女なりの恩返しとおもてなしの温かさが、屋外の殺風景で寒々とした北欧の風景と対照的に心に染み入る。温度を感じる映画である。

2018/01/24

100点

購入/ブルーレイ 
字幕


自他利行

人に優しく自分にも優しくなれる作品です。
数年前に母と劇場に午前10時の映画祭で観に行きます、今回Blu-rayが発売されたので購入して改めて自宅で鑑賞しました。生きる、食べる、暮らす。多様な価値観がある中で、お互いを認め合い、許し合う精神こそが大事だということを学びました。

2017/02/26

2017/02/26

80点

テレビ/有料放送/IMAGICA BS 
字幕


デンマーク製作のグルメ映画だけど、本当のテーマはご馳走よりも人と人との絆にある。老人になった時、この村の人達のように気軽に集まって食事したりする環境が羨ましくなる。
晩餐会の食事は生きていた亀から作った海亀スープは美味そうだったけど、他の料理はちょっと微妙な感じ。
キャストでは「ハレルヤ」などセリフを一言ずつしか言わないオジさんが、いい味出していた。