ショーシャンクの空に

しょーしゃんくのそらに|THE SHAWSHANK REDEMPTION|THE SHAWSHANK REDEMPTION

ショーシャンクの空に

amazon
レビューの数

268

平均評点

87.0(3486人)

観たひと

5500

観たいひと

479

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1994
公開年月日 1995/6/3
上映時間 143分
製作会社 キャッスルロック・エンターテインメント
配給 松竹富士(松竹=アスミック 提供)
レイティング 一般映画
カラー カラー/ビスタ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
上映フォーマット 35mm
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

20年近くの刑務所生活の中でもおのれを見失わず、ついには脱獄に成功した男の奇妙な逸話の数々と、その親友の囚人をめぐるヒューマン・ドラマ。ホラー小説の大家、スティーブン・キングの非ホラー小説の傑作といわれた中編『刑務所のリタ・ヘイワース』(邦訳は新潮文庫『ゴールデンボーイ』に所収)を、「フランケンシュタイン(1994)」の脚本家、フランク・ダラボンが初監督と脚色を手掛けて映画化。製作はニキ・マーヴィン、撮影は「未来は今」のロジャー・ディーキンス、音楽は「ザ・プレイヤー」のトーマス・ニューマン、美術は「ドクトル・ジバゴ」「オリバー!」で2度アカデミー賞を受賞したテレンス・マーシュがそれぞれ担当。主演は「星に想いを」のティム・ロビンスと「アウトブレイク」のモーガン・フリーマン。共演は「トレスパス」のウィリアム・サドラー、「デモリションマン」のボブ・ガントン、「ナッツ」などのベテラン、ジェームズ・ウィットモアほか。95年度キネマ旬報外国映画ベスト・ワン作品。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

47年、ショーシャンク刑務所。銀行の若き副頭取、アンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)は、妻と間男を殺した罪で刑に服した。誰とも話さなかった彼が1ヶ月後、“調達係 ”のレッド(モーガン・フリーマン)に、鉱物採集の趣味を復活させたいと言い、ロックハンマーを注文する。一方あらくれのボグズ一派に性的行為を強要され常に抵抗したアンディは、2年間生傷が耐えなかった。49年、アンディは屋根の修理作業に駆り出された時、監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が死んだ弟の遺産相続問題で愚痴をこぼしているのを聞き、解決策を助言する。彼は作業中の仲間たちへのビールを報酬に、必要な書類作成を申し出た。取り引きは成立して囚人たちはビールにありつき、彼らはアンディに一目置くようになる。アンディがレッドに女優リタ・ヘイワースの大判ポスターを注文した頃、彼を叩きのめしたボグズはハドレーに半殺しにされ病院送りにされた。ノートン所長(ボブ・ガントン)はアンディを図書係に回すが、これは看守たちの資産運用や税金対策の書類作成をやらせるためだった。アンディは州議会に図書予算請求の手紙を毎週一通ずつ書き始める。6年目に、ついに200ドルの予算を約束する返事と中古図書が送られてきた。アンディはその中にあった『フィガロの結婚』のレコードを所内に流し、囚人たちは心なごんだ。63年、図書室の設備は見違えるように充実していた。所長は、囚人たちの野外奉仕計画を利用して、地元の土建業者たちからワイロを手に入れ、アンディにその金を“洗濯”させていた。65年、ケチなコソ泥で入所したトミー(ギル・ベロウズ)が、以前いた刑務所で同じ房にいた男が「アンディの妻と浮気相手を殺した真犯人は俺だ」と話したと言う。アンディは20年目にやって来た無罪証明の機会に色めきたつが、再審請求を所長は求める彼を相手にしない。所長はアンディが釈放されると、今まで彼にやらせてきた不正の事実が明らかになるのを恐れていた。アンディは懲罰房に入れられ、その間にトミーはハドレーに撃たれて死んだ。その後のある定期検査の日。アンディの房は無人だった。マリリン・モンローからラクエル・ウェルチへ代替わりしていたポスターを剥がすと、その壁には深い穴が開いていた。アンディはあのハンマーで19年間かかって穴を堀り、嵐の晩に脱獄に成功したのだ。アンディは所長たちの不正の事実を明るみにさらし、ハドレーは逮捕され、観念した所長は自殺した。やがてレッドは仮釈放になるが、外の生活に順応できない。彼はアンディの手紙を読み、意を決して今はメキシコで成功している彼の元を訪ねるのだった。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

2019年9月下旬特別号

巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第5弾 1990年代外国映画ベスト・テン:ベスト15 解説

1995年8月下旬上半期決算号

外国映画紹介:ショーシャンクの空に

1995年6月上旬号

特集 ショーシャンクの空に:ティム・ロビンス  インタビュー

特集 ショーシャンクの空に:ティム・ロビンスの魅力

特集 ショーシャンクの空に:作品評

特集 ショーシャンクの空に:スティーヴン・キング映画の系譜

特集 ショーシャンクの空に:キング作品映画化リスト

グラビア 《New Releases [新作映画紹介]》 :ショーシャンクの空に

2022/09/03

2022/09/03

80点

テレビ 
吹替


緻密なストーリーで描く二人の男の友情物語

本作は、高評価作品だが、鑑賞タイミングを見逃した作品だった。ようやく、先日のTV放映時の録画を再生鑑賞した。

本作の舞台は、1940年代~60年代のショーシャンク刑務所。無実の罪で終身刑となった元銀行の副頭取・アンディ(ティム・ロビンス)は、この刑務所に収監される。ここで理不尽極まりない非人道的な仕打ちを受けながらも、次第に囚人たちと打ち解け、何でも調達してくれるレッド(モーガン・フリーマン)と友人になる。そして、ふとした切っ掛けで、銀行でのスキルを活かして看守、刑務所長と親密になっていくが、彼は脱獄を計画し、数十年を費やして遂行していく・・・。

本作は、二面性を持っている。表は、刑務所での二人の囚人・アンディとレッドの友情物語を中心にした群像劇である。裏は、脱獄計画である。無実の罪を背負って刑務所で生涯を終えたくない。自由になりたいという強い執念を感じる。正しく“為せば成る”である。

緻密なストーリー展開、出演者の演技は、非の打ち所がない。完璧である。故に、淡々としたストーリー展開だが、胸が熱くなるシーンは多い。しかし、物足りなさを感じる。

何故か。言語表現主体のシーンが多いからだと推察する。本作は、計算され尽した緻密なストーリー展開で、適材適所に巧みに布石を打っている。それを台詞、ナレーションという言語表現で丁寧に説明しているので、目を閉じても理解できるくらいだ。映像表現主体なのは、暴力シーン、脱獄決行シーン、ラストシーンくらいである。

映画は映像表現と言語表現が合体したものであり、視覚と聴覚で楽しむものである。言語表現主体のシーンが多く、目を閉じても作品を理解できるくらいになると、映像表現は活きてこない。映像表現と言語表現のバランスが取れている作品は、観客の視覚と聴覚を刺激するので観客は強く感動する。本作は、名作であることに揺るぎないが、映画における映像表現と言語表現の在り方について考えさせられる作品である。

2022/08/10

2022/08/11

95点

映画館/神奈川県/kino cinema 横浜みなとみらい 


これまた運命

数少ない100点映画なので、映画館にかかったら、これはもう観に行かないといけない。

素晴らしい。実に素晴らしいんであるが。
初めて観た時の驚き、爽快感は、色褪せて感じてしまった。仕方がないのかなぁ。

ゴッドファーザーとかローマの休日だったら何遍観ても全く色褪せないからなぁ と自分の嗜好を再確認したのであります。

もちろん大好きな映画です。この映画

2022/08/06

2022/08/06

-点

VOD/Hulu/レンタル/PC 
字幕


希望こそ

人間は非情な出来事に遭い続けると耐えられなくなるものだ。それでも苦しみもがきながら、微かな希望を信じること、そうすることでしか、明るい未来を手に入れることはできない。必死に生きる者にしかそんな結末を神は与えてくれない。

2022/07/10

2022/07/23

55点

映画館/千葉県/キネマ旬報シアター(旧TKPシアター柏) 
字幕


音感上映

キング原作の作品は観てきた。原作も読んできた。
本作は、原作は読まず映画も観ていなかった。この機会に観てみようと。
確かに面白い。そして、ハッピーエンド。
刑務所内に流れるモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の伯爵夫人と召使いの二重唱。ラブレター口実筆記の歌。待ち合わせの場所は「松の根方」と歌っている。映画のラストも老木の根本に埋めてあるものがキーワードになる。あの感動的に刑務所内に流れる放送が、物語そのものにかかわるネタになっている。

2022/06/15

2022/06/20

84点

選択しない 


名作は色褪せない

20年前くらいに鑑賞し、「いい映画や」と言い触れ回り、もちろん世間の評価も高い誰もが知ってると言っても過言ではないくらいの作品ですが、名作すぎて、ベタすぎて観るのは2回目だと思います。
ストーリーの記憶は小さな道具で穴を掘って脱獄する、女性のポスターで穴を隠してた、というくらいしか覚えてなかったのですが、改めて鑑賞するといろいろ素晴らしい所が再確認できました。
20年以上刑務所生活をしていると出所しても社会に馴染めず戻りたくなる安全で住み慣れた?刑務所という、施設病や脱走だけでなく、一発逆転の清々しさ、そして友情、様々な要素が盛り込まれた良い映画です。

2022/06/17

2022/06/18

96点

映画館/東京都/グランドシネマサンシャイン池袋 
字幕


希望の持つ力

言わずと知れた傑作。
何度も何度もDVDやロードショーで観てきた作品がようやく映画館のスクリーンで観れるということで初日に足を運んだ。

何回も観てるのに涙が止まらなかった。
アンディとレッドの静かだけどお互いを熱く思いやる友情、希望を持ち続けるだけでなく他者に伝播する力強さを兼ね備えたアンディの信念が鮮明に映っていて一時も目が離せなかった。

映画の長い時間をかけてアンディが囚人達、刑務官達と関係を築く様子を映すことでアンディの信念、忍耐力を表現すると同時に人々の心や考えが動く姿に痺れた。

どんな状況でも希望を持ち続け諦めない人こそが望むように生きるのだという強いメッセージを伝えていたように思う。

Get busy living or get busy dying