血とバラ

ちとばら|Blood and Roses|Blood and Roses

血とバラ

amazon
レビューの数

10

平均評点

82.0(37人)

観たひと

43

観たいひと

14

基本情報▼ もっと見る▲ 閉じる

ジャンル ホラー
製作国 フランス イタリア
製作年 1960
公開年月日 1962/3/7
上映時間 0分
製作会社 パラマウント(E・G・E=ドキュメント)映画
配給 パラマウント映画
レイティング
カラー カラー
アスペクト比
上映フォーマット
メディアタイプ
音声

スタッフ ▼ もっと見る▲ 閉じる

キャスト ▼ もっと見る▲ 閉じる

出演メル・フェラー Leopoldo_De_Karnstein
エルザ・マルティネッリ Georgia_Monteverdi
アネット・ヴァディム Carmilla_Von_Karrstein
ジャック・ルネ・ショーファール Dr._Verari
マルク・アレグレ Judge_Monteverdi
Alberto Bonucci Carlo_Ruggieri
Serge Marquard Giusepp
ガブリエラ・ファリノン Lisa
Renato Speziali Guido_Naldi
Edytee Peters The_Cook
Gianni De Benedetto The Police_Marshal
Carmilla Stroyberg Martha
Nathalie Le Foret Marie

解説 ▼ もっと見る▲ 閉じる

「危険な関係」のロジェ・ヴァディムが、パラマウントと契約して監督した第1作。イタリアの吸血鬼伝説を題材にした新しいスタイルの恐怖映画。アイルランドの作家シェリダン・ルファヌーの怪奇小説「カーミラ」をもとに、ロジェ・ヴァディム以下4人のライターが現代風に書き直したもの。撮影は「女の一生」「ピカソ・天才の秘密」のクロード・ルノワールで、ローマ近郊の古城でロケが行われた。音楽は「素晴らしい風船旅行」のジャン・プロドロミデスが担当。出演は「戦争と平和」「陽はまた昇る」のメル・ファーラー、「赤い砦」「水田地帯」のエルザ・マルティネリ、「危険な関係」のアネット・ヴァディム、「ローマで夜だった」のガブリエラ・ファリノン、ジャック・ルネ・ショーファール、特別出演のマルク・アレグレ監督など。

あらすじ ▼ もっと見る▲ 閉じる

ローマ近郊の古城の荒れ果てた墓地。墓に記された名はほとんどカーンシュタイン。第二次大戦も終わったある日のこと、この墓地の近くを2人の美女が馬に乗って通りすぎた。カーミラ・フォン・カーンシュタイン(アネット・ヴァディム)とジョルジア・モンテベルディ(エルザ・マルティネリ)で、ジョルジアはカーミラのいとこレオポルド・デ・カーンシュタイン(メル・ファーラー)と婚約の間柄だった。その日、カーンシュタイン邸に集まった来客たちの間で、この家の伝説が話題になった。200年ほど前、吸血鬼の呪いにとどめを刺そうと領地の百姓たちがカーンシュタイン家の墓をあばき、屍体に杭を打ち込んだ。しかし最も恐れられていた吸血鬼ミラーカの墓だけは探し出すことが出来なかったというのだ。そのミラーカの肖像画がカーミラにそっくりなのを知った一同は不吉な予感におびえた。カーンシュタイン家での舞踏会の夜、カーミラはいつになく酔って、ミラーカの衣装を持ち出して身にまとい、催しの花火の打ち上げ場へ出て行った。やがて花火が始まるとその音に交って爆発音が起こった。すると古い僧院の壁が崩れ、そこからミラーカの墓が現れた。爆発は戦争中しかけた地雷によるものだと分かったが、その時からカーミラの身に不思議なことが起こった。手が氷のように冷たかったり、昔のダンスを踊ったりするのだ。ある夜、カーミラは召使リザ(ガブリエラ・ファリノン)の前に不意に現れた。何事かに驚いたリザは走り出たまま行方不明になった。やがて、首に傷跡が残ったリザの屍体が発見され、人々は吸血鬼の仕業だと言った。そんなある日、カーミラの姿が見えなくなり、意外な所で死体となって発見された。カーミラは吸血鬼か。怪奇な伝説である。

キネマ旬報の記事 ▼ もっと見る▲ 閉じる

1962年5月上旬号

外国映画批評:血とバラ

1962年3月下旬号

外国映画紹介:血とバラ

1962年3月上旬号

新作グラビア:血とバラ

2020/08/15

2020/08/15

100点

購入/DVD 


輸入イタリア盤。

すみません、作品評ではなく、ヴァージョン違い等について、ごちゃごちゃ書きました。

今日は、イタリア盤でイタリア語で見る。
音声は、フランス語も入っている2か国語仕様である。
ちなみに字幕はイタリア語が2種・・・。

そして、ここが肝心なのだが、画面は(プリントは)ドイツ版である。
これはタイトルで解かる。
ドイツ語で ... und vor lust zu sterben と出る。
       (そして快楽に死す)

英語トリミング版にくらべ、ジャン・プロドロミデスの典雅な音楽が、フランス語版はめちゃ少ない。
イタリア語版で見ると、フランス語版より少し音楽が多めでマシだが、英語版に馴れた私には、どうにもつらい。
加えて、紅いバラが色褪せていく特撮カットがない!
英語版にあった特撮カットがない!
イタリア語ラストは、ミラルカと思われる女性のナレーションで終わる。
(フランス語版ラストは、男の医者のナレーション)
(英語版は、ラスト=女性で、全編にわたって女性のナレーション入れまくり、これはフジテレビで製作された吹き替えも御同様である)

イタリア語鑑賞後、英語圏から出た「デザート・アイランド社」のDVD(海賊版らしい酷い画質=フランス語で英語字幕)をチラ見したら、終盤の幻想(?)シーンが飛んでいて唖然としたが、ヨーロッパ盤に無いエルザ・マルチネリのカットがあってビックリ。
オープニングで題名は ...et mourir de plaisir と出る。
     (そして快楽に死す)

あと、英語版とフランス語版で演技が違う。
つまり同じシーンを、ことごとく二度撮りしている。
ドロンとギャバンの「シシリアン」はそうで、札を破るシーンから玉突きのシーンまで二通りあるので、見比べると微妙に異なるのが歴然。
役者の細かい表情・手つきも御同様である。

ドロンとブロンソンの「さらば友よ」もそうだった。

「血とバラ」、今は、クライテリオン盤か、英語版のシネマスコープ・ヴァージョン版のリリースを待っている。
ま、目標が達成されないというのは、ある意味、幸せかもしれない。

原題名「そして快楽に死す」とは、しかし、何と意味深で魅力的、あるいは悪魔的な題名ではないだろうか。

2017/09/20

2017/09/21

85点

選択しない 
字幕


耽美派吸血鬼恋愛映画

ロジェ・ヴァディム監督の『血とバラ』は日本でソフト化されていません。DVDどころかVHSも出ていませんでした。TV放送は過去に何度かされていますので、録画されたものは貴重なソースです。

『血とバラ』には英語版と仏語版があります。吹き替えた訳ではなく、英語と仏語で二回撮影しているようです。比較してみたいのですが、今回観たTV放映版は英語版だったので、英語版準拠で感想を書きます。

原作はレ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』です。とは言っても映画はほとんど原型を留めていません。主人公の名前がカーミラで吸血鬼だったカルンシュタイン男爵家の末裔というのが原作との唯一の繋がりです。原作に忠実な映画化であれば、ハマーの

時代設定は現代です。最初と最後のシーンは旅客機で、そこにミラーカと名乗る女性のモノローグが被ります。この物語は吸血鬼ミラーカ(カーミラのアナグラム)による回想の形を取っているのです。

お話はカーミラの従兄弟レオポルドが美しいフィアンセのジョージアを迎えるところから始まります。カーミラはレオポルドとは幼い頃から仲が良く、ジョージアの出現はカーミラの心を搔き乱します。

レオポルドとジョージアの婚約披露パーティーで花火師が仕掛けた花火が大戦中の爆弾に引火して大爆発を起こします。すると隠された霊廟が現れ、カーミラは誘われるように入って行ってしまいます・・・。

カーミラの精神の不安定さによるものか、あるいは本当にカルンシュタイン家の一族は吸血鬼の血筋なのか、明確には示されないのですが、とにかく若い娘が怪死し、使用人達は吸血鬼が甦ったと噂します。

耽美的で幻想的な画作りは撮影のクロード・ルノワールの手によるものですが、ビジュアルだけに頼ることなく、レオポルドのメル・ファーラー、ジョージアのエルザ・マルティネッリ、それにカーミラのアネット・ストロイベルグによる三角関係のドラマが観るものに緊張感を与えて、この作品に魅きつけられます。

アネット・ストロイベルグはこの映画撮影当時はヴァディム監督の三番目の妻でした。やはり自分の愛する人だからですね。この映画だのアネットはとても美しく描かれています。

エルザ・マルティネッリは今年亡くなったばかりです。今回は偲んで代表作の一本が観られたことが嬉しいです。

2010年代

2017/04/24

50点

テレビ 
字幕


ストーリー的には平板で、

恐怖描写もない。見どころは耽美的映像だそうですが、世評ほど凄いとは思えない。まあ、その辺は感性の問題かも知れない。しかし、ヴィジュアル頼りの映画は、所詮高が知れてるんじゃないかなあ。

2015/03/09

2015/03/09

100点

選択しない 


輸入イタリア盤DVD、ざっと見報告。映画の感想ではありません。

 尺数、アマゾン表記で87分となってますが(DVD表記も同じ)、着いたものはドイツ盤と同じ78分53秒です。つまりドイツ盤と同じプリント。音声は伊語と仏語です。
 イタリア語ですと、冒頭の、花火屋をまじえての打ち合わせの会話シーン、ミラルカが召使のリザを追いかけるシーンに米版と同じ音楽が付いています。(仏語には無し)
 イタリア語ですと、ファーストとラストシーンの語りも米版と同じ女(吸血鬼)でした。(仏語は医者です)
 発色は良い方。クロード・ルノワールの味わいのよすがはありますが、基本的にはキズもあり、音声はひどいし、良い修復プリントとは言えません。多分、ドイツ版とほとんど変わり無し。
 なお、この作品は当時の慣例?にしたがい、仏語版と英語版で演技し直している可能性があります。つまり一見同じ映画ですが、細かい表情まで見ると違う!かもしれない!
 同じ例にアラン・ドロンの「シシリアン」があります。ジャン・ギャバンは仏語で撮影した後、英語で同じシーンを撮り直すのを、かなり嫌がったようです。

1960年代

2014/11/07

90点

映画館/秋田県 
字幕


官能美の極致

英国作家レ・ファニュ原作の「吸血鬼カーミラ」が原作で、以前はドラキュラ男爵による男役が定番だった吸血鬼を、女性の、それもレスビアンという設定にした画期的作品だった。
イタリアが舞台。結婚を控えた貴族のレオポルドとジョルジア。レオポルド家には吸血鬼伝説が残り、全員根絶やしにされた筈だったが女吸血鬼ミラーカの墓だけが発見されなかった。そのミラーカの肖像画にそっくりなレオポルドの従妹カーミラ。ある夜、カーミラはジョルジアの寝室におもむき、ジョルジアは奇妙な夢を見る。
撮影監督クロード・ルノワールのカメラワークの華麗で官能的な美しさに魅せられる。ことに、夢の中の血だけが真っ赤にねっとりと流れるモノクロシーンは映像美の極限を極めた映画史に残る名シーンである。
カーミラ役のアネット・ヴァディムの官能的な美しさは、白痴美と言っていいほどで、ことにジョルジア役のエルザ・マルティネリとの絡みのシーンはもはや官能美の極致である。夫のロジェ・ヴァディムを虜にさせたのも充分に頷くことができる。アネット・ヴァディムは完成後間もなく離婚するが、その後は目立った作品出演もなく引退する。

1983/09/16

2014/09/30

100点

その他/TVK神奈川テレビ 
吹替


神奈川テレビでエアチェック。

昔、フジテレビでオンエアした吹き替えトリミング版を神奈川テレビで放送。

女性の嫉妬を描きながら、レズビアンも描く変わった映画である。
女吸血鬼ものとしても上品さがあり、稀有。
一にも二にも、ジャン・プロドロミデスの典雅なミュージックの《おかげ》だが。