男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

とってもゴースト

  • とってもごーすと
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    63.3点(7人)

  • 観たひと

    8

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ミュージカル / ファンタジー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020/2/15
上映時間 90分
製作会社 Japanese Musical Cinema=埼玉県=SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ(製作協力:THE DIRECTORS ALLIANCE/制作協力:ヒューマンデザイン)
配給 シンカ(配給協力:埼玉県=SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ)
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督角川裕明 
上映脚本中井由梨子 
企画井西政彦 
プロデューサーニック・ウエムラ 
撮影監督曽根剛 
撮影田宮健彦 
音楽監督田中啓介 
録音古茂田耕吉 
池田知久 
照明本間光平 
スタイリスト高木渚 
ヘアメイク中島由起子 
MA高田義紀 
南裕貴弥 
編曲田中啓介 
制作主任矢野直江 
制作担当棚瀬雅俊 
制作進行鹿島渚 
鈴木ミチル 
建畠慶子 
助監督大神田リキ 
スチール花井智子 
VFX高辻仁 
小川和之 
振付舞宮奈央 
タイトルロゴデザイン野村華那子 
撮影助手高嶋聡 
宣伝プロデューサー鈴木啓太 

キャスト

出演安蘭けい 入江ユキ
古舘佑太郎 服部光司
永山たかし 天界のガイド
tekkan 
伽藍琳 

(C)2020 Japanese Musical Cinema/Human Design Inc./THE DIRECTORS ALLIANCE Inc.

場面

予告編


     

解説

音楽座ミュージカルの舞台を、宝塚歌劇団元トップスターの安蘭けいとバンド『2』のヴォーカルで連続テレビ小説『ひよっこ』に出演した古舘佑太郎のW主演で映画化。事故死したユキは夜の街をさすらううちに、限られた時間だけ彼女の姿が見える光司と出会う。監督は、シンガーソングライター・俳優であり、初監督作「ユメのおと」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012短編部門最優秀作品賞を受賞、オムニバス「埼玉家族」の一編「父親輪舞曲-ちちおやロンド-」を手がけ、ミュージカル文化を広める活動をする角川裕明。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の関連企画・埼玉関連映画上映にて上映。

あらすじ

ファッションデザイナーの入江ユキ(安蘭けい)は、自身のブランドのファッションショー前日に自動車事故により落命するが、死んだことに気付かないままショーの会場へ。誰にも見られず声も届かず、混乱しているところに、天界のガイド(永山たかし)がお迎えにやって来る。しかしまだ死ねないとの思いに突き動かされ、ユキはその場から逃げてしまう。街をさまよい歩くうちに深夜になり、靴のデザイナーを志す学生の服部光司(古舘佑太郎)と出会うユキ。午前0時から3時の霊界タイムと呼ばれる間だけ光司は何故かユキの姿が見え、会話もできた。互いの人柄に触れ合ううちに二人の心に温かな感情が芽生え始めるが……。

関連するキネマ旬報の記事