男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

台風家族

  • たいふうかぞく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.3点(190人)

  • 観たひと

    244

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/9/6
上映時間 108分
製作会社 木下グループ (制作プロダクション:キノフィルムズ=ブースタープロジェクト)
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督市井昌秀 
脚本市井昌秀 
製作総指揮木下直哉 
プロデューサー武部由実子 
中林千賀子 
制作担当高橋輝光 
撮影灰原隆裕 
美術装飾大藤邦康 
音楽スパム春日井 
主題歌フラワーカンパニーズ:(『西陽』(チキン・スキン・レコード))
録音田中博信 
照明谷本幸治 
編集森下博昭 
衣裳渡部祥子 
ヘアメイク永嶋麻子 
ライン・プロデューサー傅野貴之 
助監督吉田和弘 
スクリプター川野恵美 

キャスト

出演草彅剛 鈴木小鉄
新井浩文 鈴木京介
MEGUMI 鈴木麗奈
中村倫也 鈴木千尋
尾野真千子 鈴木美代子
甲田まひる 鈴木ユズキ
長内映里香 富永月子
若葉竜也 佐藤登志雄
榊原るみ 鈴木光子
藤竜也 鈴木一鉄
相島一之 山田稔
斉藤暁 満福寺さん

(C)2019「台風家族」フィルムパートナーズ

場面

解説

「箱入り息子の恋」の市井昌秀が“両親への想い”をヒントに創作したヒューマンドラマ。老人が銀行で2000万円を強盗し、霊柩車で妻と共に行方をくらました事件があった。10年後、その子どもたちが実家に集まり、財産分与のために見せかけの葬儀を行う。出演は、「まく子」の草彅剛、「アイネクライネナハトムジーク」のMEGUMI、「長いお別れ」の中村倫也、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の尾野真千子、「愛がなんだ」の若葉竜也。

あらすじ

紙袋を覆面代わりに被った老人が地方銀行で2000万円を強盗し、宮型霊柩車で妻と共に行方をくらました強盗事件はあっという間にニュースになったが、老夫婦の行方も2000万円も不明のまま月日は流れた。2018年、台風が近づくある夏の日、鈴木小鉄(草彅剛)は妻の美代子(尾野真千子)と娘のユズキ(甲田まひる)を連れ、実家へ車を走らせる。10年前に銀行強盗をした両親は行方不明のままだが、きょうだいで財産分与を行うため、形式的な葬儀をすることになったのだ。葬儀屋を併設した古びた二階建ての日本家屋の実家の居間には2つの棺桶が並び、小さな写真立てには28年前の両親の写真が入れられている。しばらくして長女の麗奈(MEGUMI)が到着する。麗奈は事件のせいで離婚し、今は付き合っている男性はいるが独身だ。ほどなく住職の萬福寺さん(斉藤暁)がやってきて、見せかけの葬儀が始まる。遅れて次男の京介がやってくる。兄の小鉄と仲が悪く、小鉄が遺産を独り占めしようとしているのではないかと勘繰っている。末っ子の千尋が姿を現さないまま、葬儀は終わる。仕方なく3人で財産分与の話し合いを始めるが、預金や保険は大した額ではなく、遺産は土地と家だけだった。どんな仕事も長続きしない小鉄は何としてもいちばん多くもらいたいと思っていた。話し合いの最中、インターフォンが鳴る。ようやく千尋が来たのかと思いきや、そこに立っていたのは、茶髪のチャラチャラした男だった。見知らぬ訪問者によって、話し合いは思わぬ方向へ転がっていき、きょうだいがこれまで溜めてきた想いや、小鉄とユズキの間にある溝が浮き彫りになる。そして両親が起こした事件の背景とは? 台風が近づくなか、鈴木家にも嵐が巻き起こる……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年9月下旬特別号

撮影現場ルポ「台風家族」:

UPCOMING 新作紹介:「台風家族」