男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブレードランナー 2049

  • ぶれーどらんなーにーぜろよんきゅう
  • BLADE RUNNER 2049
  • BLADE RUNNER 2049
  • 平均評点

    77.8点(1468人)

  • 観たひと

    1861

  • 観たいひと

    226

  • レビューの数

    246

基本情報

ジャンル SF / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2017/10/27
上映時間 163分
製作会社 アルコン・エンターテインメント
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

予告編


     

解説

リドリー・スコット監督作品「ブレードランナー」の続編。前作の30年後にあたる2049年のカリフォルニア。違法レプリカントを取り締まるブレードランナーのKは、人類の存亡に関わる巨大な陰謀と、その闇を暴く鍵となる男デッガードの存在にたどり着く。監督は、「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。出演は、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のハリソン・フォード、「ワンダーウーマン」のロビン・ライト、「スーサイド・スクワッド」のジャレッド・レト、「スクランブル」のアナ・デ・アルマス。

あらすじ

2049年、カリフォルニアは貧困と病気が蔓延していた。労働力として人間と見分けのつかないレプリカントが製造され、人間社会と危うい共存関係にあった。しかし、人類への反乱を目論み社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントは、ブレードランナーと呼ばれる捜査官が取り締まり、2つの社会の均衡と秩序を守っていた。LA市警のブレードランナー・K(ライアン・ゴズリング)はある事件の捜査中に、レプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の巨大な陰謀を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていたデッガード(ハリソン・フォード)にたどり着く。デッガードが命を懸けて守り続けてきた秘密とは? 二つの社会の秩序を崩壊させ、人類の存亡に関わる真実が明かされる……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2017年 第91回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2017年12月下旬号

読者の映画評:「ナラタージュ」竹村玲子/「ブレードランナー2049」小倉奏夫/「ドリーム」小島弘之

2017年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ブレードランナー 2049」

2017年11月上旬特別号

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:イントロダクション

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:インタビュー ライアン・ゴズリング、ドゥニ・ヴィルヌーヴ[監督]

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:作品評

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:「ブレードランナー」を語る 渡辺信一郎、冲方丁

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:インタビュー 石黒浩

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:インタビュー 中子真治

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:イラストコラム

「ブレードランナー 2049」 35年目の〈未来(ディストピア)〉:特別対談 大森望×中原昌也

UPCOMING 新作紹介:「ブレードランナー 2049」

2017年8月上旬号

監督×俳優 最強/注目コンビの話題作2017-2018:〈話題のハリウッド大作〉ドゥニ・ヴィルヌーヴ×ライアン・ゴズリング 「ブレードランナー 2049」