男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラストミッション

  • らすとみっしょん
  • 3 Days to Kill
  • 3 Days to Kill
  • 平均評点

    66.8点(234人)

  • 観たひと

    334

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    37

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2014/6/21
上映時間 117分
製作会社 EuropaCorp=Wonderland Sound and Vision
配給 ショウゲート(「ラストミッション」フィルムパートナーズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2013 3DTK INC.

解説

「レオン」のリュック・ベッソンが原案・脚本を担当、「チャーリーズ・エンジェル」のマックGが監督、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のケヴィン・コスナー主演によるサスペンスアクション。パリを舞台に、不治の病に冒されたベテランエージェントが最後のミッションに挑む姿を描く。共演は「ザ・ウォード 監禁病棟」のアンバー・ハード、「トゥルー・グリット」のヘイリー・スタインフェルド。

あらすじ

任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)は、医師から余命3ヶ月と告げられる。残された時間を家族と過ごそうと、彼はパリへ向かうが空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)との溝は深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が現れ、病に効く試験薬を提供する代わりにある仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺という危険な仕事であった。イーサンは、これが現役最後の仕事として引き受けるのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ラストミッション」

2014年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ラストミッション」