男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

人類資金

  • じんるいしきん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    56.3点(324人)

  • 観たひと

    501

  • 観たいひと

    50

  • レビューの数

    68

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/10/19
上映時間 140分
製作会社 「人類資金」製作委員会(木下グループ=松竹=テレビ東京=講談社=ハピネット=ギークピクチュアズ=GyaO!=クロスメディアインターナショナル=KИHO)(VFX デジタル・フロンティア)(企画 KИHO)(制作プロダクション KИHO=キノフィルムズ)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督阪本順治 
脚本阪本順治 
福井晴敏 
原作福井晴敏:(「人類資金」講談社刊)
製作補松田憲一良 
プロデューサー椎井友紀子 
協力プロデューサー池田史嗣 
武部由実子 
撮影笠松則通 
美術原田満生 
音楽安川午朗 
音楽プロデューサー津島玄一 
録音照井康政 
照明岩下和裕 
編集早野亮 
衣裳デザイン岩崎文男 
メイク豊川京子 
製作担当福井一夫 
監督補井川浩哉 
助監督小野寺昭洋 
スクリプター今村治子 
VFXスーパーバイザー神谷誠 
アクションコーディネーター諸鍛冶裕太 
製作代表木下直哉 
秋元一孝 
井澤昌平 
入江祥雄 
藤岡修 
小佐野保 
クリストファー・フライ 
宮本直人 

キャスト

出演佐藤浩市 真舟雄一
香取慎吾 
森山未來 石優樹
観月ありさ 高遠美由紀
石橋蓮司 北村刑事
豊川悦司 ハリー遠藤
寺島進 酒田忠
三浦誠己 辻井
岸部一徳 本庄一義
オダギリジョー 鵠沼英司
ユ・ジテ 遠藤治
ヴィンセント・ギャロ ハロルド・マーカス
仲代達矢 笹倉暢彦

(C)2013「人類資金」製作委員会

解説

GHQに接収された旧日本軍の秘密資金と言われているM資金をめぐる社会派ミステリー。監督は「北のカナリアたち」「KT」など骨太な作品を数多く輩出する阪本順治。原作は『亡国のイージス』でも阪本監督と組んだ福井晴敏の書き下ろし小説。謀殺された父と同じM資金詐欺の道に踏み込み不可解な出来事に巻き込まれていく男を「ザ・マジックアワー」「KT」の佐藤浩市が演じる。ほか、「座頭市 THE LAST」の香取慎吾、「苦役列車」の森山未來、「ぼくんち」の観月ありさ、「北の零年」の石橋蓮司、「春との旅」の仲代達矢らが出演。また、「エッセンシャル・キリング」のヴィンセント・ギャロや「オールド・ボーイ」のユ・ジテといった海外実力派俳優も参加。

あらすじ

1945年、敗戦を不服とする反乱兵たちが日本軍の秘密資金を持ちだしていた。総量600トンにも及ぶ金塊を回収しに来た笹倉雅実大尉は、この先、資本という怪物を相手に戦うことになると見据え、金塊を軍に戻さず海へ沈める。2014年、父と同じくM資金詐欺の道を進む真舟雄一(佐藤浩市)は、相棒の酒田(寺島進)といつものように交渉を進めようとしたところ、彼を追っている北村刑事(石橋蓮司)が現れる。逃げようとする真舟に石優樹(森山未來)と名乗る男が近づき、“財団”の人間が真舟を待っているので同行してほしいと告げる。日本国際文化振興会、前身は日本国際経済研究所というその“財団”の名は、何者かに謀殺された父が死の間際にためていたノートの中にあり、真舟自身も詐欺をするときに使っているものだった。M資金は実在するのか、実在するなら一体何なのか。真舟は石の言葉に導かれるように“財団”のビルへ向かう。そこへ、防衛省の秘密組織に属する高遠美由紀(観月ありさ)とその部下・辻井(三浦誠己)らが現れ、真舟を阻止しようとする。逃げる真舟と石に向かい、このままでは消されると忠告する。翌朝、真舟と石はあるビルへ向かい、そこで本庄一義(岸部一徳)と会う。本庄は、M資金を10兆円盗み出すことを真舟に依頼。報酬は50億用意するとのことだった。仮の名を“M”(香取慎吾)という真の依頼者も現れ、かつて日本復興のために使われたものの今や単なる投資ファンドになり下がっているM資金を盗み出しマネー経済の悪しきルールを変えたいと話す。カネでカネを買うマネーゲームが世界を空洞化させており、そんな世界を救いたいという“M”に共感する真舟。破格の報酬とM資金の正体を知りたいという欲求が合わさり、真舟はこの話に乗ることにする。現在M資金は投資顧問会社代表を務める笹倉暢彦(仲代達矢)が率いる“財団”によって管理されているが、その実権はニューヨークの投資銀行が掌握。M資金を盗み出すために、真舟らは世界規模のマネーゲームを企てる。そんな彼らは、先物取引で失敗し、財務操作を重ねて損失隠しをしている財団の極東支部となっているロシア・極東ヘッジファンド代表の鵠沼(オダギリジョー)に目を付ける。計画が順調に進んでいるように見えたが、たった一つミスをおかしたことから事がうまく運ばなくなる。そんな異常な動きをニューヨーク投資銀行のハロルド・マーカス(ヴィンセント・ギャロ)が察知し、すぐさま清算人(ユ・ジテ)と呼ばれる暗殺者を真舟や石のもとに送り込む。真舟や石は監視され、追い詰められていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年5月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「人類資金」

2013年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「人類資金」

2013年11月上旬号

映画は世界を変えられる 阪本順治とKИHOの20年「人類資金」:対談 阪本順治(監督)×椎井友紀子(プロデューサー) 司会:山根貞男

映画は世界を変えられる 阪本順治とKИHOの20年「人類資金」:日本映画、この20年

映画は世界を変えられる 阪本順治とKИHOの20年「人類資金」:もう稲妻が走ることはないかもしれない 「どついたるねん」から「人類資金」へ

2013年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「人類資金」

2013年9月下旬号

【巻頭特集】2013年秋冬目玉作、総ざらい お楽しみはこれからだ!!:撮影現場ルポ 「人類資金」「清須会議」「永遠の0」

臨時増刊9月14日号 KINEJUN next vol.06

The new movie of recommend:「人類資金」

The new movie of recommend:「人類資金」Interview:阪本順治監督

臨時増刊5月18日号 KINEJUN next vol.05

特集 SMAP×ACTOR:Report:撮影現場ルポ「人類資金」

2013年5月上旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP

2013年4月上旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP