男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビンゴ(2012)

  • びんご
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    55.5点(11人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/9/22
上映時間 99分
製作会社 「ビンゴ」製作委員会(制作プロダクション ジョリー・ロジャー)
配給 ジョリー・ロジャー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督福田陽平 
脚本山田政史 
福田陽平 
原作山田悠介 
製作酒匂暢彦 
大橋孝史 
プロデューサー上野境介 
撮影根岸憲一 
美術山下修侍 
録音西岡正己 
照明上村奈帆 
ライン・プロデューサー大川裕紀 

キャスト

出演清水一希 
松井咲子AKB48

(C) 2012「ビンゴ」製作委員会

解説

「リアル鬼ごっこ」シリーズで知られる山田悠介の短編小説を映画化。死刑にビンゴゲームが導入された近未来を舞台に、ある罪によって殺人ビンゴに参加させられた主人公が体験する恐怖と謎を描いたホラー。出演は『海賊戦隊ゴーカイジャー』の清水一希、アイドルグループ“AKB48”のメンバーとして活躍する松井咲子。

あらすじ

20XX年。日本で死刑制度の大改正が行われた。囚人たちを死刑にするかどうか、被害者家族たちがビンゴで決めることになったのである。ある罪で刑務所に収監されている正哉(清水一希)が、凶悪殺人犯たちと共に連行されたのは、不気味な巨大ビンゴカードの上。そこは、自分がビンゴになれば即死刑執行となる“人間ビンゴ”の会場だった。マジックミラー越しの別の部屋には、ビンゴを操る人間たちの姿が……。その中には、正哉を見つめる謎の女性・真弓(松井咲子)の姿もあった。果たして、正哉の犯した罪とは何なのか?正哉と真弓の関係は?裏の裏をゆくその全てが、次第に明らかになってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ビンゴ」

2012年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ビンゴ」