男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

青春Hシリーズ 先生、おなか痛いです

  • せいしゅんえいちしりーずせんせいおなかいたいです
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    53.2点(6人)

  • 観たひと

    6

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ / エロス
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/3/24
上映時間 71分
製作会社 アートポート(制作プロダクション 東京レイダース)
配給 アートポート
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督深井朝子 
脚本深井朝子 
企画高崎正年 
製作松下順一 
プロデューサー小貫英樹 
奥野邦洋 
撮影佐久間栄一 
録音小林理子 
荒井るり子 
編集小松洋平 
アシスタントプロデューサー松下達郎 

キャスト

解説

“青春”と“H”をテーマに作品を送り出す“青春H”シリーズ第21弾。幼なじみと再会した風俗嬢の学生時代の思い出を描く。監督は、シリーズ初の女性監督となる「梅田優子の告白」の深井朝子。出演は、本作が映画初出演となる野中あんり、「Heart Beat」の飯島英幸、「若きロッテちゃんの悩み」の川上洋一郎。

あらすじ

おっぱぷで働く美雨(野中あんり)の口癖は、『帰りたい』。店に出勤するなり帰りたい、家にいても帰りたいと口にしてしまう。ある日、学生時代の同級生・涼馬(飯島英幸)が、店に客としてやってくる。美雨は驚きながら、その再会をきっかけに、錆びついた学生時代の出来事を思い出していく。ともに母子家庭であった美雨と涼馬は幼なじみだったが、美雨のある行為を目撃したことをきっかけに、涼馬が彼女を追いかけ回すようになった。

関連するキネマ旬報の記事

2012年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「先生、おなか痛いです」

2012年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:青春Hシリーズ「先生、おなか痛いです」