男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

さあ帰ろう、ペダルをこいで

  • さあかえろうぺだるをこいで
  • SVETAT E GOLYAM I SPASENIE DEBNE OTVSYAKADE
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.0点(59人)

  • 観たひと

    86

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ブルガリア=ドイツ=ハンガリー=スロベニア=セルビア
製作年 2008
公開年月日 2012/5/12
上映時間 105分
製作会社 RFF International=Pallas Film=Vertigo/Emotionfilm = Inforg Studio=BNT
配給 エスピーオー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ミキ・マノイロヴィッチ Bai Dan
カルロ・リューベック Aleksander 'Sashko' Georgiev
フリスト・ムタフチェフ Vasil 'Vasko' Georgiev
アナ・パパドプル Yana Georgieva
ドルカ・グリルシュ Maria

(C) RFF INTERNATIONAL, PALLAS FILM, INFORG STUDIO, VERTIGO / EMOTIONFILM and DAKAR, 2008 All rights Reserved

解説

国家の歴史に翻弄され離ればなれに暮らしていた祖父と孫が、ドイツから故郷ブルガリアへとタンデム自転車で旅をするロードムービー。監督は、ブルガリアの新鋭ステファン・コマンダレフ。出演は「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロヴィッチ、『ガーディアン -ハンニバル戦記-』のフリスト・ムタフチェフ、『アメリカへの手紙』のアナ・パパドプル。

あらすじ

1983年、共産党政権下のブルガリア。アレックス少年の住むのどかで小さな田舎町にも不穏な影が忍び寄ってくる。町でいちばんバックギャモンが上手なアレックスの祖父バイ・ダン(ミキ・マノイロヴィッチ)を、民兵がじっと見張っていた。その民兵は、アレックスの父・ヴァスコ(フリスト・ムタフチェフ)が勤める工場の上司でもあり、バイ・ダンを見張ることと、その動向と発言を逐一密告することをヴァスコに命じる。だがどうしてもその命令を受け入れることが出来ないヴァスコは、妻ヤナ(アナ・パパドプル)とアレックスを連れて、ドイツへ亡命する決意をする。25年後のドイツ。久しぶりにブルガリアへと里帰りする途中、アレックス一家は交通事故に遭ってしまう。アレックス(カルロ・リューベック)が意識を取り戻したとき、彼は病院のベッドにいた。両親はその事故で命を落とし、アレックスは記憶を失う。そんな孫を心配して、ブルガリアから祖父バイ・ダンがドイツへやって来るが、アレックスは彼のことも覚えていなかった。アレックスが一人暮らしをしていたアパートに忍び込んだバイ・ダンは、アレックスが電気製品の説明書の翻訳の仕事をしていることや、親しい友人やガールフレンドもおらず引きこもりに近い生活をしていることを知る。バイ・ダンは、連日病院に来てアレックスを見舞いながら、幼い頃教えたバックギャモンを再びアレックスに教える。そんなある日、快復の兆しがみえたアレックスを、バイ・ダンは無理やり退院させ、タンデム自転車に乗って故郷ブルガリアに向かう旅へと誘う。ヨーロッパ大陸を横断しながら、バックギャモンに興じるふたり。やがてシンプルかつ非常に複雑なこのゲームが、アレックスに自分自身を取り戻させ、彼のそれまでの人生を知る鍵となる。人生とは天から与えられる「運」によるところもありながら、あくまでサイコロを振るのは自分であり、人生を切り拓いてゆくのもまた自分自身なのだと。そして旅の途中、とある施設に立ち寄ったアレックスは、そこですべての記憶を取り戻す……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年6月上旬号

キネ旬セレクト:「さあ帰ろう、ペダルをこいで」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「さあ帰ろう、ペダルをこいで」

2012年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「さあ帰ろう、ペダルをこいで」