男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スター80

  • すたーえいてぃー
  • Star 80
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.5点(21人)

  • 観たひと

    34

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984/4/28
上映時間 0分
製作会社 ラッド・カンパニー作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

1980年の『プレイボーイ』誌のプレイメイト・オヴ・ザ・イヤーに選ばれた金髪グラマー女性ドロシー・ストラットンの衝撃的な死を基に、その死の真相を描く。製作はウォルフガング・グラッテスとケネス・アット、監督・脚本は「オール・ザット・ジャズ」のボブ・フォッシー、原作はテレサ・カーペンター、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はラルフ・バーンズ、編集はアラン・ハイムが担当。出演はマリエル・ヘミングウェイ、エリック・ロバーツ、クリフ・ロバートソン、キャロル・ベイカー、ロジャー・リースなど。パナビジョンで撮影。

あらすじ

1979年、バンクーバー。ドロシー・ストラットン(マリエル・ヘミングウェイ)は、学生生活を終えて、デイリー・クインのカウンターで働く、平凡な女の子だった。ところが、そんな彼女に目をつけた男がいた。定職をもたず、自分の容貌のいいことを利用して女をひっかけるポール・シュナイダー(エリック・ロバーツ)だ。ドロシーも、シュナイダーの標的になったのだ。しかし、ポールは、ドロシーに対しては本気になった。ドロシーの母(キャロル・ベイカー)や弟妹たちに自分をきちっと紹介するドロシーのまじめさや彼女の天性の明るさが、暗い青春を過ごして来たポールにこれまでにない安らぎを与えていたのだ。そんな頃、以前にポールが送ったドロシーのポートレート写真が、『プレイボーイ』誌のオーナーであるヒュー・へフナー(クリフ・ロバートソン)氏の目にとまり、プレイメイトのテストを受けるように勧められた。そして彼女は1人ロスに出て、有名なプレイボーイ・マンションの一員となった。ポールは、すぐに後を追いドロシーにつきまとい、ついには結婚を迫った。純真なドロシーは、ヘフナー氏らの反対を押し切って結婚した。ドロシーの稼ぎがいいことにベンツを乗り回し、プレイボーイ・マンションに出入りし、他のプレイメートたちにもチョッカイを出すことに欲を出すポール。しかし、ポールの出すぎた態度は周囲のひんしゅくを買った。そして、それは、ドロシーの目にも良くは映らなかった。有名な監督アラム(ロジャー・リース)や脚本家たちと接する毎日は、ポールからは得られない精神的にも満足のゆくものだった。ポールの嫉妬心は深まっていった。ポールとアラムの間で苦しむドロシー。その彼女が80年度のプレイメイト・オヴ・ザ・イヤーに選ばれ、アラム監督の映画にも出演することになった。ドロシーはポールを避け、次第にアラムにひかれていった。そして、ニューヨーク・ロケの際、2人はいっしょのホテルに泊った。輝かしいスターの道が彼女の目前に広がっていった。嫉妬に狂うポールとの仲は、すっかり冷えきっていた。彼との別れを決意したドロシー。会ってくれれば別れるというポールの言葉を信じて、ポールの許を訪れたドロシー。それは80年8月14日のことだった。彼女の決心が変わらないことを悟ったポールは、用意していた猟銃で帰りかけたドロシーを撃ち殺した°そして、自らも彼女のかたわらで、同じ銃で生命を絶ったのだった…。

関連するキネマ旬報の記事

1984年6月上旬号

外国映画紹介:スター80

1984年4月上旬号

グラビア:スター80

特集 スター80 ボブ・フォッシー監督作品:ボブ・フォッシー論

特集 スター80 ボブ・フォッシー監督作品:作品評

特集 スター80 ボブ・フォッシー監督作品:作品評

特集 スター80 ボブ・フォッシー監督作品:作品評

特集 スター80 ボブ・フォッシー監督作品:分析採録

1984年3月下旬号

試写室:スター80