男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アイス・キャッスル

  • あいすきゃっする
  • Ice Castles
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.0点(17人)

  • 観たひと

    35

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1979/6/2
上映時間 0分
製作会社 ジョン・ケメニー・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

フィギュア・スケートのオリンピック出場をめざす16歳の少女と、彼女を励ます青年の愛を中心に、2人を見守る人々の友情や励ましを描く。製作総指揮はロジリン・ヘラー、製作はジョン・ケメニー、共同製作はS・ロジャー・オリニコフ、監督はドキュメンタリー映画出身のドナルド・ライ。ゲイリー・L・ベイムの原作を基にドナルド・ライとゲイリ・L・ベイムが脚色。撮影はビル・バトラー、音楽はマービン・ハムリッシュが各々担当。出演はリン=ホリー・ジョンソン、ロビー・ベンンン、コリーン・デューハースト、トム・スケリット、ジェニファー・ウォーレン、デイヴィッド・ハフマンなど。

あらすじ

アメリカ中西部のアイオワ州の小さな田舎町ウェーバリーに住む16歳の少女レクシー(リン=ホリー・ジョンソン)は、毎日、フィギュア・スケートの練習にあけくれていた。彼女にとっての夢は、80年に開かれる冬期オリンピックへの出場で、やもめの父親マーカス(トム・スケリット)やアイス・スケート場を経営するビューラー(コリーン・デューハースト)、そして、アイス・ホッケー選手の恋人ニック(ロビー・ベンソン)達に見守られて、幸せそのものだった。選抜大会の日、レクシーも出場することになり、華麗な演技を披露した。自分では満足できる演技だったが、優勝は他の選手にさらわれてしまい、ガッカリするレクシーだったが、次の日、うれしいことが彼女を待っていた。大会を見て、トップクラスのスケート・コーチ、デボラ(ジェニファー・ウォーレン)が、レクシーの素質をみとめ、スケート・スクールヘ来ないかと誘ってきたのだ。さっそく都会に出てきたレクシーは、デボラのもとで厳しいレッスンをはじめた。デボラは、友人でテレビ・スポーツ・キャスターのブライアン(デイヴィッド・ハフマン)に頼み、彼女をテレビに出場させ、たちまち人気スターとして脚光を浴びさせた。しかし、幾日かたって、レクシーの練習の成果を見せる大会の日、見事に演技し、ブライアンと抱きあって喜ぶレクシーを、心配してそっと来ていたニックが見てしてしまい、逃げるように会場から立ち去ってしまった。その夜開かれた祝賀会で、参加者の賞讃の声をよそに、レクシーの心は沈んでいた。彼女は会場を出て隣接する屋外スケート場で、モヤモヤを発散しようと、ひとり滑りはじめた。しかし、照明コードに足をひっかけ頭を強くうったレクシーは、視力がゼロに近い状態になってしまった。望みを失なったレクシーを励ますのは、父とスミス夫人、そしてあのニックだった。数カ月後、予想以上に快復したレクシーは、目の不自由を秘密に、オリンピック出場選手選抜の地区大会に出ることになる。盲目に近い彼女は、しかし、見事に演技を披露し、観客の喝采をうけるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1979年8月上旬号

外国映画批評:アイス・キャッスル

1979年6月下旬号

外国映画紹介:アイス・キャッスル

1979年5月下旬号

グラビア:アイス・キャッスル

特集 「アイス・キャッスル」:1 躍動を内包したレガートな滑走

特集 「アイス・キャッスル」:2 ガラス細工のような懐疑的青春像

特集 「アイス・キャッスル」:3 現代におけるラブ・ストーリーとは?

特集 「アイス・キャッスル」:分析採録