男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

新・ガンヒルの決斗

  • しんがんひるのけっとう
  • Shoot Out
  • ----


  • 平均評点

    61.8点(9人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972/12/2
上映時間 96分
製作会社 ハル・B・ウォリス・プロ作品
配給 CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

復讐心にたぎる男に、絡みつく女心と澄んだ子供心。製作はハル・B・ウォリス、監督は「勇気ある追跡」のヘンリー・ハサウェイ。ウィリアム・ジェームズの原作をマーゲリット・ロバーツが脚色、撮影は「ロンメル軍団を叩け」のアール・ラス、音楽はデビッド・グルーシンが各々担当。出演は「レッド・ムーン」のグレゴリー・ペック、パット・クイン、ロバート・F・ライオンズ、スーザン・ティレル、ジェフ・コーリー、ジェームズ・グレゴリー、リタ・ガムなど。

あらすじ

銀行強盗で7年の刑を食らったクレイ・ローマックス(グレゴリー・ペック)は、やっと釈放され、刑務所の門を出た。しかし彼にはやらなければならない事があった。銀行を襲った時、裏切って金を一人占めにした、相棒のサム・フォレー(ジェームズ・グレゴリー)を殺す事だった。サムはその頃ガンヒルの町で、クレイ釈放を知って自衛手段を講じ、殺し屋ボビー(ロバート・F・ライオンズ)、スキーター、ペペを雇い入れていた。殺し屋たちはウィード・シティで恋人からの送金を待つクレイを見つけ、絡んだがあっさりイナされてしまった。おまけに正体がバレそうになると店の主人を殺し、さらに現場を目撃した女アルマ(スーザン・ティレル)を人質にとってクレイを追った。クレイに恋人から金は送られてきたものの一緒に6歳の女の子デッキーまでついて来たのだ。クレイはしかたなくデッキーを連れて、ある牧場を訪れた。未亡人ジュリアナ(パット・クイン)と少年が歓待してくれたが、そこヘ、いきなりボビー一味が襲ってきて、クレイたちは捕われの身となり彼らのなすがままとなった。しかし、ボビーが勢いあまってアルマを射ち殺した混乱に乗じて、クレイは挙銃を奪い返した。ボビーはデッキーを人質に、足手まといとなる仲間を射殺して逃走した。更にボビーは自分の馬が走れなくなると仲間のペペを殺し馬を奪って逃げ、この隙にデッキーはようやく林の中に逃げこむことができた。追いつめられたボビーはフォレーの家に逃げこみ欲に狂ってフォレーを倒し金を奪おうとしたが、かけつけたグレイと一騎討ちとなった。抜く手も見せぬクレイの一撃は見事ボビーを貫いた。クレイはジュリアナの牧場へ戻った。そこにはデッキーも帰って来ていた。4人は顔を見合わせてほほえみをかわした。

関連するキネマ旬報の記事

1972年5月上旬号

映画批評:新・ガンヒルの決闘

1972年4月上旬春の特別号

外国映画紹介:新・ガンヒルの決闘