男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アベックパンチ

  • あべっくぱんち
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    54.3点(7人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/6/18
上映時間 86分
製作会社 エンターブレイン
配給 アンプラグド
レイティング PG-12
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 ステレオ
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督古澤健 
脚本杉原憲明 
古澤健 
原作タイム涼介:(BEAM COMIX)

キャスト

出演牧田哲也D-BOYSイサキ
鈴之助 ヒラマサ
水崎綾女 メバル
武田梨奈 エツ
小祝麻里亜 
相川イオ 
岸建太朗 
友常勇気 
滝元吏紗 
小島可奈子 
友情出演ルー大柴 

解説

タイム涼介の同名コミックを「making of LOVE」の古澤健監督が実写映画化。手を繋いだ男女がリング上で戦う格闘技“アベック”に挑戦する若者たちの姿を描く。出演は「星砂の島のちいさな天使 マーメイドスマイル」の牧田哲也、「岳 ガク」の鈴之助、「俺たちに明日はないッス」の水崎綾女、「女忍 KUNOICHI」の武田梨奈。

あらすじ

金ナシ、明日ナシ、女ナシ。負け犬高校生コンビのイサキ(牧田哲也)とヒラマサ(鈴之助)は、生まれ育った下町でただ無鉄砲に生きる日々を過ごしていた。そんな二人にある日突然、女とスポーツ、奇跡の出会いが同時に訪れる。手を繋いだ男女二組がリング上で戦う、前代未聞の格闘技“アベック”。イサキはメバル(水崎綾女)と、ヒラマサはエツ(武田梨奈)とタッグを組み、リングへ上がることを決意。だが、男女で戦うということは単純なタッグマッチではない。勝つためには、お互いの性格をよく知り、肉体の弱点を補う攻撃戦略を考えなくてはならない。それには何よりもパートナー同士が絆を深めることが必要であった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「アベックパンチ」

2011年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アベックパンチ」

臨時増刊6月10日号 KINEJUN next vol.03

interview:牧田哲也(D-BOYS)「アベックパンチ」