男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

堀川中立売

  • ほりかわなかたちうり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    57.1点(11人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/11/20
上映時間 123分
製作会社 シマフィルム
配給 シマフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督柴田剛 
脚本柴田剛 
松永後彦 
製作総指揮志摩敏樹 
撮影高木風太 
美術金林剛 
音楽監修森雄大 
録音東岳志 
照明岸田和也 
編集高倉雅昭 
衣装増川智子 
メイク窪田弥生 
アソシエイト・プロデューサー田中誠一 
松本伸哉 
アシスタントプロデューサー福嶋美穂 
酒井力 
制作担当金城恒次 
演出部佐々木育野 
松田義輝 
助監督匂坂力祥 
スチール辻本しんこ 
特殊メイク松浦勝也 
美術部西村立志 

キャスト

出演石井モタコ 榎信介
山本剛史 ツトム
野口雄介 寺田
堀田直蔵 阿部
清水佐絵 サエ
祷キララ きらら
桂雀々 越智
石崎チャベ太郎 ノブオ
住田雅清 保護司
タージン 上司
志賀勝 加藤金融商会社長
とんとろとん オニ三郎

解説

京都・堀川中立売を舞台に、地球侵略を画策する妖怪と人間たちのバトルを描くSFムービー。京都に拠点を置くシマフィルムの『京都連続』シリーズ第一弾。監督は「おそいひと」の柴田剛。出演は、「尻舟」の石井モタコ、「バカがウラヤマシイ」の山本剛史。第10回TOKYO FILMeXコンペティション部門正式出品。35mm/HD。

あらすじ

大妖怪・加藤the catwalkドーマンセーマン(秦浩司)は、永年にわたり地球侵略を画策していた。それを察知した宇宙警備隊ギャラクシー・フォースのリーダー(堀田直蔵)は、密かに地球の京都と呼ばれる地に降り立った。そして安倍さんと名乗り、陰陽師として人々に畏れられるようになった。安倍さんは加藤の『ドロップアウトを許さない人類補完計画』を阻止するため、“ヒモ王子”信介(石井モタコ)と、“ホームレス男爵”ツトム(山本剛史)に白羽の矢を立てる。加藤は、『正義感殺人事件』の犯人・寺田(野口雄介)の存在を利用して、世界の人間の悪意を呼び寄せる。それを増幅させることで、人々は我を失い、次々に妖怪化していく。安倍さんによって式神に仕立て上げられた信介とツトムは、たった二人で妖怪化した民衆に立ち向かっていく。京都・堀川中立売という一見なにも起こっていないかのように見える地で、京都ギャラクシーウォーズの火蓋が切って落とされる。

関連するキネマ旬報の記事

2011年1月上旬号

評論家発映画批評:「堀川中立売」