男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロフト.

  • ろふと
  • LOFT
  • LOFT

amazon


  • 平均評点

    67.0点(45人)

  • 観たひと

    75

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 ベルギー
製作年 2008
公開年月日 2009/11/20
上映時間 117分
製作会社
配給 フリーマン・オフィス
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

5人の男たちが共有する秘密のロフトルームで起こった密室殺人の真相を描くサスペンス。本国ベルギーで、国民の10人に1人が観たという大ヒットを記録。監督は、「ザ・ヒットマン」のエリック・ヴァン・ローイ。出演は、「ザ・ヒットマン」のケーン・デ・ボーウ、「戦場のレジスタンス」のフィリップ・ペーテルス。

あらすじ

男たちが個別に事情聴取を受けている。その数時間前、ルク(ブルーノ・ファンデン・ブロッケ)はマンションのペントハウスで、手錠をかけられた血まみれの女の死体を発見する。ルクは、ビンセント(フィリップ・ペーテルス)、クリス(ケーン・デ・ボーウ)、マルニクス(ケーン・デ・グラーヴェ)、フィリップ(マティアス・スクナールツ)に連絡する。1年前、彼らはマンションの竣工パーティーに出席していた。マンションを設計したビンセントは、最上階の部屋を5人の情事部屋とすることを提案した。ルクの連絡を受けた4人が到着し、それぞれアリバイを主張する。5人が持つこの部屋の鍵は特殊で、暗証番号のある警報器も切られていた。鍵を持っていなかったクリスに嫌疑がかかるが、鍵がないのにどうやって女が部屋に入ったのか、また警報器がなぜ切られたのかと言い返す。5人は死体の傍で血のついたナイフと、壁に書かれた血文字を発見する。5人にはそれぞれ秘密があった。クリスは妻との関係が冷え切っており、市長の愛人アン・マライ(ヴェルル・バーテンス)と関係を持っていた。マルニクスには、ルクとビンセントとドイツに行ったとき知り合った女がいたが、彼女のせいで妻と別居していた。そのときビンセントは、サラ(マリエ・ヴィンク)と知り合っていた。ビンセントは昨晩この部屋でサラと別れ、死んでいるのはサラだと告げる。そのとき、不動産屋がドアベルを鳴らす。この部屋が売りに出され、サラに会いに来たという。お互いに不信感を募らせた一同がもめ始めると、ルクはこの部屋を盗撮していたと告白する。その映像を消すよう話すビンセントが突然倒れる。その映像には、ビンセントが彼らの妻や妹と関係を持つ様子が映っていた。そこで、遺書を残して睡眠薬自殺したサラを見つけた4人が、ビンセントを犯人に仕立て上げたのだった。事情聴取を終えたクリスは刑事から、サラの出血は生きているうちのものだと聞かされる。真相を知るため、クリスはロフトに向かう。

関連するキネマ旬報の記事