男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

BASURA バスーラ

  • ばすーら
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.0点(3人)

  • 観たひと

    6

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/6/27
上映時間 106分
製作会社 オフィスフォープロダクション=映画5000人製作委員会 
配給 オフィスフォープロダクション=浦安ドキュメンタリーオフィス
レイティング 不明
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット HDCAM

スタッフ

監督四ノ宮浩 
製作プロデューサー森崎偏陸 
長島洋 
配給プロデューサー金子学 
撮影大廣康夫 
瓜生敏彦 
整音久保田幸雄 
編集四ノ宮浩 
音楽協力ウォン・ウィンツァン 

キャスト

解説

1995年公開の「忘れられた子供たち スカベンジャー」で、フィリピンのゴミ捨て場“スモーキーマウンテン”に暮らす子供たちの姿を描いた四ノ宮浩監督が、当時の子供たちのその後を追ったドキュメンタリー。依然として変わらないフィリピンの貧困の実態を浮き彫りにするとともに、そこで生きる人間たちの命の輝きを映し出す。

あらすじ

2006 年。フィリピンの貧困の現実と向き合おうと、四ノ宮浩は自らの作品の原点であるマニラを再び訪れる。そこで目にしたのは、商店街の軒下で寝転ぶホームレスの家族や、街中でゴミを漁る子供たち。初めてフィリピンにやってきた20 年前となんら変わらない貧しい人々の姿だった。だが、1995 年11 月に政府によって閉鎖された、マニラ近郊の巨大なゴミ捨て場の街“スモーキーマウンテン”周辺だけはどこか整然としており、“変わった”印象を受ける。かつてスモーキーマウンテンには、40年以上にわたりゴミを拾い、転売して暮らす人々がいた。その数は2万人を越える。しかし、世界から貧困の象徴として注目されたことで、政府は1995年に街を突如閉鎖。生活の場を奪われた人々に対し仮設住宅が用意されたが、住民の9割は仕事が見つからないまま。そのほとんどが、現在も近隣にできた新しいゴミ捨て場で以前と同じゴミ拾いを続けている。そんな状況を目にして、四ノ宮は、かつて撮影を通して出会った子供たちのその後が気になってくる。こうして彼は、第1作「忘れられた子供たち スカベンジャー」を通して出会った登場人物ひとりひとりを訪ねる旅に出る。

関連するキネマ旬報の記事