男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

太陽のかけら(2007)

  • たいようのかけら
  • DEFICIT
  • DEFICIT

amazon


  • 平均評点

    53.0点(9人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 メキシコ
製作年 2007
公開年月日 2009/4/4
上映時間 80分
製作会社
配給 アット エンタテインメント
レイティング PG-12
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

「ブラインドネス」などで国際的に活躍するメキシコ出身の俳優ガエル・ガルシア・ベルナルが主演を兼ねた初監督作品。金持ちの子息たちが集まるパーティでの出来事を通じて、格差社会メキシコの光と影を浮き彫りにする。2007年カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、本国メキシコでは5ヶ月に渡るロングランを記録した。

あらすじ

ある夏の午後。メキシコの有力政治家の息子であるクリストバル(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、妹エリサ(カミラ・ソディ)とともに豪華な別荘でパーティを開く。集まったのはお互いの友人である金持ちの子供たち。彼らを迎えたのは別荘の管理人一家と庭師のアダン(テノッチ・ウエルタ・メヒア)。クリストバルは友人が連れてきた美しいアルゼンチン人のドロレス(ルス・シプリオータ)に一目惚れする。酒とドラッグで大騒ぎのパーティは盛り上がりを見せ、クリストバルとドロレスとの関係も進展していく。その一方で、クリストバルとアダンの間の確執が表面化する。彼らは、小さい頃一緒に遊んだ幼なじみだったが、今では雇い主と庭師の関係。パーティへの参加を希望するアダンに対してクリストバルはそれを許さなかった。そして、パーティは予期せぬ最悪の事件により一変する……。

関連するキネマ旬報の記事