男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

20世紀少年 第2章 最後の希望

  • にじゅっせいきしょうねんだいにしょうさいごのきぼう
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.9点(478人)

  • 観たひと

    1016

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル SF / アクション / 青春 / 冒険 / サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2009/1/31
上映時間 139分
製作会社 映画「20世紀少年」製作委員会(日本テレビ=小学館=東宝=バップ=読売テレビ=電通=読売新聞=シネバザール=オフィスクレッシェンド=ディーライツ=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS)
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督堤幸彦 
脚本長崎尚志 
渡辺雄介 
脚本監修浦沢直樹 
原作浦沢直樹:(「20世紀少年」(小学館ビックコミックスピリッツ刊))
製作指揮島田洋一 
エグゼクティブプロデューサー奥田誠治 
企画長崎尚志:((スタジオビー))
プロデューサー飯沼伸之 
甘木モリオ 
市山竜次 
Co.プロデューサー大村信 
撮影唐沢悟 
美術相馬直樹 
音楽白井良明 
主題曲/主題歌T.REX:(「20th Century Boy」(Imperial Record))
録音鴇田満男 
照明木村明生 
編集伊藤伸行 
ライン・プロデューサー井上潔 
監督補木村ひさし 
助監督白石達也 
SFX/VFXスーパーバイザー野崎宏二 
製作担当吉崎秀一 

キャスト

出演豊川悦司 オッチョ
常盤貴子 ユキジ
平愛梨 カンナ
香川照之 ヨシツネ
ユースケ・サンタマリア サダキヨ
藤木直人 蝶野
石塚英彦 マルオ
宇梶剛士 モンちゃん
小日向文世 ヤマネ
佐々木蔵之介 フクベエ
森山未來 角田
古田新太 春波夫
小池栄子 高須
木南晴夏 小泉響子
ARATA 13号
前田健 マライア
荒木宏文 ブリトニー
六平直政 仁谷神父
佐藤二朗 ホクロの警官
片瀬那奈 敷島ミカ
光石研 山崎
西村雅彦 
西村和彦 
手塚とおる 
田鍋謙一郎 
甲本雅裕 
田中要次 
はなわ 
Samat Sangsangium 
チェン・チャオロン 
石丸謙二郎 
佐々木すみ江 
梅津栄 
研ナオコ 
小松政夫 
石橋蓮司 万丈目
中村嘉葎雄 神様
黒木瞳 キリコ
唐沢寿明 ケンヂ

解説

「ビッグコミック スピリッツ」で8年間にわたって連載され、累計発行部数2000万部という超人気コミックを、全3部構成で映画化するプロジェクトの2作目。企画の長崎尚志と「ROBO☆ROCK」の渡辺雄介が脚本を担当し、脚本監修は原作者の浦沢直樹。監督は、前作に引き続き「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」「まぼろしの邪馬台国」の堤幸彦。今回のヒロインとなるのは、3000人のオーディションで選ばれた平愛梨。劇中では70年代のアイテムが随所に配置され、EXPO70のシンボル「太陽の塔」が「ともだちの塔」として登場する。

あらすじ

2015年、人類滅亡計画を阻止しようとしたケンヂたち(唐沢寿明)の活躍はテロ行為とされ、ともだち教団の友民党は躍進を続けていた。ケンヂの姪であるカンナ(平愛梨)は高校生に成長し、ユキジ(常盤貴子)に面倒を見てもらいながらも逞しく自活していた。ケンヂの行動を信じるカンナは、“ともだち”によって支配されつつある国家に強い反感を抱いている。ローマ法王とも会見できる権力者となった“ともだち”は、日本でEXPO2015を開催しようとしていた。ある日、“ともだち”の重要な秘密を知るニューハーフを救ったカンナは、刑事の蝶野(藤木直人)と知り合う。伝説の刑事の孫である蝶野は、向こう見ずなカンナの言動に感じるものがあり、彼女を庇うようになっていく。一方、海ほたる刑務所に幽閉されていたオッチョ(豊川悦司)は、角田(森山未來)と二人で脱獄に成功する。オッチョは、ケンヂの意志を継いで“ともだち”の正体を暴こうとしていた。「しんよげんの書」に沿って、操作されていく世の中。それに逆らうため、カンナは小泉響子(木南晴夏)と「ともだちランド」に潜入した。そこは、高須(小池栄子)たちが反抗分子たちを洗脳していく施設だった。オッチョと出会ったカンナは、“ともだち”の街頭パレードに参加する。彼女は、“ともだち”と対決する決意だった。しかし、その場で“ともだち”の命を奪ったのは、友民党の13号(ARATA)の凶弾だった。EXPO2015の開催式は、“ともだち”の葬儀と重ねて行われることになる。その式場で、死んでいたはずの“ともだち”は再生を果たす。この奇跡によって、“ともだち”は神となった。その後、世界各地で行われた毒ガス・テロによって、人類は滅亡の危機を迎える。誰が生き残っているのか?しかし、北海道の奥地では、行方不明になっていたケンヂが元気に生きていた。

関連するキネマ旬報の記事