男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

僕は君のために蝶になる

  • ぼくはきみのためにちょうになる
  • 蝴蝶飛=Linger
  • LINGER

amazon


  • 平均評点

    55.9点(14人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 香港
製作年 2007
公開年月日 2008/10/25
上映時間 88分
製作会社 ミルキーウェイ・イメージ
配給 クロックワークス=ツイン
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

カンヌ映画祭に出品された「エレクション」で知られるジョニー・トー監督が手掛けたラブストーリー。事故死した恋人と、夢とも現実ともつかない再会を繰り返す女性の姿を描く。出演はアイドルユニット“F4”のメンバーで「闘茶 tea fight」に出演したヴィック・チョウと「ドラゴン・キングダム」のリー・ビンビン。

あらすじ

大学中の人気者アトン(ヴィック・チョウ)に密かな想いを寄せるエンジャ(リー・ビンビン)。すでに恋人がいたアトンだったが、いつしか自分に対して無愛想なエンジャに惹かれていく。やがて結ばれる2人。だが、ささいな口論から喧嘩になったエンジャをバイクで追いかけたアトンは事故に遭い、帰らぬ人となってしまう。3年後。エンジャは大学を卒業して法律事務所で働いていた。だが、アトンの死によって抜け殻となった彼女は内に閉じこもり、精神安定剤に頼る日々を送っていた。過去を乗り越えるため、医師に相談して薬の服用をやめるが、その頃から夢にアトンが現れるようになる。はじめは半信半疑だったものの、やがてその存在を認め、次第に夜を心待ちにするようになるエンジャ。アトンも彼女への想いを断ち切れず、死後も彼女の傍に寄り添っていたのだ。父との葛藤や、子供時代のこと、若くして逝った無念などを毎晩聞くにつれ、エンジャはアトンへの想いをより一層深めていく。同じ頃、エンジャの前にシュー(ウォン・ヤウナン)という男が現れる。彼は、住まいを転々とし、支援施設の出入りを繰り返す問題児だったが、エンジャにだけは心を許す。エンジャはシューにアトンの父(ヨウ・ヨン)を尾行するように依頼する。親子が断絶したままアトンを亡くした父は仕事もやめ、一人孤独な日々を送っていた。いつの間にかシューはアトンの父の家に転がり込んでしまう。やがて彼はエンジャを想うようになっていくが、迷惑をかけることでしか気を惹くことができない。そんな彼に怒ったエンジャを追いかけようと飛び出したシューは交通事故に遭ってしまう。病院の待合室でアトンの父と待機するエンジャの脳裏に、3年前の悪夢が蘇る……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年1月上旬新春号

評論家発映画批評:「僕は君のために蝶になる」