男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

憐 Ren

  • れん
  • Ren
  • Ren

amazon


  • 平均評点

    59.1点(7人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/7/26
上映時間 101分
製作会社 「憐」製作委員会(メモリーテック株式会社=株式会社ポニーキャニオン=株式会社フロンティアワークス=株式会社ベドラム)
配給 ベドラム
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 ステレオ
上映フォーマット

スタッフ

監督堀禎一 
脚本尾上史高 
原作水口敬文 
エグゼクティブプロデューサー宮澤伸昌 
尾越浩文 
及川武 
井戸剛 
企画井戸剛 
岩瀬貞行 
プロデューサー岩瀬貞行 
若杉類 
小野昌司 
井戸剛 
「刻のナイフ」制作渡辺真一 
デザイン本塚浩一 
肥後智志 
撮影橋本彩子 
音楽監督虹釜太郎 
主題曲/主題歌食い逃げリーダー 
録音西條博介 
音響効果佐藤祥子 
照明山本浩資 
編集目見田健 
スタイリング鎌田英子 
アソシエイト・プロデューサー岡田恒明 
ライン・プロデューサー角田信雪 
海老沢玉希 
制作主任小泉剛 
助監督菅沼隆 
スチール山口裕朗 
VFX佐々木宏 
鶴見祐輔 
VFX協力塩田浩司 
田倉賢一 
大和秀夫 
CG協力塩田浩司 
田倉賢一 
大和秀夫 
脚本協力光益公映 
特殊造形椋梨浩之 
メイク鎌田英子 
CG佐々木宏 
鶴見祐輔 
メイキング安藤圭 

キャスト

出演岡本玲 朝槻燐
馬場徹 鳴瀬玲人
中山麻聖 七緒修司
鈴木かすみ 上原朋香
齊藤夢愛 江の森仁美
千葉恵佑 和久井和彦
Lee. 草島五朗
宮下順子 朝槻里子

解説

水口敬文による同名小説を映画化。シギサワカヤのイラストも印象的なこの原作は、第9回スニーカー大賞において奨励賞に輝いた、少女の絶望と少年の希望が紡ぐ運命の物語だ。主役の朝槻憐を演じるのは、人気モデルで音楽活動も行っている岡本玲。今作が映画初主演だが、孤独な少女の“明”と“暗”を見事に演じ分けた。玲人と修司は、ミュージカル「テニスの王子様」で知られる馬場徹と中山麻聖が演じている。監督は『妄想少女オタク系』の堀禎一。ライトノベル原作らしいSF要素を帯びた学園物語を、若手キャストと長回し中心の丁寧な演出でフレッシュな青春映画に昇華させた。

あらすじ

500年後の未来から“過去流しの刑”で送られてきた少女・朝槻憐。彼女は、学校と自宅以外では誰にも認識されない“孤独の刑”を与えられていた。周りの人の記憶はコンピューター「時の意志」によって操作されていて、クラスメイトたちも彼女の存在を疑わず、ずっと一緒に過ごしてきたと信じている。しかしただひとり、鳴瀬玲人だけは違和感を持っていた。不可解に思った玲人は教室で憐と二人だけになった時、あることを確信する。

関連するキネマ旬報の記事

2008年9月下旬号

劇場公開映画批評:「憐-Ren-」