男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

花影(2007)

  • はなかげ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    53.4点(5人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008/3/8
上映時間 88分
製作会社 株式会社花影フィルムパートナーズ(ビーワイルド=トゥモロゥー=関西テレビ=アジアンブルームス=大阪JSEED=デジタルコンテンツ育成壱号投資事業有限責任組合)
配給 アステア
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督河合勇人 
脚本市川森一 
原作市川森一 
エグゼクティブプロデューサー谷泰三 
杉浦幹男 
製作若杉正明 
プロデューサー田辺順子 
制作統括榎戸耕史 
撮影猪本雅三 
撮影助手竹島千晴 
美術松葉明子 
小道具椎名寿江 
美術金正鉉 
装飾中込秀志 
嶋耕三 
中山真里 
音楽平間稜涼 
音楽プロデューサー佐々木次彦 
主題歌・歌エスジーワナビー 
録音二瓶尚穂 
録音助手福田陽輔 
高橋寿光 
光学録音宇田川章 
大場広樹 
整音越智美香 
スタジオエンジニア金子舞衣子 
音響効果齋藤昌利 
照明板垣賢三 
照明助手平岡将仙 
田中公臣 
編集奥原好幸 
編集助手斉藤美津子 
スタイリスト杉本京加 
ヘアメイク清水美穂 
HDリアルタイムレコーダー稲垣知康 
ラボコーディネイト赤羽智史 
VE栗林伸幸 
オンラインエディター高橋大和 
カラリスト松本康弘 
主題歌・作詞アン・ヨンミン 
主題歌・作曲チョ・ヨンス 
主題歌・編曲チョ・ヨンス 
演奏フジイキョウコ 
チャーリー・タナカ 
選曲杉山篤 
音楽ミキサーカサイトシヒコ 
アソシエイトプロデューサームラタチエコ 
製作デスクタナベスミエ 
制作担当新野安行 
製作部 釜山梁明淑 
崔得龍 
製作部 大阪ニシダヨウヘイ 
フクシマミホ 
製作進行ウメザワユキミ 
監督補武正晴 
助監督遠藤健一 
監督助手宮田宗吉 
片桐健滋 
スクリプター岩倉みほ子 
スチール西永智成 
車輌土佐隆宣 
善養寺満 
釜山車輌朴宰成 
盧源吉 
韓煕燦 
白正泰 
金珍喚 
タイトル竹内秀樹 
劇中 尚美のデッサン画持永かおり 
字幕制作相場浩之 
大畑智子 
鈴木悠人 
字幕監修金民華 
スタイリスト助手小海綾美 
音響効果助手大塚智子 
「花影」フィルムパートナーズ ビーワイルドフジモトミホコ 
イワミエイジ 
「花影」フィルムパートナーズ トゥモロゥーオオキタツヤ 
「花影」フィルムパートナーズ 関西テレビウエムラヤスユキ 
「花影」フィルムパートナーズ アジアンブルームスツノクマキョウコ 
ハナサキアユミ 
ミシマトモミ 
韓国コーディネイター金基柱 
韓国語通訳金民愛 
美術通訳朴昭英 
美術応援三ツ松けいこ 
蓮池あゆ 
佐藤弘隆 
釜山製作部応援梁太旭 
朴正桓 
韓国ロケ応援金明慧 
美術協力磯見俊裕 
タイミング三橋雅之 
メイキング市川豊 

キャスト

解説

在日三世の女性と韓国人男性の運命的な出会いを描くラブ・ストーリー。「異人たちとの夏」の市川森一が原作・脚本を担当。監督は、相米慎二などの助監督やテレビの演出を経て、本作が劇場デビューとなる河合勇人。出演は「不夜城 SLEEPLESS TOWN」の山本未來、「マイ・リトル・ブライト」のキム・レウォン。

あらすじ

日本で活躍しているジュエリーデザイナー五木尚美(山本未來)は、韓国プサンに建設されるホテルにジュエリーショップを出店するオファーを受け、プサンに向かう。しかし、日本での評判をいいことに高飛車な態度に出てしまい、商談は破談となる。在日三世である尚美は予定を変更し、祖先が眠る「風の丘墓園」へ墓参りに向かう。満開の桜が咲く墓地で祖先の墓が見つからず迷っていた尚美は、小学校教師ソン・スンウ(キム・レウォン)に助けてもらう。スンウは、桜の花びらの中から現れた美しい尚美に目を奪われ、一目惚れする。尚美は日本に帰り、銀座のショップを中心に、精力的に仕事をこなす。尚美は、売れっ子カメラマン土門竜(石黒賢)と不倫関係にあり、彼との結婚を望んでいた。しかし土門に突然別れを告げられる。尚美は失意のまま仕事に没頭し、大阪にもショップを構えようとした矢先、土門との不倫スキャンダルがマスコミに流れる。尚美はマスコミの目を避けるため、育ての親の住む奈良に身を寄せる。すると仕事のパートナー絹代(戸田恵子)から、スキャンダルの影響で売上げが激減し、経営が立ち行かなくなったことを知らされる。恋も仕事も失った尚美の元に、韓国から1通の手紙が届く。それはスンウからのラブレターだった。彼の想いにどう答えたらよいのか、最初は迷っていた尚美だが、両親の励ましもあり、一度彼に会うことを決意。やがて、ふたりは1年前に出逢った満開の桜の木の下で再会を果たすのだった……。

関連するキネマ旬報の記事