男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

天国からのラブレター

  • てんごくからのらぶれたー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.3点(4人)

  • 観たひと

    4

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/9/15
上映時間 79分
製作会社 CCRE
配給 CCRE
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督山口円 
脚本山口円 
原作本村洋 
本村弥生 
エグゼクティブプロデューサー谷口則之 
企画奥山和由 

キャスト

出演須賀貴匡 本村洋
中村ゆり 本村弥生
高橋ひとみ 宮地幸代
五代高之 本村永輔
根岸季衣 本村美枝子

解説

1999年4月11日、山口県光市で23歳の主婦と生後11ヶ月の女の子が殺害され、暴行される事件が発生。生きること、愛すること、慈しむこと。一番大事なことを教えてくれた、ある家族の物語。監督は「ghost dance」の山口円。出演は「ウォーターズ」の須賀貴匡、「パッチギ LOVE&PEACE」の中村ゆりほか。

あらすじ

1994年、18歳だった洋(須賀貴匡)と弥生(中村ゆり)は出会った。「初めて君と会った時、僕には真っ赤な糸が見えました」恋に落ちたふたりが綴る他愛のない毎日。弥生の言うわがままも、洋には全てがいとおしかった。1996年、二人は広島と北九州という、遠距離恋愛になる。しかし、たとえ二人の距離が離れていても、二人の心が離れる事はなかった。「これから会えない時は手紙を書こう」それから、数え切れないくらいの手紙が二人の間を行きかう。そのひとつひとつが 二人の愛のかたちだった。1997年、新しい命を授かる二人。深くきざまれた二人の絆。二人は、反対されながら、遠くに暮らしながら、学生でありながら、結婚した。そして、夕夏はみんなに祝福され誕生した。ようやく始まった家族3人の新しい生活。小さなアパートで、小さなことに喜び、笑いながら、家族は暮らしていた。ずっと僕たちは一緒だ。そう、洋は信じていた。しかし……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年10月下旬号

劇場公開映画批評:天国からのラブレター