男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヴォイス・オブ・ヘドウィグ

  • ぼいすおぶへどうぃぐ
  • Follow My Voice: With The Music of Hedwig
  • FOLLOW MY VOICE: WITH THE MUSIC OF HEDWIG

amazon


  • 平均評点

    78.3点(3人)

  • 観たひと

    9

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/9/22
上映時間 101分
製作会社
配給 アップリンク
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど、セクシャル・マイノリティの若者のための学校ハーヴェイ・ミルク・ハイスクールの理念に賛同した映画作家ジョン・キャメロン・ミッチェルが、チャリティ・プロジェクトとして映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のトリビュートアルバムを制作する過程を映したドキュメンタリー。録音風景と並行して同校の生徒4人に密着し、彼らの日常を追う。出演はジョン・キャメロン・ミッチェル、オノ・ヨーコほか。監督はキャサリン・リントン。

あらすじ

2001年、世界に一大ブームを生み出し、「ショートバス」で再びセンセーションを巻き起こしたジョン・キャメロン・ミッチェルと、音楽プロデューサー、クリス・スルサレンコ、そして多数の個性派ミュージシャン達が一堂に会して、NYのLGBTQの青少年のための学校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」の為に立ち上がった。 「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」とは、アメリカで初めて自らがゲイであることを明らかにした上で選ばれた政治家ハーヴェイ・ミルクから名をとった、NYにあるLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)の若者たちのための学校である。ミッチェルの提唱したプロジェクトは『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチHedwig & The Angryinch』のナンバーを、それぞれのミュージシャンがカバーしてチャリティ・アルバム『ウィッグ・イン・ア・ボックスWIG IN A BOX』を制作することだった。 同校の基本理念に賛同したオノ・ヨーコ、シンディ・ローパー、ヨ・ラ・テンゴ、ベンフォールズ、ベン・リー、ベン・クウェラー、フランク・ブラック、ブリーダーズ、ルーファス・ウェインライトなどのミュージシャンが参加した。ミッチェルとミュージシャンたちの1年にわたるアルバム制作を軸に、4人のLGBTQの生徒たち(2人のレズビアンと、1人のゲイと、1人のトランスジェンダ)にフォーカスをあて、「自分は人とは違うのだ」という葛藤、家族や周りの人々との関係、そして自分という存在を肯定する様子を映し出してゆく。

関連するキネマ旬報の記事