男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私たちの幸せな時間

  • わたしたちのしあわせなじかん
  • Our Happy Time
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.3点(31人)

  • 観たひと

    59

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 韓国
製作年 2006
公開年月日 2007/7/14
上映時間 124分
製作会社 LJフィルム=サンサンフィルム
配給 デスペラード
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ソン・ヘソン 
脚本ジョアン・ミンソク 
原作コン・ジョン 
プロデューサーキム・サングン 
撮影カン・スンギ 
音楽イ・ジュジン 
編集パク・コクチ 
日本語版字幕根本理恵 

キャスト

出演カン・ドンウォン Jeong YunSu
イ・ナヨン Moon YuJeong
ユン・ヨジョン Sister Monica
カン・シンイル manager Lee
ジョン・ヨンスク YuJeong's
ジャン・ヒョンソン YuJeong's
キム・ジヨン Park
オ・グァンロク Prisoner No.2896

解説

生きることに希望を見い出せない男女が、わずかな時間の触れ合いを通して、次第に愛と救いを得ていくラブ・ストーリー。韓国で多くの文学賞を受賞しているベストセラー女流作家コン・ジヨンの同名小説の映画化。監督は、「力道山」のソン・ヘソン。主人公の死刑囚を演じるのは、「オオカミの誘惑」のカン・ドンウォン。

あらすじ

三度目の自殺未遂を起こしたユジョン(イ・ナヨン)は、ある日、シスターの伯母に連れられ、刑務所へとやってくる。昔、歌手をしていたユジョンの歌を、聴きたがっている男がいるというのだ。刑務所の面会部屋にいた男に、ユジョンは不快な印象を受ける。その男の名は、ユンス(カン・ドンウォン)。三人の人間を殺した死刑囚だ。ユンスの弟は、ユジョンの歌を聴きながら死んでいったのである。ユンスを見据えて、問いつめるように話すユジョンの姿は、ユンスの興味を惹く。それまでユンスの元を訪れる面会人は、同情の視線を送るばかりだった。だが、ユジョンは違う。ユンスは、ユジョンと自分がどこか似ていると感じる。こうして二人は、毎週一度、木曜日の十時からのわずかな時間に、会話を重ねていった。ユジョンも、だんだんと心を開き、二人はそれぞれ心に秘めた秘密を告白する。それは、二人が生きる希望を失った理由だった。お互いに傷を見せ合い、慰め合ったことで二人の間には、愛と、生きることへの希望が生まれる。いつしか、週に一回の面会が二人にとって最も幸せな時間となり、死を求める心はあとかたもなく消え去った。この幸せな時間が少しでも長く続けばいい……。しかし、その願いは、叶うはずもなく、残された時間はわずかしかなかった。

関連するキネマ旬報の記事