男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バックダンサーズ!

  • ばっくだんさーず
  • Backdancers!
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    54.3点(40人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/9/9
上映時間 117分
製作会社 ギャガ・コミュニケーションズ/フジテレジョン/東急レクリエーション/レントラックジャパン/東映ラボ・テック
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

脚本衛藤凛 
永山耕三 
エグゼクティブプロデューサー河井信哉 
星野有香 
関一由 
会田郁雄 
co.エグゼクティブプロデューサー宮澤徹 
石山信雄 
製作宇野康秀 
製作エグぜクティブ依田巽 
プロデューサー梅川治男 
山崎雅史 
撮影小倉和彦 
美術稲垣尚夫 
装飾山田好男 
音楽Sin 
音楽プロデューサー永山耕三 
録音横野一氏工 
音響効果齋藤昌利 
照明今井勝巳 
編集宮島竜治 
スタイリスト勝俣淳子 
江島モモ 
与那覇智 
アソシエイトプロデューサー武石宏登 
東海林秀文 
ラインプロデューサー鈴木剛 
制作担当高見明夫 
監督補佐山本一男 
助監督荒川栄二 
スクリプター渡邉美恵 
CGプロデューサー豊嶋勇作 
ダンス監修松澤いずみ 
コレオグラファーIZUMI 
TERUYA・KEN 
サウンドコーディネーター関香裕 

キャスト

出演平山綾 新井美羽
hiro 佐伯よしか
ソニン 大澤巴
サエコ 永倉愛子
田中圭 茶野圭
長谷部優 長谷部樹里
北村有起哉 DJケン
浅野和之 小西部長
甲本雅裕 高橋修
梶原善 磯部元
つのだ☆ひろ ロジャー
 如月真由
木村佳乃 美浜礼子
真木蔵人 テル
鈴木一真 セイジ
豊原功補 滝川
石野真子 佐伯なおみ
陣内孝則 鈴木丈太郎

解説

人気絶頂の真っ只中、電撃引退を発表したトップヴォーカリスト。残された4人のバックダンサーが再び華やかなステージを目指し奮闘する青春ストーリー。 出演は「ウォーターボーイズ」の平山あや、hiro、ソニン、「NANA」のサエコ。監督は、『東京ラブストーリー』『ロングバケーション』などの演出で知られる永山耕三。

あらすじ

人気絶頂の真っ只中、電撃引退を発表したトップヴォーカリスト樹里。そして、残されたのは4人のバックダンサー、ミウ(平山あや)、よしか(hiro)、ともえ(ソニン)、愛子(サエコ)。華やかなステージを失くした4人。新米マネージャー茶野(田中圭)と共に、活動を再開するも、メインのいない彼女たちに、仕事はこない。そんな4人に、茶野は時代遅れのロックバンド・スチールクレイジーとの共同ライブを企画する。しかしスチクレのヴォーカル、ジョージ(陣内孝則)はよしかとの間に秘密を抱えていることを本人もまだ知らない……。そして茶野はダンスへの思いを熱く語るミウに惹かれ始めていた。そんな中、後輩ユニットが売れ始めたことから、事務所は、バックダンサーズの解散を決める。最後のステージは、なんと後輩たちの前座。本番直前に、これが最後だと知った4人は、ショックのあまり客の前で大ゲンカを繰り広げ、レコード会社をクビになってしまい、メンバーはバラバラに。だが茶野はバックダンサーズ再結成を願い、走り始める。これまで与えられるだけだったステージを自分達で創りだし、そこに”自分の居場所”を見つけ出すために。

関連するキネマ旬報の記事

2006年10月上旬特別号

劇場公開映画批評:バックダンサーズ!

2006年9月下旬号

巻頭特集 注目の本格派若手女優2006:若手女優活躍の話題作を一挙公開「バックダンサーズ!」「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」「いちばんきれいな水」「ハリヨの夏」「虹の女神Rainbow Song」「幸福のスイッチ」「僕は妹に恋をする」「アルゼンチンババア」

巻頭特集 注目の本格派若手女優2006:若手女優活躍の話題作を一挙公開「バックダンサーズ!」「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」「いちばんきれいな水」「ハリヨの夏」「虹の女神Rainbow Song」「幸福のスイッチ」「僕は妹に恋をする」「アルゼンチンババア」