男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

デュエリスト(2005)

  • でゅえりすと
  • 형사
  • DUELIST

amazon


  • 平均評点

    60.0点(39人)

  • 観たひと

    70

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ラブロマンス / アクション
製作国 韓国
製作年 2005
公開年月日 2006/4/22
上映時間 104分
製作会社 プロダクションM
配給 コムストック
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ハ・ジウォン Nam Soon
カン・ドンウォン Sad Eye
アン・ソンギ Detective Ahn
ソン・ヨンチャン Minister of Defense
ユン・ジュサン Bong Chool
ト・ヨング Police Officer
シム・チョルジョン Ma Chookji
ペ・ジュンシク Detective Bae
ファン・ウィドゥ Detective Whang
チャン・インボ Detective Jang
ユ・ヨンウク Detective Yoo

解説

朝鮮王朝時代、贋金を追う女性刑事と事件の裏に暗躍する刺客が許されない恋に落ちるアクション・ラブロマンス。韓国の人気漫画家パン・ハッキの原作『茶母』をTVドラマ化した『チェオクの剣』を、さらに大胆に脚色して映画化した。監督は「NOWHERE ノーウェアー」のイ・ミョンセ。出演は『チェオクの剣』「恋する神父」のハ・ジウォンと、「オオカミの誘惑」のカン・ドンウォン。

あらすじ

朝鮮王朝時代。贋金が大量に出回り、捕盗庁の刑事たちは市場に潜入して捜査にあたっていた。女刑事ナムスン(ハ・ジウォン)は、剣の舞を披露している鬼の仮面をつけた男に目を留める。その男は、金の仏像の受け渡しをしている男たちを一瞬のうちに斬り捨て、仏像を奪って逃走する。それを追い剣を交えるナムスンだが、男の手にあった仏像は割れ、中から贋金用の二枚一組の鋳型が落ちた。一枚を男が奪って逃げ、もう一枚はナムスンが手に入れた。そんな中、新たな殺人事件が発生する。被害者は偽の官印で検察府の役人を装っていたが、官印を偽造できる唯一の男は獄中にいるはずだった。しかし1ヶ月前に悲しい目をした男が大金を払い、釈放させたという。“悲しい目”の人相書きは、ナムスンが闘った仮面の男にそっくりだった。捜査の末、贋金事件の黒幕は軍務長官ソン(ソン・ヨンチャン)と目星をつけたナムスンは、ソンの誕生日の祝宴に酌婦として潜入する。そこで祝いの舞を披露する“悲しい目”(カン・ドンウォン)と再会する。“悲しい目”は、子供の頃にソンに引き取られ、忠実な刺客となるべく育てられてきた。しかしナムスンと出会ったことで、冷徹だったはずの心が初めて揺れていた。ナムスンもまた、“悲しい目”に惹かれる自分を抑えきれなくなっていた。しかし捜査陣に魔の手が伸び、従事官が殺されてしまう。“悲しい目”の仕業とは信じたくないナムスンだが、避けられない闘いの時は徐々に忍び寄るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年6月上旬号

劇場公開映画批評:デュエリスト

2005年臨時増刊 韓キネ!

2006年上陸予定の話題作ベスト3:「デュエリスト」