男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

えびボクサー

  • えびぼくさー
  • Crust
  • Crust
  • 平均評点

    59.0点(22人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 イギリス
製作年 2002
公開年月日 2003/7/26
上映時間 90分
製作会社 ジャイアント・フィルムズ=インキュベーター=リトル・ウィング・フィルムズ
配給 アルバトロス・フィルム(ニューセレクト=博報堂=カルチュア・パブリッシャーズ 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

人生の再起に賭ける中年男が巨大えびにボクシングをやらせようとするコメディ。監督・脚本はこれが日本初登場となるマーク・ロック。編集は「バロン」のピーター・ハリウッド。衣裳は「穴」のシャロン・ギラーム。出演は「スライディング・ドア」のケヴィン・マクナリー、これが映画デビューのペリー・フィッツパトリック、ルイーズ・マーデンボロー、「ぼくの国、パパの国」のマドハヴ・シャルマほか。

あらすじ

イングランドの中部でパブを経営しているビル(ケヴィン・マクナリー)は、43歳のくたびれた中年男。かつてボクサーだった彼は、ある日、友人のアミッド(マドハヴ・シャルマ)から、カリブ海に生息する巨大えびを使って、人間対えびのボクシング試合を開いて金を儲けようと提案される。冴えない毎日から抜け出すため、ビルはミスターCという巨大えびを購入。彼は年若いアマチュア・ボクサーのスティーヴ(ペリー・フィッツパトリック)と、その恋人シャズ(ルイーズ・マーデンボロー)を連れてロンドンに向かい営業を始めるが、どのテレビ局もいい顔をしない。シャズは色仕掛けでプロデューサーに接近するが、逆に捨てられてしまう。お手上げ状態となった彼らは、アミッドに連絡して特別プレビューを開いてもらう。そしてテレビ局からの出演オファーをもらうことに成功。しかしミスターCに愛情を持つようになっていたビルは、見世物的なその番組に我慢できず中断させてしまう。そしてミスターCを、海へ帰してやることにするのだった。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊2月21日号 KINEJUN next vol.01

特集 拳闘×映画 ボクシング映画の魅力:「えびボクサー」「ミリオンダラー・ベイビー」

2003年10月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:えびボクサー