男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イグジステンズ

  • いぐじすてんず
  • Existenz
  • Existenz

amazon


  • 平均評点

    67.8点(111人)

  • 観たひと

    252

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル SF / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2000/4/29
上映時間 97分
製作会社 ロバート・ラントス・プロ作品(アライアンス・アトランティス=セレンディプティ・ポイント・フィルム提供)
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

新感覚の仮想現実ゲームをめぐる陰謀劇に巻き込まれた青年とゲームデザイナーの姿を描くSFスリラー。監督・脚本は「クラッシュ」の鬼才デイヴィッド・クローネンバーグ。撮影のピーター・サスチスキー、音楽のハワード・ショア、美術のキャロル・スピアー、編集のロナルド・サンダース、衣裳のデニス・クローネンバーグはクローネンバーグ作品の常連。出演は「ガタカ」のジュード・ロウ、「ジョージア」のジェニファー・ジェイソン・リーほか。

あらすじ

近未来。誰もが脊髄にバイオポートなる穴を開け、そこにゲームポッド(=コントローラー)を接続して仮想現実ゲームを楽しんでいた。新作ゲーム「イグジステンズ」の発表会場で、カリスマ的な天才ゲームデザイナー、アレグラ(ジェニファー・ジェイソン・リー)が突然銃撃され、警備員のテッド(ジュード・ロウ)は彼女を連れて逃亡。事件の背後には会社もからんだ陰謀があるらしい。真相を探るべく、アレグラの友人ビヌカー(イアン・ホルム)の助けを受けてゲームのなかに身を投じるふたり。いかがわしいゲームショップ、ニジマスの養殖場を利用したゲームポッド工場、突然変異した両生類が出される中華料理店等々、各所をめぐるたび、ふたりの前に「反イグジステンズ主義者」が現れる。誰が敵か味方か分からない混乱の果て、ゴールで思いがけない真相にふたりは直面するが、これら全てはゲームの中の世界で起こったこと。現実世界に戻っても、彼らの戦いはまだ終わらないのであった……。

関連するキネマ旬報の記事

2000年6月上旬号

劇場公開映画批評:イグジステンズ

外国映画紹介:イグジステンズ

2000年5月上旬号

新作紹介:イグジステンズ

2000年4月下旬号

作品特集 イグジステンズ:デイヴィッド・クローネンバーグ監督 インタビュー

作品特集 イグジステンズ:飯野賢二[ゲームデザイナー]「イグジステンズ」を語る

ゴールデン・ウィーク新作紹介:イグジステンズ