男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

はやぶさ奉行

  • はやぶさぶぎょう
  • Plot in the Tosho Shrine
  • ----


  • 平均評点

    58.5点(28人)

  • 観たひと

    43

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 時代劇 / サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1957
公開年月日 1957/11/17
上映時間 93分
製作会社 東映京都
配給
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督深田金之助 
脚色高岩肇 
原作陣出達朗 
企画玉木潤一郎 
撮影三木滋人 
美術吉村晟 
音楽高橋半 
録音佐々木稔郎 
照明田中憲次 
編集宮本信太郎 

キャスト

出演片岡千恵蔵 遠山金四郎
大川橋蔵 侠盗ねずみ
千原しのぶ お景
植木千恵 千吉
岡田敏子 お道
花柳小菊 お半
高松錦之助 藤兵衛
明石潮 遠山景晋
片岡栄二郎 月波権九郎
沢田清 将軍家慶
大河内傳次郎 堀田備中守
香川良介 跡部山城守
進藤英太郎 長岡有楽斎
仁礼功太郎 塚口伝兵衛
上代悠司 中野助五郎
市川小太夫 大郷筑前守
柳永二郎 虎姫弥左衛門
岡譲司 霧戸武兵衛
戸上城太郎 俵藤源之進
尾上華丈 久保寺勘五郎
加賀邦男 伊庭半兵衛
立松晃 大蔵鉄之丞
松風梨栄子 お牧の方
品治京子 およう
相良三四郎 牛兵衛
団徳麿 卯之吉
岡島艶子 婆や
小金井修 甚兵衛
富久井一朗 又八
吉本清子 お君
河部五郎 大工の老父
明智八百栄 大工の女房
国一大郎 職人風の男
匹田国男 育次郎
梅沢昇 鎌吉
矢奈木邦二郎 良作
河村満和 房吉
人見寛 耕助
東日出雄 弁吉

解説

週刊アサヒ芸能連載の陣出達朗の原作を「日清戦争風雲秘話 霧の街」の共同脚色者の一人、高岩肇が脚色、「若さま侍捕物帳 鮮血の人魚」の深田金之助が監督した、“遠山の金さん”が主人公の時代劇。撮影は同じく「若さま侍捕物帳 鮮血の人魚」の三木滋人。主演は「佐々木小次郎 (前篇)(1957)」の片岡千恵蔵、千原しのぶ、花柳小菊、「若さま侍捕物帳 鮮血の人魚」の大川橋蔵、「ふるさとの唄 哀愁のりんご園」の岡田敏子。色彩はイーストマン東映カラー。

あらすじ

目下江戸で評判のお道、およう両太夫のギャマン水槽の水中曲芸の最中に殺人事件が起った。その犯人を目撃したのは水槽中の二人だけだった。御存知遠山の金さんは、お道太夫の友達である大工藤兵衛の娘お景の家に弟子となって住みこんでいた。ある晩お景の家に飛びこんできた侠盗ねずみと出喰わして意気投合した。金さんはお景と家に帰る途中、第二の殺人にあった。その男は前の事件と同様に大工で“花川戸の虎姫”という言葉をのこして息絶えた。その翌日おようは、水槽の中で死体となって発見された。金さんは植木職人に変装して虎姫屋敷にのりこんだ。虎姫の六郷藩は日光仮御殿の造営を命じてられており虎姫は将軍の愛妾お牧と兄の有楽斎と将軍暗殺の密議をこらしていた。虎姫の屋敷を見張っていた金さんは、屋敷から出て来た数人の大工と武士の後をつけた。一行の進む先は日光街道で、有楽斎も日光にむかっていた。お景やお道は虎姫一味に捕えられたが、ねずみの機転で救けられ、金さんも、道中敵の妨害をものともせず日光の工事場にのりこんだ。有楽斎は、藤兵衛の考えた歯車の仕掛けを、天井に仕組んで将軍を殺そうとしたのだった。そして六郷筑前守をあやつり、お牧の方一派で天下を取ろうとした。いよいよ将軍御参詣の日が近づいて来た。その警護役には金さんの父の遠山景晋がえらばれた。金さんは工事完成の夜、他の大工と共に毒を盛られたが、一人だけ助かった。が、追いつめられて崖から落ちた。お景ら三人が水葬にあいそうになった時、金さんが現れ助けた。将軍御参詣の当日、御殿の天井は轟音と共に落下した。その寸前、金さんは畳をはね上げ飛びだしてきて、将軍を助けた。逆賊は召し捕られ、遠山景晋の裁きを受けた。金さんは北町奉行として、父を助け、悪人どもの陰謀をあばいた。悪人どもは自から亡びた。

関連するキネマ旬報の記事

1958年1月上旬新春特別号

日本映画批評:はやぶさ奉行

1957年11月下旬号

日本映画紹介:はやぶさ奉行