男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

風来物語 あばれ飛車

  • ふうらいものがたりあばれひしゃ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    60.0点(1人)

  • 観たひと

    1

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1960
公開年月日 1960/9/28
上映時間 103分
製作会社 大映京都
配給 大映
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督渡辺邦男 
脚色渡辺邦男 
原作富田常雄 
企画財前定生 
製作武田一義 
撮影渡辺孝 
美術上里義三 
音楽山田栄一 
録音大角正夫 
照明伊藤貞一 
編集宮田味津三 

キャスト

出演長谷川一夫 巽の直次郎
本郷功次郎 川島道夫
小林勝彦 明石紋太
根上淳 明石隆次
中村玉緒 お桂
仁木多鶴子 明石房代
弓恵子 升本律子
浦路洋子 丹下節子
宇治みさ子 美弥
近藤美恵子 お咲
阿井美千子 お糸
山田五十鈴 明石織枝
村田知栄子 お勢
近江輝子 節子の母
香川良介 花政
富田仲次郎 笹塚寅三
小堀阿吉雄 鳴海又兵衛
河津清三郎 いさき屋勝五郎
河津清三郎 勝五郎の弟
高倉一郎 伊達亘
南部彰三 升本博
寺島貢 伊達伸六
市川謹也 仁助
原聖四郎 白鳥博士
伊達三郎 弁護士大井
沖時男 笹塚の秘書西村
堀北幸夫 子分太田
玉置一恵 松尾男爵
滝のぼる お民
小林加奈枝 内儀
橘公子 伊達亘の母
大杉潤 花政の子分
山下一巳 子分一
木村玄 子分庄造

解説

「風来物語 仁侠篇」の続篇で、富田常雄の原作を、「源太郎船」の渡辺邦男が脚色・監督した。撮影も同じく「源太郎船」の渡辺孝。

あらすじ

日露戦争は大勝に終り凱旋した明石中佐は織枝に結婚を申込んだ。房代も直次郎も喜んで賛成した。が、紋太がどういうか織枝は心配だった。紋太は、自分のことからお勢にヒマを出され名古屋に落ちて行ったお桂の後を追ったが、つたなく追いかえされてしまう。やけになった紋太の生活はひどいものだった。遂には野良犬同然の姿で行倒れてしまった。ちょうど節子の家の前で、彼女は親身になって介抱した。お桂のことを半ば諦めかけた紋太に節子が新しい女性として登場した。直次郎は、笹塚組の親分寅三から美弥から手を引けと脅かされる。そのおどかしをはねつけるが今後の油断は出来なかった。明石中佐と結婚した織枝は、車引きの書生川島では房代の幸福は望めないと、房代を諦めるように川島に頼みこんだ。川島は織枝の気持をくんで何かと房代につらく当り彼女を伊達家へ嫁ぐ決心をさせた。房代は伊達家の妻に迎えられ紋太もその縁で内務省に勤めた。その後川島は弁護士試験に合格、白鳥博士法律事務所に勤務した。そして両国の川開きの夜、笹塚組の桟敷を横切ったことから喧嘩になり、その時、別の桟敷に伊達家の人々と来ていた房代はそれを見、呆然とした。その様子を怪しんだ夫の亘は川島との間を疑い強く責めた。嫉妬に狂った亘の虐待に房代は病気になり、実家に帰された。余りの仕打ちに織枝夫婦も房代の離婚を決意した。そんな時、直次郎は明石弁護士殺しの犯人とおぼしき男をいさき屋に追いこんだ。その男は土蔵の中で自決していた。勝五郎の双生児の弟がライを患いやけになってやったことだった。勝五郎は美弥を身請けする金を自分に出させてくれと申し出た。直次郎はその気持を快くうけ美弥を身請けに行ったが彼女は笹塚の屋敷へ連れこまれていた。直次郎が踏み込んだ時、美弥は誤って笹塚に刺された。怒った直次郎は笹塚を殺してしまった。彼の子供を宿す美弥は命を取り止めたが、直次郎は自首して出た。直次郎の弁護は川島が引きうけることになった。川島と房代の結ばれるのもそう遠いことではないだろう。

関連するキネマ旬報の記事

1960年10月上旬秋の特別号

日本映画紹介:風来物語 あばれ飛車