男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

大阪ど根性物語 どえらい奴

  • おおさかどこんじょうものがたりどえらいやつ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.2点(17人)

  • 観たひと

    31

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1965
公開年月日 1965/10/24
上映時間 87分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督鈴木則文 
脚色中島貞夫 
鈴木則文 
原作長谷川幸延 
企画秋元隆夫 
天尾完次 
撮影川崎新太郎 
美術矢田精治 
音楽林光 
録音荒川輝彦 
照明北口光三郎 
編集河合勝巳 
スチール中山健司 

キャスト

出演藤田まこと 大木勇造
曽我廼家明蝶 花房為次郎
藤純子 花房美津
長門裕之 蜂谷重平
浪花千栄子 おうめ
大村崑 市助
新城みち子 ゆかり
青島幸男 青島
谷啓 教師
犬塚弘 中田
阿波地大輔 三吉
汐路章 平助
阿部九洲男 駕花
谷晃 中政
山乃美七子 照代
佐藤綾子 篤子
熊谷武 駕信
村居京之輔 駕仁
五里兵太郎 花金
岡島艶子 おたか
那須伸太朗 番頭
源八郎 源太郎
藤木錦之助 村山
佐藤洋 加藤
大谷正己 社員A
大東俊治 社員B
山下義明 社員C
大城泰 社員D
畑中伶一 社員E
鈴木金哉 軍隊の班長
佐々木松之丞 風呂屋の主人
秋田Aスケ 棺桶屋の親父
野村鬼笑 葬式の注文をする老人
秋田Bスケ 男1
鷹司譲記 男2
堀広太郎 理髪店の客1
土佐憲司 理髪店の客2
島田秀雄 理髪店の客3
牧淳子 内儀

解説

長谷川幸延原作“冠婚葬祭”より、「股旅 三人やくざ」の中島貞夫と鈴木則文が共同で脚色、新人鈴木則文が監督した喜劇。撮影は「バラケツ勝負」の川崎新太郎。

あらすじ

父を亡くした天涯弧独の勇造少年は、一人で大八車に粗末な棺桶を乗せ火葬場に向った。斉場で葬儀屋駕花に手ひどい仕打ちをされている勇造を見た葬儀屋駕為の親分為次郎は、事の仔細を知り毛槍を振って勇造の父を手厚く送った。当時の葬式は、遺体を駕篭に乗せ、大名行列よろしく、盛大にとり行うのが礼儀とされていた。これが縁となり、勇造は駕為にひきとられた。一方駕花は、折から行われた明治天皇御葬儀の参列を誇大宣伝し、大阪の葬式屋界を牛耳ろうとしていた。老舗を自負する一徹者の駕為は、この行為を快く思わなかった。勇造も次第に商売に慣れ、仕事熱心が認められ、為次郎も一人娘美津も心惹かれるのだった。時は第一次世界大戦たけなわで、世は不況の波に覆われ、駕為も例外ではなかった。勇造は自動車で運送屋を営む蜂谷の繁昌ぶりにヒントを得、奴道中の葬列の近代化を為次郎に説くが、一徹者の為次郎に叱責され勘当された。翌日葬式道具一式をもって、勇造のもとに来た美津と勇造は結婚した。そして、早速小型トラックを改装して“博益社”の宣伝幕をつけて、商売を始めたが、一般の慣習を破ることは困難であった。会社組織となった博益社の最初の仕事は、水屋市助の協力で、薬問屋の葬式が破天荒一千円でとり行われた。喪主が勇造の近代経営ぶりに迎合したのだ。商売をとられた駕花は、悪質な妨害に出たが、葬儀は、無事終り、世間にも評判がよかった。祝盃の最中、為次郎危篤の知らせで駆けつけけた勇造と美津に、為次郎は近代的葬儀で送って欲しいと遺言して息をひきとった。しかし、式当日勇造は、為次郎が後生大事に守りぬいた古式にのっとり、最後の毛槍を父為次郎のために振うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1965年9月上旬号

日本映画紹介:大阪ど根性物語 どえらい奴