男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マリリンに逢いたい

  • まりりんにあいたい
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.1点(41人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1988
公開年月日 1988/7/16
上映時間 112分
製作会社 三菱商事=第一企画=東北新社=松竹富士
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督すずきじゅんいち 
脚本野沢尚 
原作野沢尚 
製作奥山和由 
プロデューサー莟宣次 
大里俊博 
撮影鈴木達夫 
美術丸山裕司 
音楽梅垣達志 
主題歌荻野目洋子:(「Dear コバルトの彼方に」)
録音伊藤晴康 
照明水野研一 
編集井上治 
助監督門奈克雄 
スチール副田宏明 
製作協力バズカンパニー 

キャスト

出演安田成美 久保田皆美
加藤昌也 中里大輔
笑福亭鶴瓶 清掃職員
石野真子 モデル
石野陽子 杏子
相楽晴子 理恵
久我螢子 玉城佐和子
嶋大輔 尾形研司
鈴木清順 獣医
原吉実 大輔の同僚
入江若葉 玉城治子
春川ますみ 中里かつ江
河原崎長一郎 玉城元太郎
三浦友和 中里達郎

解説

恋人に逢うために3キロの海を泳いで渡った犬の話に、その飼い主の恋を絡めて描く。原作・脚本は「V・マドンナ大戦争」の野沢尚、監督は「檻の中の欲しがる女たち」のすずきじゅんいち、撮影監督は「アラカルト・カンパニー」の鈴木達男がそれぞれ担当。

あらすじ

中里大輔は故郷沖縄で民宿を開くため、東京で拾った小犬のシロと共に帰ってきた。シロは座間島の民宿「たましろ」の娘・佐和子の飼うマリリンという雌の小犬が気に入った様子。大輔もそこで東京から来ていたOLの久保田皆美に初めて会った。大輔は座間味島から3キロ離れた阿嘉島で民宿の建設を始めた。やがてやくざな兄・達郎も帰郷して手伝うことになった。シロは3キロの海を渡って頻繁にマリリンに会いに行く。大輔の民宿「ココ・クーラー」の最初の客は皆美だった。彼女は近々カメラマンをやめ、結婚することになっていた。達郎はシロをTVに売り込もうとして那覇に連れていくが失敗、そこでシロは野犬に襲われて怪我をするが、それでもマリリンに会いに行くことをやめようとしなかった。達郎の寝煙草でココ・クーラーが火事になった。大輔は皆美に愛を告白するが、彼女は結婚の準備に東京へ帰るという。そんなときマリリンが病気で死んだ。シロはマリリンに会うため、傷を負った足を引きずりながら海を渡っていった。このまま皆美と別れていいのか悩んでいた大輔は、後を追いかけ空港で2人は再会した。

関連するキネマ旬報の記事

1988年9月上旬号

日本映画紹介:マリリンに逢いたい

1988年8月下旬号 '88年上半期決算特別号

日本映画批評:マリリンに逢いたい

1988年7月下旬号

グラビア:マリリンに逢いたい

特集 マリリンに逢いたい:座談会 奥山和由×加藤昌也×黒井和男

特集 マリリンに逢いたい:撮影を終えて

1988年5月上旬号

撮影現場訪問:マリリンに逢いたい